目次
比較
特集
【2020年2月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

専業主婦が派遣やフリーランスでWebの仕事をするメリット

この記事は約5分で読めます。

WebデザイナーやWebクリエイター、Webライターなど、専門学校に行って念願のWeb制作会社に就職したけれど、激務で残業続き。結婚して出産したら、ちょっと続けるのは体力的にも時間的にも難しいと、辞めてしまう女性は多いです。

でもせっかく学んで念願のWebデザイナーになったなら、仕事を続けていきたい、と思っている人は多いと思うんですよね。

ここでは、結婚や出産でフルタイムで働けなくなった女性でも融通を利かせられる「派遣」という働き方にフォーカスして説明します。

この記事の対象者:結婚や出産育児でWeb制作会社を辞めた人。Webの勉強を独学やスクールで学んだけれど、フルタイムでは勤務できない人。

当サイトで人気のプログラミングスクール

  • DMM WebCamp  (3ヵ月でRubyエンジニアに)
  • Code Village  (フロントエンドエンジニアになれるスクール)
  • TechAcademy  (オンラインで好きな時間に学べる)
  • GEEK JOB  (無料でRuby, PHP, Javaを学べる)

なぜ専業主婦に派遣がおすすめなのか

派遣は時間の融通がきくのでライフステージの変化でフルタイムで働き続けるのが難しい専業主婦におすすめです。

  • 残業がない
  • 子育て中も仕事をできるだけ続けたい
  • フリーランスとして自宅で仕事したい
  • 夫の扶養内で働きたい
  • 夫のリストラや減給に備えたい
  • 離婚しても自分のスキルで子どもを育て食べていけるようにしたい

時間の融通がきく

子どものいない主婦ならフルタイムでも勤務可能ですが、小さい子供を育てながらのフルタイム勤務は、特にWeb業界にあっては厳しい現実があります。

事業所勤務のWebデザイナーなら、定時に帰社するのは可能かもしれませんが、それでも朝の9時から18時までの8時間勤務企業が多く、それから子供をお迎えに行って、帰宅して夕飯づくりというのは心身共に疲弊します。働きたくても難しい時期というのが女性にはありますよね。

大手Web制作会社で、女性の育児支援などの福利厚生がしっかりした会社に勤務していればいいですが、多くの制作会社は残業が当たり前の世界です。

そんな場合、派遣なら労働者側のニーズに合った働き方ができるのでおすすめです。

朝は子どもを保育園に連れていったり夫のお弁当作りなどで忙しいから、朝10時の出社がいいとか、夕方もお迎えや夕飯づくりの準備で16時には退社したいなど、自分のニーズに合わせて会社を探すことが可能です。

派遣の仕事は「繋ぎ」と考える

時間に融通がきく派遣ですが、デメリットもあります。

企業にとって派遣社員は正社員の穴埋めです。正社員だけでは回らない仕事を派遣に回したり、いつでも切れるのが企業側のメリットなので、不安定ではあります。

たとえば、毎日画像の切り抜き加工やバナー作成だけ永遠に作らせられるとか、正社員が嫌がる仕事を派遣に回す、という会社も少なくありません。

ですが派遣専門のエージェントに登録し、業界に詳しい担当者があなたのニーズに合わせて企業をマッチングしてくれたり、履歴書や経歴書の書き方などのフォローもしてくれます。

結婚や育児でフルでは働けないけれど今まで働いてきたWeb制作のスキルを活かしたいとか、独学でWeb制作を学んだけれど、フルタイムでは働けないという専業主婦にとって、「フルタイムに復や帰するまでの繋ぎ」と考えて働くといいと思います。

せっかく身につけたWeb制作スキルなのに、結婚したら近所のスーパーのレジを安い時給で働くなんてもったいないです。

通勤の時間はかかるかもしれませんが、働き方のひとつとして派遣を念頭に入れておくといいですよ。

すでにスキルのある人は、自宅で副業も可能

Web制作のスキルがある人は、自宅での副業が可能です。フリーランス向け企業紹介エージェントに登録すれば、自分のスキルに合わせた案件を紹介してもらえます。派遣とは違い、仕事を選べるのもメリットです。

通勤時間がいらないし、働き方では一番専業主婦に合っています。

ランサーズなどのクラウドソーシングで探す人も多いと思いますが、全体的に金額が安いのとコンペ式のものが多く、コンペに出す制作にかける時間も通らなかったらパーですから、効率がいいとはいえません。

色々あってシングルマザーになったときに技術があなたを助ける

夫が不慮の事故や病気で他界してしまったり、離婚してシングルマザーになったときにWeb制作のスキルがあると安心です。

今は3組に1組が離婚する時代ですから、誰にでもシングルマザーになってしまう可能性はあります。高い実務スキルを求められない職種で数年働き結婚して退職、というパターンでは、いざ離婚して子供を育てなくてはいけなくなったときに復職はかなり厳しいのが現実です。小さな子供を抱えたシングルマザーは、子供の発熱や行事で早退や有休をしょっちゅう取ると思われがちで、企業が採用を敬遠するためです。

実際、離婚してシングルマザーになった家庭の貧困はかなり多く、ご飯もまともに食べられない子どもが多いのは社会問題になっています。

その点、自宅で働けるWebデザイナーの仕事は女性のとって「一生働ける」とてもおすすめの職業です。

あなたにおすすめの派遣紹介会社

マスメディアン

福利厚生もしっかりしていて、eラーニングの無料受講、育児補助、映画チケット割引、スポーツジム割引、JTB選べる倶楽部などの宿泊割引が受けられます。

まずは登録会に参加して、担当者とスキルのレベルや要望、不安な点などを相談します。

フリーランス向けエージェント

フリーランス向けのクリエイティブ専門エージェントをご紹介します。いずれもスキルがすでにある人向けです。

IT プロパートナーズ

週に2日からの仕事を紹介してもらえるので、子育て中の女性におすすめです。週に2日なら遅くまで保育園に預けるとか、家族の協力があれば働けるのではないでしょうか。

エンジニア系の案件が多いですが、デザイナー系の案件もありますから大丈夫です。

まとめ

結婚して出産、育児と女性にとってはライフステージの変化が大きく、それに伴い大好きな仕事を続けられないということは多いですよね。

子どもが小学生にあがり手が離れるまで、派遣やフリーランスとして仕事を続けることができます。

ご参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました