【2019年10月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

WEBクリエイターの愛用品。手のひらサイズのJBL Micro Wiressスピーカー

JBL Micro Wiress ツール・ガジェット
この記事は約3分で読めます。

みなさん、こんにちは。WEBクリエイターのYAKOです。

今日は久々のガジェット投稿です。

「WEBクリエイターが愛用しているもの」と題して、いつも使っているお気に入りのスピーカーをご紹介します。

当サイトで人気のプログラミングスクール

  • DMM WebCamp  (3ヵ月でRubyエンジニアに)
  • TechAcademy  (オンラインで好きな時間に学べる)
  • GEEK JOB CAMP  (無料でRuby, PHP, Javaを学べる)
  • .Pro(ドットプロ) (マーケティングを意識したカリキュラム)
  • Code Ship (無料でRubyやPHP、Pythonも学べ転職保証付き。年齢制限なし)

JBL Micro Wiress

JBL Micro Wiress

自宅で仕事するときに必ず使っているスピーカー、「JBL Micro Wiress」。

3年ほど前に購入したのでちょっと古いものですが、まだ現役でしっかり動いています。

そもそも、このスピーカーを購入したきっかけは、温泉ノマドでした。

私は1年に何回か山奥の秘湯に籠って記事を書いたりWEBサイトを制作したりしてるんですが、そのときにテレビの音って耳障りで仕事に集中できないんですよね。

テレビも消して、外の川の流れる音とか虫の声を聴きながらっていうのももちろん好きなんですけど、ちょっと音が欲しいときがある。気分転換のときとか、仕事に集中したいときとか。

で、外にも持ち運べて、家でも使えて、かつモノとしての造形も良くて、品質もそこそこいい。そんなスピーカーを探していて見つけたのがJBLのこのスピーカーでした。

JBLとは

JBLとは、James Bullough Lansingというスピーカーユニットの天才エンジニアが創業した会社です。

James Bullough Lansingは1902年生まれ。彼が若かりし20代の頃1920年代はアメリカはジャズの黄金時代でした。「華麗なるギャツビー」の作家、スコットフィッツジェラルドが生きた時代、というと想像できるでしょうか。

1920年代のアメリカ

出典:American Wave Vintage for Modern Life

アメリカ合衆国の1920年代は、「狂騒の20年代」と呼ばれ、社会、芸術、文化が勢いよく発展した時代です。この後1929年のウォール街暴落により世界恐慌の時代に突入したので、20年代はまさに古き良きアメリカの象徴。

JBLのスピーカーはコンサートで使用されていたり、ジャズ喫茶でもちょいちょい見かけるスピーカーメーカーです。

今はハーマン・インターナショナルに買収されています。

JBL Micro Wiressのサウンド

すごくよく響きます。

Bluetoothもよく効いて、10mくらい離れていても大丈夫です。イベント等の仕事でもこのスピーカーを使っていますが、スマホと連動させて遠隔操作できるので重宝しています。

高音とか低音とかにこだわりがあるわけではないので細かいことはお伝えできませんが、ボリュームを最大にしても音が割れず、いい仕事してくれてます。

とても軽くてバックにポイっと入れられるので、仕事はもちろん旅先、BBQ、ホームシアターなんかでも重宝すると思います。

BOSEとかもいいんでしょうけど、コスパがいいのは断然こっち。

今はモデルチェンジして、新しいのが出てますね。

タイトルとURLをコピーしました