テックアカデミー 「梅雨に負けるな!」キャンペーン開催中!

転職やフリーランスエージェントの面談時はどんな服装で行けばいい?

エージェントに行くときの服装 転職攻略
この記事は約3分で読めます。

転職エージェントにいくつか登録して面談日が決まったんだけど…どんな服装でいけばいいの?

この記事では、転職エージェントやフリーランス専門エージェントで、キャリアサポーターとの面談時の服装についてご説明します。

Webクリエイター歴15年の私が説明します。

結論:綺麗目カジュアルでOK!

Webクリエイター系の職種なら綺麗目カジュアルで全然OKです。

エージェントでの面談は、お見合いでいうなら「仲人さん」との初顔合わせだと思っておきましょう。お見合いの相手は実際に働く「企業」です。

一応心象は良くしておこう

企業とあなたを結びつける「仲人さん」であるキャリアサポーターは、どんな見合い相手があなたに相応しいか、あなたの特技やスキルなどを細かくチェックします。

クリエイター系ならポートフォリオや職務経歴書が「釣書」に当たります。

そして、当然ですが第一印象や話し方などの印象も仲人さんは「この人はどこに紹介しても恥ずかしくない礼儀や作法を心得ているな」と思えば、安心して優良企業を紹介してあげよう、という気持ちになりますよね。

たとえば、指輪やブレスレットをジャラジャラ・ギラギラさせていたり、ヨレヨレのシミだらけのシャツを着ていたら、あまり心象は良くないかもしれません。

良い見合い相手を探してくれる仲人さんに会うと思って、それにふさわしい恰好をしていればOKです。

スーツを持っているならスーツでもいいですし、スーツを持っていなければ清潔感のある服装と髪型を心がけていればそれでOKです。

実際のお見合い=企業との面接時の服装について

キャリアアドバイザーがあなたの経歴や今後のキャリア設計をヒヤリングし、あなたのスキルに見合う企業をいよいよ紹介してくれる段階。企業担当者との面接ではどういう服を着ればいいか。

これは、キャリアアドバイザーに直接聞きましょう。

というのは、エージェントはすでにたくさんの人を企業に紹介している実績があり、どんな服装がベストなのかを知っているからです。

また、企業ごとにカラーがあって、スーツだとむしろ堅すぎて合わないからカジュアルの方がいいとか、インサイトデザイナー(エンジニア)職への応募の場合、スーツを着ている営業や総務スタッフなどがほとんどなのでスーツ着用必須ですとか、企業毎の戦略が必要だからです。

女性の場合、会社によってネイルジェルOK、NGなどもありますし、キャリアアドバイザーとの面談時には落としておかなくてもいいですが、率直にネイルはOKかNGかも確認しておきましょう。

ちなみに、私の勤務先で人事採用時に面接担当をしたことがあります。採用側がどんなことを意識して見ているのか、というのを別記事でまとめていますのでご参考にしてください。

クリエイティブ職とはいえ、くだけ過ぎはNG

ジーンズや短パン、素足にビーサン、みたいな恰好は、いくらブランド物だったりお洒落だとしてもやめましょう。まぁ、そういう人はいないと思いますけども。

まとめ

いかがでしたか?

基本的には「清潔感を心掛けた服装と髪型」をしておけば綺麗めカジュアルでもOKです。実際の企業での面接時はどんな服を着ればいいかは、企業ごとに違いますのでキャリアアドバイザーに相談すればOKです。

ご参考にしてください。