テックアカデミー 「梅雨に負けるな!」キャンペーン開催中!

40代未経験からWebエンジニアとしてフリーランスになるための方法

40代からエンジニア コラム
この記事は約9分で読めます。

気がついたらもう40代プログラミングにすごく興味があるけど、もう年齢的に無理かなぁ

この記事を読んでいる40代のあなた。私たちが20代の頃、プログラミングスクールなんて存在していませんでしたよね。

当時、プログラマーと言われる人たちは大学で専門的に学んでいた人ももちろんいたでしょうが、文系理系問わず入社してからOJTとして叩き込み、現場の仕事を通して覚えていくというケースがほとんどでした。

今のようにインターネットも普及していなくて、スマホもガラケーもなく、ポケベルという数字を表示してメッセージを伝えるという、なんともアナログな感じのツールが最先端、ていう感じでしたよね。

今の20代の人たちは、そういう意味でとても恵まれた環境にいると思います。物心ついたときにはインターネットは日常に普通にあるものだったでしょうし、プログラミングを安く学ぶ条件も揃っています。羨ましいですよね…

でも、30代後半、40代にもなると、もう未経験からの転職はアウト。企業側は、知識が豊富な40代よりも、まだ知識が浅いけれどポテンシャルが無限大な若い20代の方が教えやすいし、給料も安くて済むので重宝するのです。

40代以降でWebエンジニアになりたい、というあなたにはチャンスがないのか?というと、絶対にそんなことはないと私は思っています。

この記事では、どうしてもWebエンジニアになりたい、Webサービスを作ってみたい!という40代以降の人に向けて、どうやったらなれるか、ということをご紹介します。

40代でもいいじゃない!やりたいことを諦める必要全くなし!

そもそも、20代じゃなきゃ価値がないなんてふざけ過ぎ。

あるプログラミングスクールでの取材でも、「40代の転職は無理です」と断言されました。

その背景には、40代の場合は高い給料を求められるという人件費の問題もあるし、未経験からの40代は教えるのにも注意するのにもやりづらい、ということがあるんだと思います。

今40代の人は、若いときにはプログラミングなんて学ぶ環境はなかったし、やりたくてもできなかっただけ。プログラミングスクールが出てきたのはここ5年くらいですし、勉強できるタイミングが40歳を超えていたんだから仕方ないですよね。

でも就職できないなら諦めた方がいいかというと、私は絶対にそんなことない、と思っています。

まず、ちょっと精神論的な話になりますが、自分の人生を見ず知らずの他人から「40代では仕事がないよ。辞めた方がいいよ」と言われて「はい、そうですか」と諦める程度のものなら、最初から辞めた方がいいです。20代のように若くないのですから、「自分に合わなかったら別のことをすればいい」という再スタートを切る時間的猶予が現実的にありません。

勉強に充てた時間やお金は無駄になるし、その時間を家族や恋人と過ごしたり遊んだりした方が、よっぽど充実すると思います。

やりたい、と思ったら本気でやる。シンプルですがこれが真実だと思います。自分の人生は自分軸で考えるべきであり、他人や世間の意見を入れると軸がブレてしまいます。死ぬときに「やりたいことやっておけば良かった」と後悔しても、「やめといた方がいいよ」と助言したあの人は、責任なんか取っちゃくれませんし、言ったことさえ忘れているでしょう。

40代なら、まだ現役バリバリであと20年は仕事ができます。60代でPythonを学びはじめ、82歳でオリジナルアプリ開発をして話題になった日本人女性だっているんです。

老後の年金をアテにする前に、稼げる体質を作っておく

今後、年金がどれだけもらえるかわからないし、定年後に収入を得られる状態にしておくということは、経済的な安心感ももたらします。

お金の面もそうですが、自分のアイデアをWebサービスやアプリというメディアに変えて、人々に喜ばれるとか、為になることって、ワクワクしませんか?会社員なら、どんなにアイデアがあったとしても、自由に形にすることって難しいと思います。

自分にプログラミングスキルがあれば、自分一人で世の中にサービスを提供できるんです。こんなに魅力的な仕事はそうありません。

アラフォーのWebエンジニアへの成功の鍵は「副業」か「フリーランス」

残念ながら、40代で未経験からのエンジニア転職というのはかなり厳しいと思っていた方がいいです。このサイトを作るにあたり、クリエイティブ系、エンジニア系の転職エージェントを色々調べて取材もしたりしていますが、どこのエージェントも30代までというのが多く、50代までとしているところは経験者であることが条件です。

なので、40代の人は転職なんて考えないで、最初からフリーランスを目標に勉強するといいです。もしくは今正社員として安定した仕事についているなら、その安定をキープしつつ副業で経験を積みましょう

40代以降になると、フリーランスになって失敗したらどうしよう…という不安は20代より大きいはず。失敗しても転職すればOK、というわけには行きませんから慎重にならざるをえません。

でも、今正社員としての安定があるなら、その安定をキープしつつ、副業で経験を積み「イケル!」と思った時点でフリーランスにシフトするか、定年まで正社員として働いて、老後の収入としてプログラミングを続ける、ということでもいいのかな、と思います。

独学でもいいけれど、できればスクールに通って「時間」を買おう

プログラミングの勉強は独学でも可能です。ドットインストールProgateUdemy がおすすめです。

ですが、html,css,JavaScriptあたりまでなら独学で十分ですが、RubyやPythonとかになると厳しいんじゃないかな、と思います。

プログラミングを覚えることが目的ではなく、あくまでも作りたいサービスが作れること、クライアントが要望するサービスを仕様書通りに作れることなど、形にすることが必要だからです。

ひと通り作れても、MacやWindows、タブレットなど色んなツールやOSで正常に起動するか検証したり、バグが見つかったらそれを見つけて直す、という作業が必要になります。

バグの解消方法がわからなければググって自分で調べる必要がありますが、検索しても該当の説明が見つけられないとか、そもそも検索結果で表示されたプログラムの質が低いとかいう問題もあります。でも、独学の場合、良し悪しの判断も難しいでしょうし、答えを見つけるまでに何日も調べて時間を費やす、ということになります。

お金を一切かけたくない、ゆっくりマイペースで覚えて、自分のWebサービスが作れればいい、という人なら独学でもいいですが、仕事をしながら自由に生きたいとか、海外でノマドワークしたいなど理想の生活スタイルがある場合、スキル習得にはスクールに通い短期間で集中して学んだ方が、人生がハッピーになると思います。

そのためには多少の自己投資も必要経費、と考えるといいと思います。

会社でスキルを身に付けるのではなく、最初からフリーランスという選択肢しかないのですから、中途半端に学ぶのではなく、プログラミングはもちろん、要件定義や基本設計、詳細設計なども学べるスクールがいいと思います。

一番のオススメは、500時間~600時間じっくり学べるTECH::EXPERT ですが、フリーランスコースもあります。どんな案件も自信を持って対応できるようになるには、やはりきちんと最初に学習して身に付けることが、後々マネタイズもしっかりできて「良い投資」になるはず。

自分が作りたいWebサービスやアプリを作って実績にする

独学でもスクールでも、プログラミングスキルを身につけたら自分の作りたいWebサービスやアプリを作って形にしましょう。採用者や仕事の依頼人は、その制作物を見てスキルを判断します。

フリーランス案件にも「3年の経験」とか書かれているのをよく見かけるんだけど・・・

最初は経験をつむために、クラウドソーシングを利用します。少額案件は未経験者でも比較的獲得しやすく、徐々にスキルを上げた案件を獲得していき、着実に実績を作っていきましょう。

詳しい方法は別記事にまとめています。併せてご参考にしてくださいね。

40代からのWebエンジニアに適した言語はPHPかRuby。

html, css, JavaScriptはできることが大前提です。その知識があった上で、PHPRuby, RubyのフレームワークであるRuby on Railsを学びのをおすすめします。

PHPがなぜおすすめかというと、圧倒的に依頼案件が多いためです。クラウドワークスのサイトで「PHP」で案件を検索するとわかると思いますが、だいたいRubyの2.5倍はある感じです。それだけ需要が多い言語です。

RubyはPHPに比べれば案件数は減りますが、高単価案件が多いのが特徴です。日本人が開発した言語で、比較的わかりやすいと言われています。Ruby on Railsを使うと、爆速的に作業が進むので、スタートアップ企業で導入されることの多い言語です。

少子高齢化で人材不足が深刻。エンジニアの確保はさらに厳しい

2025年問題、というのを聞いたことがあるでしょうか。団塊の世代が後期高齢者になり、日本の経済や社会に大きなダメージがあると考えられています。

IT業界でも2025年問題は懸念されていて、経済産業省も本格的にエンジニア教育に力を入れだしています。小学生の授業にプログラミングを導入するというニュースはあなたも聞いたことがあるのではないでしょうか。

小学生のうちからプログラミングに慣れさせ、将来のエンジニア確保に努めるのが国の急務なのです。少子高齢化で子供の数は減っていて、さらにエンジニアを確保するのはかなり厳しいのが今の現状で、今エンジニアとしてスキルを持っている人はまさに「ブルーオーシャン」、稼ぎまくれる、という美味しいタイミングなんです。

現在、エンジニアの平均年収は600万円といわれていますが、経済産業省は2025年には2倍に報酬を増やす計画にあるようです。そういう意味でも、これからプログラミングを学ぶのはメリットがあります。

40代エンジニアにもチャンスは必ずある!

子どもの数が減っているのにニートが71万人もいるのがこの国です。

今、小学生にプログラミング教育を施したところで、全員がエンジニアを志望するわけではありません。圧倒的なエンジニア不足は、今後もずっと続いていきます。

介護福祉士のように、外国人エンジニアを招聘する必要が出てくるかもしれませんが、スキルを持ってさえいれば、40代でもフリーランスなら問題なく仕事はゲットできるはず!と思いませんか?

会社員として採用するなら若い方がいいけれど、フリーランスに求めるのは仕様書通りに成果物を納品してくれることだけ。スキルがあればOKなんです。

まとめ

Webエンジニアになりたい!転職には年齢制限がつきものですが、フリーランスならいくつになっても仕事は可能。40代なんてまだまだバリバリ仕事、できますよね。

40代からWebエンジニアを目指すなら、最初からフリーランスか副業を目標に設定し、クラウドワークスで安い報酬の小さな案件から少しずつ仕事をこなし、実績にしていけばいいです。

自分のWebサービスやアプリも公開し、客観的なスキルレベルが提示できれば、仕事は取れるでしょう。

また、実績を積めばフリーランス向けエージェントに登録でき、安定的に仕事を回してもらったり、フリーランス同士の交流会に参加して他のエンジニアが抱えきれない仕事を回してもらったり、情報収集もできるようになります。

年齢で諦めなくちゃいけないことなんて、全然ありません。