テックアカデミー 「梅雨に負けるな!」キャンペーン開催中!

Webデザイナー必見!転職で収入とキャリアUP おすすめ転職サイト

クリエイティブ専門転職エージェント STAGE 2(中級編)
この記事は約7分で読めます。

当サイトGo!Webクリエイターズのテーマは「自分の人生を自由に生きる」。Webクリエイターの仕事はフリーランスととても相性が良く、クラウドスカイプ、Zoomなどの無料アプリやツールを用いてデータのやりとりや打ち合わせも可能なので、どこにいても仕事が可能です。

この記事は将来そんな自由な働き方をしたい!と思う人たちに向けて、Webクリエイターになるまでのステップアップとして利用したいおすすめのクリエイティブ専門の転職エージェントをご紹介します。

この記事では、「自分の人生を自由に生きる」働き方に相性のいい、Webデザイナー向けとエンジニア向けの転職エージェントをご紹介します。

最初に:デザイナー系でいくかエンジニア系で行くか決める

この記事は、主にWebデザイナーからステップアップしてWebクリエイターにいくためのおすすめ転職サイトをご紹介しています。

あなたの適正がデザイナーだけでなく、エンジニアでもいけそう!と感じたら、ぜひエンジニアとしてステップアップしてください。エンジニアも「自由に生きる」働き方として最高の職業です。

未経験からの転職、キャリアアップ転職の成功法

Webクリエイターまでのステップ

未経験からは、まずはWebデザイナーをめざしましょう。未経験からWeb制作を覚えるためには、別記事でまとめていますのでそちらをご参考にしてください。

未経験の方

未経験人でも、Webサイトを作成するスキルがある人なら転職エージェントに登録してください。キャリアアドバイザーには自分のスキルと同時に未経験であることも伝えておきましょう。

すでにWebデザイナーとして働いている方

すでにWebデザイナーとして働いている方で、もっとデザイナーとしてのスキルを高めたいならそのままWebデザイナー職としてキャリアアップや年収アップが見込める企業を紹介してもらいましょう。

WebデザイナーからWebプログラマーやディレクターをめざすなら、プログラマーやディレクター経験がなくてもOKな企業を紹介してもらいましょう。

クリエイティブ系転職エージェントへの登録

Web専門分野に特化した転職エージェントは、大きく分けて2つ、「クリエイター向け」と「エンジニア向け」があります。

クリエイター向けは、Webデザイナー、Webクリエイター、フロントエンドエンジニアの案件が多く、エンジニア向けはRubyやPaythonなど、プログラミング系の仕事を中心に扱っています。

デザイナー系ならクリエイティブ専門、エンジニア系ならIT、エンジニア専門の転職エージェントに登録すべし

Web系の転職はかならずクリエイティブ専門の転職エージェントに登録してください。大手マイナビ転職やリクナビNEXTは多くの企業の登録はありますが、その内容は多岐に渡るためクリエイティブ系に力を入れているわけではありません。

また転職エージェントに登録すると担当者のキャリアアドバイザーがあなたにつくことになりますが、当然クリエイティブ関連の知識があるわけではなく、「一般的な転職」の知識しかないことが多いので、相談していても業界のことに詳しくなくて頼りなさを感じるはずです。

転職エージェントへの登録に際するポイントと注意点を別記事でまとめていますので、併せてお読みください。

クリエイティブ関連企業のみを効率よく探してもらえる

クリエイティブ専門の転職エージェントなら、厳選された優良Web制作企業を中心に、ジャンルが絞られているので効率的に転職先を探してもらえます。

Web業界に詳しいスタッフがささいな悩みや心配事も理解してくれる

実際にクリエイティブ関連企業で働いていた経験のあるスタッフが担当してくれることが多く、ささいな悩みや心配事も理解してくれるでしょう。残業が多い会社は嫌だとか、Web制作会社ではなく事業所勤務のデザイナーになりたいとか、業界に詳しい人だと「あ・うん」の呼吸で理解してくれます。

足りない知識・ポートフォリオや面接攻略アドバイスをしてもらえる

希望する企業が求める人材ニーズにあなたのスキルが足りない場合は、それを的確に指摘してもらえます。転職成功に導くためにポートフォリオを転職のプロの立場からアドバイスしてくれたり、面接で自分をアピールする方法なども教えてくれるので転職エージェントを使うメリットです。

年収アップが望める

どの転職エージェントも、あなたの今のスキルを十分に調査し、そのスキルに見合った案件を紹介してくれます。今の収入に満足していない場合でも、あなたのスキルを正当に評価してもらえていない可能性が高く、転職時に年収アップが望めます。

また、Web業界はひとつのところに長くいても、年収アップは見込めません。積極的に転職しながら年収アップ、キャリアップしていくのがWeb界の常識です。転職回数の多さは特に問題になりません

Webクリエイター向けクリエイティブ専門転職エージェント

こちらはWebデザイナー、Webプロデューサー、Webディレクターなど、Webクリエイター向けの転職エージェントです。おすすめ順に紹介しているので、選ぶのが面倒な人は上から順番に3社登録してください

エンジニア向けの転職エージェントはこの次に紹介しているのでスクロールしてみてくださいね。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

大手マイナビの、Web職とゲーム業界に特化したクリエイティブ部門がマイナビクリエイターです。

キャリアアドバイザーはWebやゲーム業界出身で業界を熟知しているので安心です。

マイナビクリエイターの特徴は「面接対策」「転職のためのポートフォリオ講座」など、魅力的なセミナーを随時開催していることです。セミナーに参加すれば、同じ業界で職探ししている人たちとの情報交換もできるのでいいですね。

もちろん、セミナーに参加しなくても登録すれば担当のキャリアアドバイザーがあなたの履歴書やポートフォリオの添削、面接対策、企業への推薦状の作成などのサポートをしてくれるので安心してください。

GEEKLY

GEEKLY

 

GEEKLYはIT、Web、ソーシャルゲーム業界を専門にした転職エージェントです。大手を中心に非公開求人数を2,000社以上持っていて、Geekly独占の求人案件も扱っているので穴場的存在です。

また、スキルアップ転職でWebプロデューサーやディレクター、エンジニアなどの転職では年収700万円以上の案件も扱っているのが特徴です。

30代までという条件が多いWeb業界で、Geeklyは50代の転職までフォローしてくれます。

レバテック・キャリア

レバテックキャリアは、「年収アップ」に力を入れているクリエイティブ専門の転職エージェントです。IT、Web系エンジニア、クリエイター向けなので、デザイナーもエンジニアも登録可能です。

登録企業も大手案件を中心に随時4,000社あるので、その中からあなたのニーズにマッチングした企業を紹介してもらえます。

TechStars Agent テックスターズエージェント

テックスターズエージェントはWebデザイナー、エンジニア向けの転職エージェントです。エンジニア向け企業案件の方が多い印象ですが、デザイナーの案件も扱っていて検索できるので、興味のある会社があれば登録しておきましょう。

まとめ

Web職は、ハローワークや就職情報誌で直接企業面接に挑むのではなく、クリエイティブ専門の転職エージェントに最低3社登録し、自分の希望に合った企業を紹介してもらいます。

聞きづらい残業時間や年収など、キャリアアドバイザーがあなたに変わって企業と交渉してくれたり、ポートフォリオにアドバイスしてくれたりするので、使わない手はありません。しかもすべて無料です。

この記事では、おすすめ順に紹介していますので、どのエージェントに登録していいかわからないという人は、上から順番に3社登録で大丈夫です。