【2019年9月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

フリーランスになるために身につけたいスキルまとめ8項目

フリーランスに必要なスキル STAGE 3(上級~独立)
この記事は約5分で読めます。

フリーランスは基本的に、メインの案件以外にも事務作業から経理まで、何から何まで自分でやらなくてはいけません。

フリーランスという働き方に憧れるけど、どんなスキルを身につければいいの?

この記事では、フリーランスになるなら最低限身につけておくべきスキルをまとめています。ご参考にしてください。

交渉力

仕事を獲得するために、ギャラや納期などの条件についてクライアントや元請け会社に交渉する必要があります。

フリーランスになりたての人は自信のなさから安いギャラで請け負いがちですが、そうすると忙しいばかりで全然生活が豊かにならない状況に陥ります。

同じクライアント対象では、ギャラを突然吊り上げることは難しいでしょうし、最初に請け負ったギャラを基本に次回以降に影響するので、相場を知ることが大切です。

交渉力に加え、見積書、納品書、請求書などの事務処理、経理能力も必要です。収入が増えてくれば、フジ子さんなどの秘書サービスや税理士さんに回せばいいですが、収益が上がらないうちは全部自分で、ということになりますよね。

判断力

どんなに条件が良い案件でも、自分の能力を超えていたら納期に納めることができません。打合せ時にどんなプログラムが必要か、工程はどのくらいかなど的確な判断が必要です。

請け負ってから自分の能力をはるかに超えていた…という場合、外注に依頼して一部フォローしてもらうということもできるかもしれませんが、外注費を最初から見積もっていなければ当然赤になります。

また中には「地雷案件」といって、とんでもないクライアントもいます。地雷案件とは当初の要望以外のことを要求してきて遥かに見積額を超えてしまうとか、納期が長引いて作業に従事する時間が増え、他の案件を取りこぼすなどのリスクがあるクライアントのことを言います。

この場合、いくら上辺の条件が良くても赤字になるので受けない方がいいので、どこで見極められるかが重要になります。

提案力

クライアントは要望を提案したとしても、常にそれ以上のアイデアや視点を求めています。クライアントから出された要望に対して、問題点があれば指摘し、その代替案を提示できたり、さらに自分ならではの提案ができれば、クライアントからの評価に繋がり、次回リニューアル時の再注文や紹介による新規クライアント獲得に繋がるでしょう。

実現力

クライアントの要望を形にし、自分で提案した内容を確実に実現させることが重要です。常に自分のスキルを磨き、トレンドも意識してアンテナをはったり、年数を重ねても陳腐化しないクオリティの高い仕事をしましょう。

自己管理力

これが一番ネックかも…

フリーランスは通勤もなければ評価する上司もいません。なので「怠けようと思ったらとことん怠けられる」危険性があります。

夏休みの宿題のごとく、納期直前に徹夜して仕事をしたりせず、計画的に仕事を進めなくてはいけません。またスキルアップのためにオフの日を設けたり、体調管理やリフレッシュのために会社員と同じように休暇を取って自己管理することも大切です。

時間にルーズになりがちな人は、Apple Watchがおすすめ。毎日こなすルーティン作業もスケジューリングに入れ、終了済みのタスクにはチェックを入れたり、座りっぱなしの作業が多い仕事の場合定期的に「そろそろ立ちましょう」と健康管理してくれたり。

重要タスクや予定もすべてiPhoneやGoogleのアプリと連携可能で、振動で教えてくれます。

タスク実行やスケジュール管理に頭を使うことははすべてApple Watchにシフトし、常に作業に集中したり、新しい企画やアイデアに脳のキャパを開けておくことができます。

人脈・コネ

仕事を回してくれる人脈やコネがあれば、フリーランスとしてはほぼ安定して仕事をすることができます。

また、自分の得意分野以外の仕事を請け負ったり、完全にキャパオーバーの数を回さなくてはいけないとき、日頃からサポートしあえるフリーランス仲間やネットワークがあると安心です。

完全独学からWebクリエイターやエンジニアになった場合、この人脈がなかなか築けずに苦労する人も多いです。そういう場合は、積極的にセミナーやミーティングなどに参加し、ネットワークを作っておくといいでしょう。

通学型のスクールに通った場合、同期のクラスメートが強力なネットワークになったりします。投資してスクールに通うメリットというのが生きる例ですね。

おすすめの通学型スクール

女性向けですが、おすすめの通学型スクール(Webクリエイター向け)はこちら。

プログラマーやエンジニア志望の人向けの通学型スクールはこちら

貯金

貯金ゼロでフリーランスというのはちょっと厳しいです。

お金がないのは精神的にかなり不安でストレスになりますし、フリーランスになって最初の頃は特に収入は不安定なので、3ヵ月くらいは生きていける蓄えを持っていましょう。

また、フリーランスや自営業の人は、会社員のような税金優遇もないですし、収入がパタリと途絶える月もあるでしょうから、たとえ月に100万円稼いだとしても湯水の如く使ってしまったり、優雅な生活は控え、貯蓄体質を身につけておいた方がいいです。

ポジティブ思考

成功した経営者の話を聞いていると、共通点として「ポジティブ思考」というのがあると思います。

失敗しても、とにかく前向きに気持ちを切り替えてアイデアを模索したり、打開策を図ったり。

マイナス思考でいると、ちょっと収入が減ると不安に駆られてしまったり、小さいことでクヨクヨして作業がストップしてしまったり…

ポジティブ思考というのは、フリーランスに限らずいい仕事をしていく上で必要なスキルだと思います。

まとめ

いかがでしたか?フリーランスになるために身につけておくべきスキルをまとめてみました。

自由な働き方だけに憧れてフリーランスになっても、ここに上げたスキルがなかったらすぐにジ・エンドになってしまいます。

フリーランサーとして自由に働き続けるために、常にスキルアップを続けましょう!

タイトルとURLをコピーしました