【2019年9月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

転職は不安がいっぱい!Web系ブラック企業の見分け方と転職成功方法

コラム
この記事は約6分で読めます。
トンビ
トンビ

Webの職場はブラックが多いって聞くけど…。

これはWeb業界で働く人たちの間で密かに語られていることです。実際、私もWeb業界はブラック企業が多いだろう、と容易に想像することができます。

でも、そうじゃない会社もたくさんありますよ。

この記事では「Webクリエイターになりたいけど、社畜になりたくないなぁ」「入社してみたらブラックだった、というのは避けたいなぁ」と不安を抱えるあなたに、ブラック企業の見分け方と回避策をお伝えします。

ブラックなWeb制作会社が多い理由

ブラックなWeb制作会社が多いのには、理由があります。

それはズバリ2つ。ひとつはWebは「儲かる仕事」だからということと、二つ目は「実績のないWebデザイナーが起業してしまうから」です。

Webは「儲かる仕事」だから悪徳業者がはびこる

今や小さな会社でも自社Webサイトはほとんど持っていますよね。会社やお店の信頼性を保つためにも、どこかのポータルサイトに登録しておくだけでなく、きちんとオリジナルのWebサイトを持つことは会社の顔であり、看板です。

なので、需要はたくさんあるのがこの業界。確実にお金が動いています。

「お金儲けができる」と思った人が、Webデザインの知識も理論もそっちのけで、小手先の技術でWebサイトを作成し、もっともらしく説明して制作費を取る、という会社が多いんです。

顧客の目的やニーズなんて二の次でとにかく利益を上げることだけを目的にしている会社は、「デザインとかUIとかどうでもいいから、とにかく早くたくさん作って」となりがちです。利益率を上げることが第一目的なのだから、Webデザイナーは、その目的を果たすための道具としか思っていません。

こういう会社に就職したら、おそらくあなたはWebデザイナーではなく「テレホンアポインター」のような仕事を朝から晩まですることになります。

片っ端からブラック企業が作り上げた会社リストに電話をかけ、「今なら特別に無料で制作します」などと言い、そのカラクリの背景には月々の管理費でがっぽり儲ける(実態は何もしていない)ことなので、あなたは毎日人を騙しているような後ろめたさを感じつつ、少しずつ疲弊していくでしょう。

金儲け主義の会社を避けるのは、転職エージェントに登録してその道に詳しいプロから情報を得ることで回避できます。

経験が少ないWebデザイナーが起業してしまう

Webデザイナーは資格も学歴も必要ないので、誰でも勉強して作れるようになれば、独立することが可能です。

ただその反面、十分なスキルも知識もないのに起業してしまう人も多いのです。

Web制作会社に必要なのはPCとデスクと椅子、電話、FAXがあれば起業できてしまうので、資本金が少なくて済むのも魅力です。でも、たとえばマンションの一室を借りて、少ない顧客ルートしか持たない経営者は営業やWebデザイナーを雇っても、当然まともな給料を払うほど稼げていません。

起業するからには、リスク回避のために売り上げを貯めようとするでしょうし、社員に還元しないのです。そのため、雇われたWebデザイナーは安い賃金でデザインだけでなく営業も事務もすべて任されて、納期に間に合わずに遅くまで仕事をする、という負のスパイラルに陥ります。

経験もスキルも少ない経営者だと、指導も教育もできません。優秀なWebデザイナーはすぐに見限って辞めてしまうだろうし、未経験者でWebデザイナーとして雇われても、仕事をしながらスキルアップなど、到底できない環境になります。

こういう職場を避けるためには、ある程度会社の規模を知ることが重要です。

ただし、数人のスタッフしかいない小さな会社でも、実績に大手の企業や優れたWebデザインを作っているものがあれば、Webデザインだけでなくプログラミングや見積作成など、デザイナーにとどまらない仕事をさせてもらえて、かつ優秀なデザイナーから指導してもらえる可能性もあります。仕事の負荷は高いかもしれませんが、勉強と割り切って働いてみてもいいかもしれません。

数人でやっている会社は、社員一人あたりに任される業務が多くなり、社畜になる可能性が高いので、避けるようにしましょう。ただし、制作実績に「すごい」と思えるものが多数あれば、スキルアップできる環境かもしれません。

給料18万円以下の会社は避けよう

上に説明した、「金儲け第一主義会社」と「経験の浅い残念な経営者の会社」を避ける簡単な指標は給料でわかります

金儲け第一主義の会社は、あなたが他の人が遊んでいるときに勉強し、コーディングを必死で覚えた時間など一切考慮しません。売り上げを上げるためにどんな手段でも厭わない、という社風があるはずです。

そんな会社が、Webデザイナーのあなたを尊重するはずありません。できるだけ安く使いたい、と思っているはずです。それは給料に現れます。

経験の浅い残念な経営者は、悪意を持って人を採用するわけではなく、ただ単純に資金力がない、実績もパッとしないから注文も入らない、売り上げが伸びないから社員の給料も最低賃金ギリギリ、という負のスパイラルにはまって、給料を低くせざるを得ないという残念な結果になります。

未経験者は必要以上に卑屈にならないように!

未経験者の場合、未経験という後ろめたさと自信のなさから、「雇ってもらえるなら勉強だと思って、低賃金でもいいや」と思いがちです。

でも、税金や保険を引かれて手取り14万円ほどで働くのはモチベーションが上がらないし、生活がキツイですよ。

一人暮らしなら家賃と生活費でほとんどなくなり、特別なスキルも問われない事務職の友人の方がリッチな生活をしていることに、だんだん疑問を抱くことになります。

未経験でどうしても仕事がみつからない場合は、正社員にこだわらず契約社員を狙いましょう

ブラックなWeb制作会社を避けるための安全な方法

Web制作会社に就職・転職するときは、ブラック企業を避ける方法はただひとつ。クリエイティブ関連の転職エージェントを利用することです。

転職エージェントにはブラックな会社を辞めたくて登録しているWebデザイナーがたくさん登録しているので、どの会社がブラックかホワイトか、私たちが知り得ない情報を持っています。

転職エージェントには無料で登録できるのでできるだけ条件の良い会社を見つけてもらうようにしましょう。

あなたが抱える不安を正直に伝え、未経験でも雇ってくれる優良企業を紹介してもらえるし、足りないスキルがあれば的確に指摘してくれ、面接時に提出するポートフォリオのチェックや面接時の注意点等も、転職のプロの視点から指導してくれます。

未経験だけど、ブラック企業に当たりたくない…という人はこちら

未経験だからといって「安い給料の方が期待を裏切らない気がして安心」などと考えないでください。最初に入った会社があなたのデフォルトになります。次に転職するときも「前の会社よりちょっと給料がいいから」などと、低い年収でも満足してしまうWebデザイナーになってしまいます。

安い給料の制作会社は、この記事でも書いているようにブラックである可能性が高いので避けるべき。

ブラック企業を避けるには、ハローワークなどのクリエイティブには無縁のスタッフからの転職紹介や、自分で転職情報誌などから選ぶのだけはやめるべきです。

GEEKLY

GEEKLY

Geekly(ギークリー)は、クリエイティブ専門、しかも未経験者OKの案件を多数扱う転職エージェントです。

Web系に限らず、ITやソーシャルゲーム業界を専門にしているのが特徴です。

大手を中心に非公開求人数は2,000以上あり、かつ20代~50代までの転職希望者をフォローしています。

20代の方なら、GEEKLYグループの「GEEKLY JOB」という無料でプログラミング学びエンジニアに最短1ヶ月でなれるスクールがあります。残念ながら20代限定ですが、もし該当する方なら、すごくおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました