目次
比較
特集
【2020年2月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

テックアカデミー無料体験は3種類!体験内容や参加方法まとめ

この記事は約8分で読めます。
ツグミ
ツグミ

テックアカデミーコースがすごく魅力的。ぜひ受講したいんだけれど、何か注意点はありますか?

テックアカデミーは、扱うプログラミング言語が限定的でなく、Ruby、PHP、Paython、Javaなど、様々なプログラミングを学べるコースが充実している、オンライン完結型のプログラミングスクールです。

さらに、プログラミングが苦手と感じている非エンジニアのWEBデザイナー向けのマーケティングやディレクションを学べるコースもあります。

また、例えばWEB制作部に勤務していて、エンジニアやデザイナーとの仕事を円滑に回したい企画や広報、営業の人が一般常識としてプログラミングの基礎を学べるコースも用意されています。

そんな、テックアカデミーの各コースを受講するにあたっての注意事項は、「必ず無料体験」を受講前にやっておくこと。

これだけで、かなりリスクを抑えることができます。

この記事は、テックアカデミーを受ける上での注意点や、数種の無料体験について詳しくご紹介します。

WEBクリエイター歴15年、パラレルワーカーの私がご説明します。

当サイトで人気のプログラミングスクール

  • DMM WebCamp  (3ヵ月でRubyエンジニアに)
  • Code Village  (フロントエンドエンジニアになれるスクール)
  • TechAcademy  (オンラインで好きな時間に学べる)
  • GEEK JOB  (無料でRuby, PHP, Javaを学べる)

TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験は3種類

テックアカデミーには、3種類の無料体験が用意されています。

種類体験内容
無料体験テックアカデミーの学習システムを1週間体験できる
無料オンラインプログラミング体験会現役エンジニアによるプログラミング講習
説明会動画マンツーマンメンターのサポート、学習の進め方、実際の受講風景などのレクチャー

すべて主旨の違う内容なので、受講前にすべてやっておくといいと思います。

特に、無料体験ではHTMLCSSJavaScriptを利用して簡単なWEBアプリケーションが作成できるのでおすすめ!

無料体験で経験できる内容

テックアカデミーの無料体験では、簡単な天気予報のWEBアプリケーションを作ることができます。

すごいですね!

  1. Webサイトの仕組み
  2. HTMLとは
  3. CSSとは
  4. JavaScriptとは
  5. 変数
  6. 数値計算
  7. 条件分岐
課題:天気予報を作ってみよう

WEB制作に最低限必要なHTML、CSS、JavaScriptを学べて、実際に課題では天気予報のアプリを作れるなんて、太っ腹な無料体験です。

無料体験の参加方法

無料体験参加方法
  1. テックエキスパート公式サイトにアクセスする。
  2. 上のメニューバーから「初めての方へ」をクリック
  3. 無料体験」「無料オンラインプログラミング体験」「説明会動画」が表示される。
  4. 参加したい項目をクリックし、メールフォームに必要事項を入力して送信

テックアカデミーの無料体験を受けておくことのメリット5つ

無料体験を受けておくことで、色々なリスクを回避することができます。

学習・開発環境が適しているかどうか確認できる

Webデザイナーの働き方

テックアカデミーのコースを受講するためには条件があります。

  • PCを持っている(Mac/Windows可)
  • インターネット通信環境がある
  • オンラインチャットが可能
  • Google Chromeを利用できる
  • PCの基本操作ができる
  • 必要なメンタリング回数をこなすことができる
  • 受講期間内に必要な学習時間を確保できる

もしあなたが、タッチタイピング(ブラインドタッチ)ができないなら、オンラインチャットによる質問(制限時間30分)もキー入力がたどたどしく、思い通りにタイピングできなくてイライラしてしまうと思います。

また、使っているPCのスペックがすごく低くて、すぐに待機状態になってしまったり、突然シャットダウンしてしまう、などのトラブルが続けば、PCの買い替えも検討が必要になるかもしれません。

テックアカデミーの場合、オンライン上の学習システムを利用するので、特にあなたのPCにプログラミング環境を構築する必要はないため、PCに負荷をかけるものではありません。

でも、古いPCを使っていたり、OSが古い場合には正常に学習システムが動かない可能性もあります。

受講前に無料体験をしておけば、ひと通りのWEBアプリを作る過程を経験でき、そのときにPCとの相性や、受講に不足しているあなたのスキルが確認できると思います。

Google Chromeは無料でダウンロードできます。

学習についていけるかどうか確認できる

よし!WEBエンジニアになるぞ!と決め、PHPやRuby、Javaなどのプログラミング言語を選択するとします。

でも、実際に学習がスタートして、「あまりにも難しすぎる」「チャットサポートで質問する以前に、何がわからないのかがわからない」なんてことになったら後悔しますよね。

テックアカデミーの学習は未経験者向けに基礎の基礎、簡単なことから徐々にステップアップしていくようにカリキュラムが作られていますが、受講者のキャパによっては完全オーバー!ということも起こらないとは限りません。

テックエキスパートは、受講を申し込んでから学習サイトにログインした時点で、キャンセルしても受講料は返金してもらえません

ですので、事前に無料体験をやってみて、学習についていけるかどうかを確認することを強くおすすめします。

そもそも自分がプログラミングやWEB制作に向いているかどうか確認できる

WEB制作って楽しそう!友達のWEBエンジニアがバリバリ稼いでいて、自分もやってみたい!

そう思ってWEB業界に興味が出てきた人も多いと思います。

プログラミングもデザインも、特別な能力や才能は必要なく、誰でもすぐに始められますが、けして簡単なものではありません。

特にプログラミングに関しては論理的思考が求められ、効率のいいコードを書くための発想が求められます。

PHPやRubyにはほとんど数学的な要素はありませんが、Paythonなど数学を必要とするプログラミング言語もあります。

数字にめちゃくちゃ弱いとか、プログラミング自体、なんか全然面白くない…と感じるようであれば、手に職をつけても仕事自体が辛いものになり、結局長続きできません。

個人的には、WEBの仕事はかなり楽しいと感じていますが、それは個人差、人によるところも多いので、あなたにWEBの仕事が向いているかどうか、事前に確認する上でも無料体験をぜひ受けておきましょう

受講キャンセルに起こる「受講料全額返金不可」のリスクを避けられる

テックアカデミーに受講を申込み、振込を完了させると受講開始日よりも前倒しで学習でき、受講料から8%減額になる「先割り」を適用できます。

とくに、プログラミング言語のコースを選択した人は、簡単なHTMLやCSSは受講前に終わらせておけば、受講開始後はプログラミング学習に取り掛かれ、時間を有効に使うことができます。

ただ、唯一のデメリットが、テックアカデミーの学習サイトに一度でもログインすると、その時点で受講料の返金は一切できなくなります

まだログインしただけで学習はスタートしてません、といっても、キャンセルによる返金は不可なので注意が必要です。

受講前に、どんな学習システムで、どんな風に学習が進行していくのか、PCが学習に適したスペックかどうかを知っておくことでこのリスクはかなり避けられますよね。

テックアカデミーの無料体験のひとつだけ残念な点

テックアカデミーの無料体験の唯一残念なところは、各コースの無料体験は用意されていない、ということ。

たとえば、Rubyを勉強したいからWEBアプリコースを受講したい。だからWEBアプリコースの無料体験コースを受講したいと思ってもできないのです。

テックアカデミーで用意されている無料体験では、HTML、CSS、JavaScriptまで。

その先のプログラミング言語に関して、事前に知っておきたいという人はプロゲートドットインストールなどの無料のオンラインプログラミング学習サイトでざっとやっておくか、CODE CAMP(コードキャンプ)は各コースすべての無料体験が可能なので、コードキャンプの無料体験に参加してみましょう。

コードキャンプも、テックアカデミー同様色々なプログラミングコースが用意されているので、おすすめスクールのひとつです。

テックアカデミーのオンライン学習システムにログインすると同時に「キャンセルによる返金不可」に!

先にも書きましたが、テックアカデミーは学習サイトログイン後の受講キャンセルによる受講料返金は受け付けてもらえません。

受講料返金に関しては、ログイン前であること受講開始日の1日前以前の申し出であること、などの条件に合った場合にだけ、振込手数料を差し引いた全額を返金してもらえます

テックアカデミーの受講料返金システムに関しては、別記事に詳しくまとめていますので、併せてご参考にしてください。

まとめ

テックアカデミーは、テックアカデミーの学習サイトにログインした時点でキャンセルによる返金が一切できなくなります。

あとで後悔しないように、受講前にかならず無料体験を受けておきましょう。

無料体験は、

  • テックアカデミーの学習システムを体験できる「無料体験」
  • プログラミングを体験できる「無料オンラインプログラミング体験」
  • マンツーマンメンターのサポート、学習の進め方、実際の受講風景などが確認できる「無料説明会動画」

の3種類が用意されています。

すべて主旨が異なるため、できれば全部やっておくことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました