【2019年8月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

【フリーランス必見】補償が手厚いFreenance(フリーナンス)に登録してみた!

DIVE INTO CODE返金 Freenance(フリーナンス)
この記事は約3分で読めます。

こんにちは! WEBクリエイターのYAKOです。

フリーナンス(Freenance)はわずかな手数料で大きな補償を得られる、フリーランス向けの収納代行サービスです。

私の場合、営業はほとんど行わず口コミのお客さんばかりなのであまり大きなトラブルにはなりませんが、やはり中には制作途中で連絡が取れなくなり、未払い状態が続いてしまった経験があります。

若い人や女性は足元を見るブラッククライアントというのもいて、それなりの対策をしておかないと危険だな、というのは常々感じていました。

フリーナンスは、相手の性格や素性が良く分からない新規のクライアントからの受注のときに大きなメリットを感じると思います。

また、自分の無知やミスで起こしてしまう情報漏洩や著作権侵害等の損害賠償等の補償も含まれており、起こってしまうと廃業に追い込まれるこれらのリスク対策としては入っておくのがベスト。

というわけで私も登録してみましたので、登録方法を詳しく解説します。

Freenance(フリーナンス)についての詳しい内容は別の記事にまとめていますので、まだよくフリーナンスのことを知らない方は、先にこちらの記事をお読みください。

Freenance(フリーナンス)の登録方法

まずはこちら↓のリンクから公式サイトへ行ってください。

>> フリーナンスに登録する

口座開設設定スタート

① 右上の黄色い「新規登録」ボタンをクリックします。

メールアドレスの設定

② 口座開設のページに移ります。メールアドレスかFacebookまたはGoogleのソーシャルアカウントでも登録できます。

フリーナンス登録画面

パスワードの設定

③ 次に、パスワードの設定画面に移ります。パスワードを設定したら、「フリーナンスの利用規約に同意する」にチェックを入れ、「設定する」ボタンをクリックします。

パスワード設定画面

③ パスワード完了画面になり、電話番号設定に移ります。黒い「電話番号設定」ボタンをクリックします。

電話番号設定

電話番号の設定

④ 「電話番号設定へ」のボタンをクリックすると、認証コードがショートメールで送られてくるので、その中に記載されている6桁の認証コードを入力し、「コードを送信」ボタンをクリックします。

認証コード画面

⑤ 電話番号設定が完了し、次に利用者登録に移ります。「ご利用者様情報登録へ」ボタンをクリックし、次に進みます。

利用者情報の登録

⑥ 情報登録ページに移ります。必要項目をすべて入力したら「口座情報登録へ」をクリックします。

収益受取先のメインバンク登録

⑦ メインバンクの口座入力ページに移ります。メインバンク口座は、収益と経費の引き落としにしているメインバンクの口座を指定するのがいいと思います。

まだ専用の口座を持っていない人は、最初に銀行口座開設をしてからの方がいいと思います。

身分証明書登録

⑧ 次は身分証明書登録です。どれかひとつでいいので、顔写真と現住所が載っている身分証明書の写メを撮って登録します。「ファイルを選択」とすると、写真フォルダかカメラ機能で新たに撮影したものをアップロードできます。

すべて入力したら「確認画面へ」をクリックします。

認証コード画面

⑨ 最後に、入力したすべての内容の確認画面が表示されるので、あとは送信ボタンを押せばそれで完了です!

ご参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました