【2019年11月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

ずっと不安な派遣社員でいいの?手に職ナシの派遣・非正規脱出方法

非正規社員Code Ship
この記事は約10分で読めます。
サラリーマン
派遣さん

大学を卒業して就活したんですけど、結局どこも決まらなくて…

そのまま就活続けることも考えたんですけど、将来よりも今日の飯、という感じで不安になって、手っ取り早く稼ぐために派遣会社に登録して、今もずるずる働いています。でも正直将来不安で仕方ありません。

働き方改革で、派遣労働者や非正規雇用の人たちも正社員並みの保障を与えよう! という動きはありますが、実現するにはちょっと時間がかかりそうです。

この記事では、いま派遣労働者として仕事をしているけれど、将来が不安でどうにか現状を打開したい、と考えている人に向けて、ヒントになる話を書きたいと思います。

この記事はWEBクリエイター歴15年の私が書いています。

当サイトで人気のプログラミングスクール

  • DMM WebCamp  (3ヵ月でRubyエンジニアに)
  • Code Village  (フロントエンドエンジニアになれるスクール)
  • TechAcademy  (オンラインで好きな時間に学べる)
  • GEEK JOB CAMP  (無料でRuby, PHP, Javaを学べる)
  • .Pro(ドットプロ) (マーケティングを意識したカリキュラム)
  • Code Ship (無料でRubyやPHP、Pythonも学べ転職保証付き。年齢制限なし)

派遣社員でもいい。もし目的や明確なビジョンがあるならば

サラリーマン
派遣さん

派遣てやっぱり不利ですよね…

派遣や非正規が完全にアウトか、というとそうじゃないと思います。

実際に私の周りにも「あえて派遣」という働き方を選択している人もいます

  • 旅が好きで、年に何回も海外に長期滞在している人。
  • エンジニアで週に3日だけ仕事をし、残りの2日はWEBライターとして仕事をしている人。
  • 子育てや介護でフルタイム正社員は責任が重すぎるから派遣を選んでいる人。

こういう人たちは、派遣でも現状に不満を持っていません

なぜならば、「仕方なく派遣」ではなく「選択肢が自分の手中にあり、ベストな働き方が派遣だった」からです。

選択肢がたくさんある中で決めるのと、選択肢がまったくなく不本意ながらやるのとでは、精神的ストレスもモチベーションも人生の幸福度も変わってきます。

派遣や非正規は、やっぱり辛いしキツイ

派遣切り

働き方改革で、派遣や非正規社員の賃金向上というニュースを聞くようになりましたが、あれって東京や都市部の話じゃないでしょうか。

地方で派遣や非正規で働いていて、時給も低くて休みもろくに取れない。正社員と変わらない仕事をしているのに、条件が悪い、というケースがほとんどだと思います。

なので、今あなたに必要なのは、正社員の仕事かもしれませんが、それよりももっと抜群に人生を自由にするのは「生き方の選択肢」です。

生き方の選択肢に必要なのは、やっぱりお金とスキルです。

「金もスキルもないから悩んでるんじゃ!」と怒られそうですが、ちゃんと解決方法を導きますので、最後まで焦らずお読みくださいね♪

正社員でも手に職・スキルがない人は要注意

サラリーマン
派遣さん

派遣て、責任はないかもしれないけど、すごい不満があります。

正社員と同じ仕事しているのに給料が全然違うってこともあったし、社内でぺちゃくちゃ楽しそうにおしゃべりして仕事しない正社員を横目に、コツコツと仕事するのがアホらしいと感じたこともありました。

そうですよね。派遣や非正規はやっぱり待遇悪いです。でも正社員も、スキルも能力もなければやっぱりキツイですよ。

正社員のメリットは「会社に行きさえすればお金が入る」ということです。(賛否両論あると思いますが)

ものすごいミスをしでかしたり、会社に莫大な損益出したり、横領やセクハラ等でクビにならない限りは、たいていは平社員のままでも細々と生きていけます。

でも、やっぱり正社員だって能力やスキルがないとシンドイんですよ。

私の大学時代の同級生でも、優秀な人は某大手航空会社で50人の部下を持つ管理職にまでなっている人もいれば、有名企業にはいるけれど、平社員のママ、という人もいます。

で、やっぱり管理職になっている人の方が幸せそうです。

妻もフルタイムの共働き、世帯収入は1800万、子どもの教育費も十分に捻出できるし、親の介護をするお金もある。

一方で、同い年でも平社員の友人は「いつまで俺は平社員なんだろう」とやっぱり悶々とするらしいし、リストラに怯えて働いているっていうんですよね。

過労死

平社員であろうと管理職であろうと、残業時間はあまり変わらないし、自由に使える時間が同じだとしたら、やっぱりお金があったほうができることが増えます。

で、これが40代とか50代になると、もう惰性で定年までいくしかない、と思うようになる人が増えちゃうわけです。会社を辞めずにリストラされなければ、とりあえず65歳の定年まではくいっぱぐれはないわけですから。

もう人生の冒険やチャレンジするには遅い、と思っている人たちは多いと思います。

これ、正社員でも幸せかというとそうでもない。

つまり、あなたが納得して毎日過ごしているなら幸せだろうし、不満に思うなら正社員だろうと非正規だろうと、幸福感や充実感は得られないのです。

20代派遣・非正規なら今すぐ行動開始せよ

今まで説明してきたように、派遣でも正社員でも、できるだけあなたのスキルになるような仕事をしていく方がいいと思います。

派遣契約が突然終わりになっても、会社を急に解雇されても、「とりあえず、今のスキルでなんとか食べていける」という選択肢を持っておくことは、精神的にも経済的にも強いです。

で、派遣で毎月固定収入が入ってくるから、生活はある程度安定していると思うんですけど、だからといってズルズルと長年働いて気が付いたら35歳、40歳、というと、ちょっと人生の舵を切り直すのにメンタル的にしんどいと思います。

実際は、35歳であろうと40歳であろうと、チャンスはあると思うんですけど、うまくいく人はそれまでに助走をつけていたような人だと思います。その業界には詳しいとか、営業、企画、広報などの仕事のスキルは身についているとか。

なんにもスキルが身につかない「やっつけ仕事」しか回されなかった派遣の人は、目先の金のためにズルズルと派遣を続けない方がいい。

人間は習慣で生き方が決まってきます。

知らず知らずのうちに「もう、やる気でない…」ということになりかねないのです。

20代のうちなら十分に間に合います。

20代のうちに時間を有効に使って、残りの人生に選択肢を増やす努力をしましょう!

金なし、コネなし、学歴なし、内定なし。そんな人でも確実に正社員の仕事を得る方法

さて。いよいよ本題です。

  • お金がない
  • 人脈・コネもない
  • 学歴もない
  • 就活しても、内定ひとつももらえない

こんな人でも、確実に正社員の仕事を得る方法をお伝えしましょう。正社員の座だけじゃないです。スキルも同時に手に入ります。

無料でプログラミングが学べて就職もほぼ確実!なおすすめスクール2校

プログラミングを無料で学べるスクールがあるってご存知ですか?

しかも、エンジニア転職もほぼ100%確実、というスクールです。

今空前のプログラミングブームで、新しいスクールもどんどん出てきているんですが、無料でプログラミングを学べるスクールというのもいくつかあります。

無料で学べる理由は、受講生がスクールに登録されている企業に就職すると、企業側はスクールに「成功報酬」を支払うからです。

今、日本にはプログラミングができる人材が圧倒的に不足していて、企業はお金を払ってでも確保したい、と争奪戦状態なんです。

なので、今「新人エンジニアの囲い込み」が始まっているんです。

プログラミングに興味のない新入社員を開発部に配属させて働かせても、当人にプログラミングに全く興味がなければストレスなだけですよね。

「私がやりたかったのはプログラミングではない」と辞めてしまう人だって出てきます。

なので、プログラミングスクールの受講生は、すでに「エンジニアになりたい」と思っている人たちなわけで、そこでもう企業側としては「ポテンシャルがある人材」なのです。

20代の新人エンジニアならベテランよりも給料は安くすむし、教えやすい。色んなプラスの理由があるんです。

それでは、転職保証つきの無料プログラミングスクールを2校、ご紹介します。

ITCEアカデミー(東京)

このスクールは転職エージェントもグループにあり、その転職エージェントから会社を紹介してもらえるシステムです。

20代限定です。

学ぶ内容はサーバー&ネットワーク。 つまりSEになるためのスクールです。

最短1ヵ月、3ヵ月あればSEとして転職はほぼ100%成功できます。

すごいのは、最初から最後まで一切お金がかからないこと。受講料ゼロ、受講中の住まいも無料で貸してくれます。

Code Ship(コードシップ)(

次に紹介するのは、コードシップというプログラミングスクール。このスクールは、サーバー&ネットワークではなく、人気のRuby, Rails, PHP, Python, Unity, Reactなどを学べる6コースが用意されています。

期間は4ヵ月。カリキュラムが期間内に終わらなければ、無料で期間延長できます。

また、期間内にカリキュラムが終ってしまったら、残りの期間で別のコースをさらに受けることもできます。

未経験者向け、中級者向け、上級者向けのコースがあり、経験者のスキルアップにも使われています。年齢の制限はありません。

WEBアプリやサービスが作れるようになるので、将来高収入&高待遇がのぞめるエンジニアになれます。

サラリーマン
サラリーマン

すごい! そんなスクールがあるんですね! でもデメリットってないんですか?

メリットだけでなく、デメリットもきちんとお伝えしときますね。

無料プログラミングスクールのデメリット

無料で学べてエンジニア転職もできる。夢のようなスクールですが、デメリットもあります。

無料スクールのデメリットを確認し、あなたのニーズに合っているか確認しましょう。

無料スクールのデメリット
  • 転職先企業はスクールが提案する企業に限定される
  • ポテンシャルのある人じゃないと入学できない可能性がある

転職先企業はスクールが提案する企業に限定される

スクール以外の会社を受けて、もしそちらの方が条件も待遇も良かった… なんていう場合。

スクール側はあなたに無料でプログラミングを教えただけで、利益はまったくでないことになります。企業から成功報酬が取れないわけですから。

なので、自分で転職活動して内定をもらっちゃうと、受講料はゼロにはなりません。

転職先はいくつか紹介されますが、あなたの希望に合う会社じゃない可能性もあります。

ポテンシャルのある人じゃないと入学できない可能性がある

2校とも人気のスクールです。無料なうえに転職も保証されているので。

で、繰り返しますが、スクールは受講生が転職成功して、企業側から成功報酬をもらえます。

なので、ここで書いたようなデメリットについて、必ず入学前に説明があり、納得して了解した人じゃないと入学を許可されません。

また、どうみても転職は無理そうだな…という人も入学できないと思います。

たとえば、個別説明会で、ほとんど会話のコミュニケーションが取れないとかですね。

企業が採用してくれないだろうな、と判断された場合は入学が難しいかもしれません。

引っ込み思案で対人恐怖症でも、頑張って明るく振る舞ってください。

就職先は自分で自由に決めたい人は、DMM WEB CAMP

上に紹介した無料のプログラミングスクールのデメリットは、「転職先はスクールが紹介するものだけに限定される」とお伝えしました。

  • 自分が望む仕事がしたい
  • できるだけ高待遇・好条件をめざしたい
  • 入りたい企業が決まっている

こんな人は、無料ではないですが有料のプログラミングスクールとしては評判が良く人気の高い「DMM WebCamp (ウェブキャンプ)」をおすすめします。

ウェブキャンプで学べるのはHTML, CSS, JavaScript, Ruby, Ruby on Rails。つまり、人気のWEB系エンジニアになれるスクールです。

学習期間は3ヵ月で、働きながら学ぶなら負担の少ない期間なのも人気の理由のひとつ。

教室は東京(渋谷)と大阪(難波)の2校あるので、関西方面にお住まいの人にもおすすめです。

渋谷校に限られますが、今なら「第四次産業革命 教育訓練給付金制度適用コース」を受けると、最大70%の受講料が戻ってきます。また、このコースの特長は、上に説明したRubyなどのメイン言語のほかに、AIの基礎も学べるという魅力的な内容。

有料ではありますが、DMM WebCampレベルのスクールで学んでおくと、稼げるエンジニアになるのも近道です。実務経験2年~3年積めば、フリーランスになって月100万円の案件を取るのも、Rubyエンジニアなら難しい話じゃありません。

このスクールの受講料を先行投資と思えるかどうか。

スクールの受講料なんて、エンジニアになればすぐに稼げる金額です。

関連記事 【現役WEBクリエイター徹底解説】DMM WebCamp(ウェブキャンプ)の口コミ・評判!

ご参考にしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました