【2019年9月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

【ビズリーチ】口コミ・評判は?年収750万円アップのハイクラスを目指そう

ビズリーチ STAGE 3(上級~独立)
この記事は約9分で読めます。
タカシ
タカシ

ビズリーチって聞いたことあるけど、どんなエージェントなんだろう?

「ビズリーチ」は皆さん一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。ビズリーチは年収750万円以上のハイクラス求人を扱う転職エージェントです。

この記事では、高年収・ハイクラス求人を扱うビズリーチについて詳しく説明します。

BIZREACH(ビズリーチ)の基本情報

エンジニア 高収入・ハイクラス
ビズリーチ
対応地域 全国

  • 一流企業の求人情報が豊富
  • ヘッドハンターからスカウトメールが届く
  • 年収750万円以上のハイクラスユーザーのみが対象
  • エンジニア系の求人は豊富だが、クリエイター系求人はほぼなし
運営会社株式会社ビズリーチ
対応地域日本全国・海外
求人掲載数114,000件
採用企業数11,000社
登録ヘッドハンター数3,400人
登録条件年収750万円以上のハイクラス求職者
雇用形態正社員
求人職種IT系エンジニア、経営幹部・管理職クラス
登録費用無料

マイナビクリエイターの大きな特長として「ヘッドハンティングの声がかかる」という点です。

エンジニア・クリエイターとしてキャリアを積み、「高年収を狙いたい」という段階になったらぜひ利用したい転職エージェントです。

ビズリーチの特長・ポイント

エンジニア系の職種はどんな求人がある?

トンビ
トンビ

ビズリーチにはどんな職種があるのかな。Rubyエンジニアとして仕事を探したいんだけど…

傾向として、AI系のデータサイエンティストの仕事が多そうです。ざっと検索したところ、データサイエンティストで年収900万円~1700万円、というのがゴロゴロしていました。

  • SE(WEB・オープン系)
  • SE(汎用系)
  • SE(制御・組み込み系)
  • フロントエンドエンジニア
  • インフラエンジニア
  • スマートフォンアプリエンジニア
  • パッケージ開発
  • 情報システム・社内SE
  • 運用・保守・監視・テクニカルサポート
  • サーバーエンジニア(構築・運用)
  • ネットワークエンジニア
  • データベースエンジニア
  • プリセールス・エンジニア
  • 製品エンジニア(ハード・ソフト)
  • データサイエンティスト
トンビ
トンビ

データサイエンティストってすごいんですね! どうやったらなれるんですか?

データサイエンティストになれるスクールがあります。

オンラインスクールだったらAidemy(アイデミー)、通学型スクールだったらDataMix(データミックス)DIVE INTO CODE機械学習エンジニアコースがおすすめです。

これらのスクールは、かなり充実したカリキュラム内容で、高収入に見合うスキルが着実に身につきます。

今現在、社内で

  • マーケティング
  • 経営戦略・企画
  • データアナリスト
  • コンサルティング

などの業務に携わっている人に特に人気が高く、キャリア・年収アップのためにこれらのスクールに通う人が多いようです。

会社に通いながらスクールで専門スキルを身につけて、データサイエンティストに転職するといいですね。

データサイエンティストになれるスクール

データサイエンティストなら、転職時に使いたいエージェントはBIGDATA NAVI。なんと、ビッグデータナビは機械学習、ディープラーニングなどができるデータサイエンティストに特化したエージェントで、より豊富な募集案件から探すことができますよ♪

データサイエンティストならBIG DATA NAVIを使おう

BIGDATA NAVI(データサイエンティスト特化型転職エージェント

WEBデザイナー・クリエイター系の募集はほとんどなし

トンビ
トンビ

WEBエンジニア、RubyとかPHPの募集とか、WEBデザイナー職の募集とかはないんですか?

ビズリーチで扱う募集案件は、経営幹部やIT専門職のハイクラス・高収入なもの。WEBデザイナーやクリエイター系の職種は探すことができませんでした。

あと、WEB系のRubyやPHPエンジニアなども見当たりませんでした。どちらかというと、やはり経営幹部でマーケティングやコンサル系に強いエージェントのようです。

とはいえ、クリエイター系が高年収を狙えないということはなくて、ただビズリーチにクリエイター向け案件がないだけ。

デザイナー・クリエイターでキャリア・年収アップをめざすなら、ビズリーチではなく業界最大手のリクルートエージェントやクリエイター特化のマイナビクリエイターGeekly(ギークリー)に登録するといいと思います。

 

ビズリーチにもスカウト制度があるし、高収入案件も豊富だからオススメ♬

ヘッドハンティングは売り手市場で強気に出れる

面接

ビズリーチの最大の特長は「ヘッドハンターによるスカウトがかかる」という点です。

ヘッドハンター数は3,400人いるということなので、かなりスカウトに力を入れていることがわかります。

会員登録してヘッドハンティングを希望する人は、公式サイトの「ヘッドハンター検索」から条件を入力して送信します。

そうすると、ヘッドハンターから「あなたのスキルや詳細を聞きたい」という連絡がくるので、それから優良企業にアプローチしていく、というフローのようです。

スカウトというのは、基本的にあなたのスキルや経歴に魅力を感じた企業側からオファーが届くというものなので、企業が積極的になってあなたを欲しい、会って話をしてみたい、というもの。

売り手市場ではなく買い手市場、つまりあなた側に有利に転職活動を進めることができます。

海外勤務・外資系企業の募集も多い

ビズリーチには、海外勤務の仕事、外資系企業も多く登録されています。

海外で数年でも働くことは、グローバルに働きたいエンジニアにとっては良い経験にもなるし、将来独立して海外で仕事してみたい、という人はトライしてみてもいいかもしれませんね。

ビズリーチの特長まとめ
  • 転職で高年収を狙える
  • スカウトが届く
  • データサイエンティストは募集案件が多い
  • 非公開求人が多い
  • クリエイター、WEBエンジニア系職種はないor少ない
  • 海外勤務が可能

高収入案件は豊富だけど、クリエイターやエンジニアにはそれほど強くないみたい。ただし、データサイエンティストの職種なら結構ある感じ。

エンジニア・クリエイターは特化型エージェントとの併用が鍵

ビズリーチは高収入案件が豊富ではありますが、それだけ高いスキルを求められますし、案件自体かなりたくさんあるというわけではありません。

なので、年収アップにビズリーチだけに頼るのではなく、IT・WEB特化型の転職エージェントにも登録し、並行して職探しをした方が満足のいく結果に繋がります。

IT・WEB特化型の転職エージェントの場合、もう少しスキル・年収レベルを下げて幅広く探すことができますし、特化型のため、キャリアアドバイザーもその分野に明るく、企業側と転職者であるあなたとのミスマッチが起こりずらいのがメリット。

だいたい3社を目安に登録するといいですよ♪

BIZREACH(ビズリーチ)の口コミ・評判

トンビ
トンビ

ビズリーチの実際の評判てどうなんだろう?

では実際にビズリーチを利用した人にリサーチしたので、利用者の口コミや評判をご紹介しますね!

悪い口コミ

  • ヘッドハンティングを利用したいなら有料課金される
  • 海外案件は少ない
  • ヘッドハンターの質が悪い

 

Y.S.

ビズリーチに登録しましたが、ヘッドハンティングを利用したいなら有料会員にならないとダメ、ということで渋々登録しました。

リクルートエージェントにも登録していたので分かったことですが、非公開案件の企業が被っていて… 正直これなら、お金はらってビズリーチに登録しないでリクルートエージェントだけで良かったな、という感じです。

 

Y.S.

本場アメリカで仕事をしてみたくて、エンジニア職ならシアトルとかシリコンバレーの企業がたくさんあるかな? と期待していたのですが…ほとんどありませんでした。

Y.S.

担当のヘッドハンターが、私のスキルや経験をきちんと把握していない、という言動が多くて不信感を持ちました。「これはないだろ」という全くマッチングしていない求人情報が送られたり、メールのやりとりもスムーズじゃないし、有料会員になる必然性を感じませんでした。

良い口コミ

  • 本当に高年収の案件が多い
  • 条件に合う仕事が探しやすかった
  • 経営者自らスカウトが届いて、自信を持って転職活動ができた
  • ヘッドハンターを選べるのが良かった
Y.S.

年収800万円クラスの仕事を希望していたんですが、ヘッドハンターから「1000万円クラスの会社からオファーが来ている」と打診され、実際に話を聞いてみたら自分のスキルでもいけそう、と感じました。他にも、紹介してもらえた企業は1000万円前後のものが多く、「本当に高年収の募集が多いんだな」と実感しました。

Y.S.

年収600万円だったのですが、750万の仕事で内定を取れました。

Y.S.

ヘッドハンターがすごく良かった。エンジニアの仕事に詳しい人だったのでさらに良かったです。自分のスキルの棚卸を一緒にしてくれて、どういう戦略で年収アップの企業を狙うか、アドバイスを貰えたしヘッドハンターとしての能力を感じました。

Y.S.

自分からヘッドハンターにコンタクト取れるのが良い。どの分野に強いか把握できるし、ヘッドハンターとのミスマッチが避けられるのがいいと思った。

高年収の案件が多い、というのは他の人からもたくさん聞くことができました。ヘッドハンターに関しては当たりはずれがあるようですが、自分からコンタクトを取れるのでリスクはある程度避けられそうです。

ビズベクター、リクルートエージェント比較

業界最大手であるリクルートエージェントと比較してみました。

BIZREACHRECRUIT
求人掲載数114,000件200,000件
対応地域全国・海外全国
エンジニア職募集
クリエイティブ職募集×
想定年収750万円以上300万円~2500万円
オススメ層50代20代~50代
サポート
採用企業数11,000社不明
非公開求人数62,000件173,824件
スカウト制度あり(有料)あり(無料)
登録会員数約44万人約32万人

人気が高いのはビズリーチ、幅広く探したいのはリクルートエージェント、という感じですね。

高収入を狙いたい人は、二つとも登録して非公開求人から希望の仕事があるかどうか見てみるといいと思います。

ビズリーチ登録時の注意点

スキルレベルが満たない人は断られる

収入アップをしたいからといっても、現在300万円~500万円台のエンジニアの場合、登録しても「ご紹介できる企業がございません」となる可能性が高いです。

実際、求められるスキルレベルも高いので自信がなければ登録できないかも。

エンジニア職でもコミュニケーション能力を問われる

ビズリーチで扱う企業は一流企業が中心なので、エンジニア職も上流案件ばかりです。

なので、下請けに流したり説明したりといったコミュニケーション能力は当然問われますし、管理職レベルなのでマーケティングやリーダーシップも求められます。

一匹狼で黙々と仕事をしたいタイプのエンジニアには向かないかもしれません。

ビズリーチの所在地は?

ビズリーチの事業拠点は、東京・渋谷に6カ所、大阪、名古屋、福岡、シンガポールの合計10カ所にあります。

対応地域は全国。実際にオフィスに赴かなくても公式サイトで仕事を検索し、スカウトもメールで届くので、IターンやUターン希望者や事業拠点がお住まいの県になくても利用可能です。

各所在地はビズリーチの「会社概要」のページに地図が載っていますので参考にしてください。

まとめ

年収アップをめざしたいエンジニアにおすすめの無料でビズリーチに登録するをご紹介しました。無料でビズリーチに登録するの特長は以下の通り。

  • 転職で高年収を狙える
  • スカウトが届く
  • データサイエンティストは募集案件が多い
  • 非公開求人が多い
  • クリエイター、WEBエンジニア系職種はないor少ない
  • 海外勤務が可能

ご参考にしてくださいね♪

株式会社ビズリーチ
株式会社ビズリーチ(BizReach)の企業公式ホームページです。会社概要や沿革、採用情報、サービス情報を掲載しています。
タイトルとURLをコピーしました