目次
比較
特集
【2020年2月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

X360 Spectre 購入時のオプション選択【Webデザイナー向け】

この記事は約9分で読めます。

Webデザイナーはもちろん、これからブログを始めたい、ガンガンウェブで稼いでいきたい、と思っている人に、おすすめのPCを紹介します。

私自身が、2ヶ月毎日調べ尽くしてコスパもデザインも使い勝手も最高のPCです。AppleのMacBookProももちろん検討しましたが、結局hp(ヒューレット・パッカード)のSpectre x-360にしました。

スタバでMacじゃないとドヤ顔できない、とか悩んでいたら、x-360もかなりイケているしMacbookProよりもはるかにスペックもいい上に、値段も安いです。

hpは、大型電器店にいっても、ハイスペックのものは店頭には置いていません。詳しいスタッフもいなかったりなので、実際にウェブデザイナーをやっている私がどの機種、どのオプションをつけたかを紹介します。

この記事の対象者:Webデザイナーが使えるハイエンドノートPCを知りたい。X360 Spectreの購入時のオプション設定を知りたい人

X-360に関しては過去にレポを記事にしているので、そちらも合わせてご参考にしてください。

当サイトで人気のプログラミングスクール

  • DMM WebCamp  (3ヵ月でRubyエンジニアに)
  • Code Village  (フロントエンドエンジニアになれるスクール)
  • TechAcademy  (オンラインで好きな時間に学べる)
  • GEEK JOB  (無料でRuby, PHP, Javaを学べる)

ステップ① まずはhp(ヒューレットパッカード)の公式サイトへ

ここからhpの公式サイト内のX360ページに飛べます↓

上のリンクを開くと、こんな画面が開きます。

ステップ② プロフェッショナルモデルを選択

画面中央あたりに、Spector X360の機種が表示されます。Webデザイナーや、アドビ系ソフトを使う人なら、迷わず「プロフェッショナルモデル」を購入しましょう。スタンダードモデルだと後々後悔します。

パフォーマンスモデルは必要ないです。これはゲームやる人用。バッテリ駆動時間もパフォーマンスモデルは短くなるのでWebデザイナーには必要なし。

時期に応じてキャンペーンをやっているので、画面内にお得なキャンペーンバナーがあれば、そこから入ってかまいません。その際「プロフェッショナルモデル」以外は選ばないようにしてください。

ステップ③ カスタマイズ

次に、めっちゃ疲れるのがこのカスタマイズ。

私が購入したときのカスタマイズをお伝えします。

ベースユニット

とくに設定必要なし。

機種名が記載されています。

OS

とくに設定必要なし。

プロフェッショナルモデルはWindowsProが標準です。Web制作やブログ制作ならHomeでもいいんですが、Proの方がおすすめなのはアップグレードを手動にできること。

Windows10は、勝手に自動アップデートが行われてWindows7を使っていた人から大きなクレームになりました。データが消失したり、アプリが誤動作したりと、色んな不具合が起きて心配です。

Webデザイナーの場合、クライアントのサイトとかFTP設定とかが消えると超絶面倒くさいので、念のため手動でアップグレードできるProがおすすめ。

リカバリメディア

不要です。16GBの安いUSBを用意しましょう。自分で作れます。

カラー

とくに設定必要なし。

アッシュブラック(プライバシーモード対応)を選択しましょう。プラス10,000円が上乗せになりますが、これはあったほうがいいです。

カフェや飛行機など、公の場所で仕事をするときに興味本位で覗いてくる人とかいますから。クライアントの情報垂れ流しにしちゃうのは問題です。

オフィスソフト

Microsoft Office Home&Business Premiumをわたしは選びました。理由はPersonalはWord、Excel、Outlookの3つに対して、Premiumだとプラス、PowerPointとOneNoteがついてきます。

PowerPointは、けっこうクライアントから送られてくることが多いので、Premiumにしました。サイトの仕様設計とか見といてね、って送られてきたパワポのデータを「開けません」なんて話になりません。

それから、自分から営業するときにもパワポで作ったらいいだろうな、と思ったのでPremiumに。

Personalとの差額は7,000円ですが、たぶん元取れますし、一度買ったらずっと使えるので保険のためにもPremiumを選びましょう。

プロセッサー

とくに設定必要なし。

インテル Core i7-8550U プロセッサー (1.80-4.00/8)と記載されています。十分なスペック。

ディスプレイ

とくに設定必要なし。

13.3インチワイドのディスプレイ。13インチはカフェで仕事するにもちょうどいい大きさです。15インチになると作業は楽になりますが、持ち運びにはちょっと重いし大きい。

家でしか仕事しない、ノートPCだけで完結したい、基本持ち出さない、という人は、最新の15インチ版を購入してもいいかもしれません。

液晶保護フィルム

Amazonでは1830円で販売されています。わたしはAmazonで購入。とくに問題ありません。

クリーニングクロス

不要。カメラを持っているのですでにクリーニングクロスは持っていたのと、100均で十分なので。

アクティブペン

とくに設定必要なし。

すでに1本同梱されています。

アクティブペン(オプション)

紛らわしいですが、こちらは「もう一本いるか?」と聞かれています。1本で十分なので「なし」を選択。

メモリ

とくに設定必要なし。

16GBオンボードが標準。いいですね。サクサクですよ。

ストレージ

とくに設定必要なし。

なんと1TBのSSDが標準です。

ストレージは小さくても外付けできるからいい、という人がいますが、実際に外付けSSDなんて嵩張るから持ち歩きたくないです。出先で仕事するときに、シンプルにノートPCだけ、ってほうが楽ですから。

無線LAN/Bluetooth

とくに設定必要なし。

IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth

無線LANは今やどのPCでも標準。Bluetoothはないと困る。

カフェノマドするときにワイヤレスヘッドフォンとマウスは作業効率を上げるために私には絶対必要なんですが、Bluetoothに対応していないと使えないので。

キーボード

とくに設定必要なし。

バックライトキーボード (日本語配列)が標準仕様。

夜や暗い場所で仕事をするときに、キーボードが光るのでタイピングしやすくなります。

スピーカー

とくに設定必要なし。

Audio by Bang & Olufsen クアッドスピーカーが内蔵されています。

Bang & Olufsenはデンマークのオーディオブランドです。音質はかなり良いので家で音楽流しながら作業するときに気分いいです。

Webカメラ

とくに設定必要なし。

HP Wide Vision フルHD Webcam/ IRカメラが標準でついています。

ACアダプター

とくに設定必要なし。

標準で1個ついてきます。当然ですが。

HPパソコンナビ

とくに設定必要なし。

速効!HPパソコンナビ特別版が同梱されています。これだけで全部わかります。

セキュリティソフト

ここが一番悩みどころでしたが、マカフィーリブセーフ(1年版)が標準でついてくるのでアップグレード版は選択しませんでした。

購入後、半年くらいでへんなウィルスが入ったので一度駆除。セキュリティソフトは絶対必要だな、と実感しました。

1年後、あらためて購入するか別のセキュリティソフトを入れるか検討中です。

オフィス互換ソフト

Office Home&Businessを選んだので不要。しかも仕様が一部制限されているので使えない。Office Home&Businessの方が高いですが、圧倒的に使い勝手はいいので、これはナシ。

パソコン移行ソフト

不要。

そもそも、必要じゃない色んなソフトをインストールしないこと。自分で移行なんてやりましょう。

データ抹消ソフト

パソコンを廃棄する際、データを抹消して処分してくれる業者に頼めばいいので必要なし。

フォトムービーソフト

Adobe Creative CloudはWebデザイナーなら持っているはずなので不要。本格的なムービーソフトがありますから。

ハンドレスト一体型マウスパッド

不要。

っていうか、そもそもマウスパッド使ってないし、必要なら好きなデザインで買った方がいい。

純正マウス

HP Z3700 ワイヤレスマウス (スウィート ハート) +¥2700を選択しました。

スウィートハートという、女子力高めなマウスです。

Amazonや楽天にも売っていないし、2,700円だったらマウスとしては安いから買いました。

使い勝手はかなりいいです。しかも薄くてかばんに入れやすい。カフェノマドにぴったりのマウスです。

ELECOMマウス

不要

ポータブルドライブ

不要。

必要ならあとからAmazonで安いのを買いましょう。

USB Type-C トラベルドック

不要。Amazonで安いのたくさん出てます。

USB Type-C ハブ

不要。

USB Type-C 変換ケーブル

不要。

ワイヤレススピーカー

標準の内蔵スピーカーで十分。必要なら後で買えばOK。

ワイヤレスヘッドフォン

不要。Amazonで安く買えます。私のは有名ブランド品じゃないですけど、安いしけっこう高級感もあり音質もいいのでおすすめ。

404 NOT FOUND | へなそうるの節約・貯金日記
海外で暮らすように旅する夢実現のため、PCひとつで仕事ができる基礎作りと毎月30万円以上自分で稼げるようになるまでの軌跡を綴ります。人生を楽しむための節約・貯金を実践するブログです。

クラッチバッグ

不要。っていうか欲しい人は買ってください。

標準でケースはついてきます。

ateliers PENELOPE 帆布PCケース

わたしが買ったときは販売されていませんでした。今だったら買ってるかも…

欲しい人は買いましょう。

ワイヤレスディスプレイアダプター

不要。AppleTVの方が何かと便利なので。

TVチューナー

不要。テレビがない人が使うんですかね。

モニター

不要。デュアルモニター化したい人は欲しいものだけど、必要になったらでいいです。もっと安いのがあると思いますし。

使い方サポート

1年間標準で電話サポートがついています。Webデザイナーならたぶん、PCに詳しいのであまり必要ないかも。

とはいえ、OneDriveにどこから入っていけばいいかわからなくて何度か電話しました。が、「OneDriveはサポート外なのでご説明できません」という返事。

いくつかたらい回しにされて、ようやくMicrosoftのどこかの窓口につながり、ようやく設定できました。

PC標準保証

私は標準の1年間引き取り標準サービスのみ。どうせ修理になったら実費を取られるだろうし、と思いまして。

電子版登録案内レター

「電子版登録案内レター」にチェック。無料ですし。

モニター保証

必要なし

[人気のおすすめアイテム] パソコンなんでも電話相談

必要なし。

っていうか、Appleケアもそうですが、Webデザイナーが知りたい内容って、けっこうレベルが高いものが多く、電話しても「担当者に変わります」ってたらい回しにされた挙げ句、「お答えできる者がおりません」的な回答がけっこうあるので。

Google先生に聞いた方が確実です。

まとめ

以上、私が購入したときのオプション設定です。

かなり満足して使っています。

PCのスペックをケチると、作業中に待機時間が長くなったりソフトがいくつか同時に起動できなかったりで、超絶イライラします。

この設定だと、ほぼ快適にサックサク仕事ができます。

ご参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました