【2019年8月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

全部無料!ポートフォリオを簡単に作れる便利なサイト8選まとめ

ポートフォリオ TIPS
この記事は約10分で読めます。
ツグミ
ツグミ

転職活動するにあたり、ポートフォリオが必要になりました。無料で簡単に使えておすすめのポートフォリオサイトを教えてください。

ポートフォリオはクリエイターに必携。

でも、仕事をしながら転職活動をしていると、時間がなかなか取れなくてポートフォリオが作れない!ということってありませんか?

ポートフォリオに凝る人は、自分でデザインしたオリジナルのサイトを用意しますが、そんな時間は到底ない!ってときに、ポートフォリオが爆速で簡単に、しかも洗練されたデザインで作れるサイトがあったら便利ですよね。

この記事では、クリエイターが転職するときに必須のポートフォリオを「簡単」「早い」「洗練されたデザイン」「しかも無料」のサイトを一挙ご紹介します。

WEBクリエイター歴15年、パラレルワーカーの私がご説明します。

ここで紹介する無料ポートフォリオサイトについて

ここで紹介するポートフォリオツールのほとんどは「無料版」と「有料版」が用意されていて、無料版には機能制限があります。

ただ、無料版でも充実した機能で十分に使えます。

HTMLやCSSの知識は無用で、ドラッグ&ドロップ等の直感的な操作であっと言う間にポートフォリオサイトがつくれます。

一番自分が使いやすい、自分の作品を最高に魅せてくれるツールを選んでください。

基本的には無料。有料プランで様々なオプションがつけられる

もし、あなたの作品が今後充実していって、ポートフォリオ自体が「自分メディア」に成長していきそうだと思った時点で有料版に切り替えたり、Wordpressで改めて自分のポートフォリオサイトを作ってもいいでしょう。

無料版の場合、独自ドメインを設定できないことがほとんどなので、SEOで上位表示、というのは難しいからです。

とはいえ、とにかく急いでいる!手早くお洒落に洗練されたポートフォリオを作成したい!と転職活動中に差し迫っている場合は、ここに紹介するポートフォリオサイトをぜひ利用してみてください。

転職活動向け おすすめの無料ポートフォリオツール

Salon.io

ポートフォリオサイト

無料版は3ページ、画像は150枚まで掲載可能です。そのほかにもベーシックプラン4€/月、プレミアムプラン8€/月、ビジネス向けの16€/月があります。プレミアムプランだと、ページ制限はなく画像は2000枚までアップ可能で、独自ドメインをひとつ利用できるので将来的に独立したいとか、副業で仕事をゲットしたい、というときに考えてもいいですね。

とはいえ、無料版でもHTMLとCSSでカスタマイズも可能なので、転職時に使うポートフォリオとしては無料版で十分でしょう。

フォトアルバム、ムードボードなどを作成できるサービスはあるので多機能です。

WEBデザイナーに限らず、フォトグラファー、イラストレーター、プロダクトデザイナー、パッケージデザイナーなど、あらゆるクリエイターに向いています。

機能としては、ドラッグ&ドロップで簡単に作れます。ポートフォリオサイトだけでなくWEBサイトも作れます。

カスタマイズが必要なければコーディングの知識は必要ではないので、未経験からWEBデザイナーに転職したい人にはとても便利だと思います。

salon.ioの特徴(無料版)

  • 作成可能ページ数:3ページ
  • 登録画像枚数:150枚
  • HTML&CSSでカスタマイズ可能
  • 登録はユーザー名、メールアドレス、パスワードのみ

Portfoliobox

portfoliobox

Portfoliobox(ポートフォリオボックス)は、ポートフォリオに特化した無料で利用できるサービスサイトです。全世界で25万人いじょうに使われています。

無料版は10ページ作成可能、登録画像は30枚までOKです。

Portofolioboxの最大の特徴は、販売手数料無料のカード決済機能(Eコマース)を利用でき、ブログ機能がついていること。ドメインも無料でつけることができます。

つまり、Portforioboxを利用すれば、SEO対策を施した自分のポートフォリオサイトから作品販売もできる、ということです。

また、レイアウトのテンプレートも充実していて、背景色の変更やフォントもカスタマイズできるのでオリジナリティを出すこともできます。

テンプレートはすべてレスポンシブ対応です。

Portfolioboxの特徴(無料版)

  • 作成可能ページ数:10ページ
  • 登録画像枚数:30枚
  • ドラッグ&ドロップ操作のみ。コーディング不要
  • 登録はユーザー名、メールアドレス、パスワードのみ
  • レスポンシブ対応

IM creator

IM creator

美しく洗練されたテンプレートが豊富で、インパクトを出したい人におすすめのポートフォリオサービスです。

無料版でも非常に魅力的な機能が備わっていて、ホスティングは無制限、あなたの独自ドメインにリンクも可能、Eコマース機能もあります。

ただ、すべて英語なので、英語が得意な人もしくは苦手意識がない人じゃないと「あっと言う間に」作れるというわけではないかもしれません。転職時活動中に急いでいるなら、ちょっと英語のハードルが高いかもしれません。

ですが、無料ですので時間が比較的あるときに登録してみて使ってみるといいと思います。

お洒落なテンプレートやテーマが豊富で、他のライバルとの差別化をはかるのにいいかもしれません。

IM creatorの特徴(無料版)

  • 登録ページ数、画像数無制限
  • 独自ドメインに設定可能
  • Eコマース機能
  • 広告表示なし

Matchbox

MATCHBOX

クリエイター向け転職エージェント、マイナビクリエイターが提供するポートフォリオサイトです。

日本語のインターフェイスなので直感的につくれ、画像は最大6作品、48イメージまで登録可能です。動画もYoutube、Vimeo、SoundCloud、SlideShareにアップされたコンテンツを掲載できます。

モーショングラフィックデザイナーにも便利ですね。

転職エージェントが作成したポートフォリオサイトだけに、転職時にアピールできる「案件の概要」や「関わり方」「制作のポイント」などの項目があったり、WordやExcelで履歴書を自分で作らなくても履歴書が作成できる機能があります。

また、PDF変換もボタン一発で作成可能なので、データと紙両方でポートフォリオを用意するのに最適。

マイナビクリエイターへの登録が必要ですが、MATCHBOXの利用は完全無料ですし、MATCHBOXに登録するからといって転職サービスが開始するわけではありません。

転職したい、と思ったときに申し込むとマイナビクリエイターの転職サポートが開始できる便利なサービスです。

転職活動期間が限られていて時間がない!という人はとりあえずMATCHBOXでいいんじゃないかな、と思います。

MATCHBOX(マッチボックス)の特徴(無料版)

  • 6作品、画像は48個まで登録可能
  • 転職エージェントが開発したポートフォリオサイトで、採用担当にアピールできる項目が充実
  • マイナビクリエイターへの登録が必須だけれど、転職サービスを利用する必要はない
  • 転職したいと思ったときにボタン一発で転職サービスを利用できる

Strikingly

strikingly

名前、メール、パスワードを入力するだけですぐに始められます。

HTMLやCSSの知識、デザインの経験は全く必要なく、すぐにあなたのWEBサイトが作れます。

決済手数料無料のEコマース機能、ブログ、アクセス解析機能、問合せフォームやサインアップ機能、SNSフィードの表示機能、HTTPS対応などとても充実しています。

ドメインは独自ドメインを設定可能ですが、無料版ではできません。

Strinkingly(ストライキングリー)の特徴(無料版)

  • 直感的な操作
  • HTML・CSSの知識不要
  • Eコマース機能
  • レスポンシブデザイン
  • ブログ機能
  • アクセス解析
  • サインアップ&お問合せフォーム設置可能
  • SNSフィード表示

上級トップクリエイター向け ポートフォリオ無料作成ツール

Dribble

Dribble

作品のシェアやクリエイター・アーティスト同士が交流するツールとし世界中で利用されているサービスサイトです。

クリエイターが投稿した作品を一覧表示できる機能があり、交流したいデザイナーにコメントを送ることもできます。

Dribbleに自分の作品や制作物を投稿すれば、ひょっとしたら海外からのオファーも来るかも!?

登録しているクリエイターの作品はどれもクオリティが高く、トップクラスをめざすデザイナーはこのサイトを活用するといいと思いますよ。

こういうサイトを見ていると、右脳派のデザイナーは無理してプログラミングを勉強するより、デザイナーとしてのスキルをガンガン身につけた方がいいよね、と純粋に思えます。

どちらかというとイラストレーター向けのインターフェイスです。

Dribble(ドリブル)の特徴(無料版)

  • 直感的な操作
  • HTML・CSSの知識不要
  • レスポンシブデザイン
  • クリエイター同士の交流
  • 企業からの問い合わせがあるかも

Behance

Behance

わたしたちに親しみ深いAdobeシステムズが150億円で買収したポートフォリオ作成サービスサイト。

アドビのアカウントから登録が可能です。グラフィック系ソフトの会社だけに、クオリティの高い作品が多数登録されています。

ただ、かなりのトップクリエイターが登録している感じで…初心者は恐れ多くて登録するのは憚られる感も否めませんが…

求人ページもありBehanceからのアプライも可能ですが日本企業の募集は少ない印象です。

自分の作品やスキルに自信があって、海外で働いてみたい!という人は企業とコンタクトをとって1年でもいいから就労ビザのサポートをお願いしてもいいかも!?

Behance(ビーハンス)の特徴(無料版)

  • トップクリエイターを目指す人向け
  • アートディレクター、グラフィックデザイナー、モーショングラフィックデザイナー、UI/UXデザイナーなど、様々なクリエイターが登録
  • 世界中の企業からの求人がある
  • 自分の作品が全世界に公開される

番外編 Wordpress無料テンプレート

上記に紹介したポートフォリオサービスは、HTMLやCSSの知識がなくても直感的に操作ができるので、短時間であっという間にクオリティの高いポートフォリオが作成できます。

一方で、独自ドメインを使ってSEOをガンガン盛り込み、かつネット上でブランディング、制作受注までこなしたいと思ったら、自分のサーバーにWordpressをインストールして作りこむのもおすすめです。

WordPressにもポートフォリオ向けの無料テーマがたくさんあるので、Wordpressのテーマディレクトリで「portforio」で検索してみるといいと思います。

テーマディレクトリ

ポートフォリオ向けテーマは海外のものが多く、スタイルやフォントが英字向けなので、多少カスタマイズが必要だと思います。

エラーや不具合が起こったときに、テーマ制作者に質問もできますが、基本的に英語で行われるので、ちょっとハードルが高いですが、自分メディアを構築してマーケティングのTIPSもガンガン反映したいなら、Wordpressで自分で作り込む、というのがおすすめです。

WEBクリエイターの私が愛用しているポートフォリオ向きテーマ FREESIA

freesia

すごくクオリティが高いテーマが色々揃っています。

え?これも無料なの?というデザイン、すべてレスポンシブ対応です。

構造的にもシンプルでわかりやすく、PHPがわかる人ならカスタマイズもしやすいです。

無料版でもかなり充実した機能なので、カスタマイズができる人なら有料版への切り替えはほとんど不要。

ポートフォリオ用のプラグインが用意されているので、自分メディアの中に作品集を盛り込むことも可能。Eコマース対応です。

まとめ

働きながら転職活動をするとき、短時間でクオリティの高いポートフォリオサイトが作れれば便利。

未経験からのWEBデザイナー職への応募の際、架空サイトやデザインを作ってポートフォリオサイトをつくることになると思いますが、HTMLやCSSの知識も不要のこれらのサイトはとても心強いサービスになります。

中でも、MATCHBOXは初心者・未経験者におすすめです。デザイン的にもまだピヨピヨで世界中のトップクリエイターと並んで作品の公開なんて恥ずかしくてできない…という人が多いと思いますが、MATCHBOXは個人の転職用ポートフォリオ作成サイトなので、外部に公開されることはありません。

ご参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました