【2019年9月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

WEBクリエイター愛用のイタリア製・革のリーガルパッドホルダー

リーガルパッドホルダー ツール・ガジェット
この記事は約2分で読めます。

私が毎日ToDoリストとして使っているのが、リーガルパッドです。

で、このリーガルパッドなんですが、日本のレポート用紙に非常に似ているものの、カバーがついていません。その理由は、気楽にビリっと破って捨てる、というのがリーガルパッドの本来の使い方だからです。

カバーが付いていないので、鞄の中にむき出しで入れておくと、確実にグチャグチャになります。

私の場合、リーガルパッドを持ち歩くことはあまりせず、常に机上に置いて使っているのでリーガルパッドホルダーが必要か? と問われれば必ずしも必須ではないんですが… でもあると非常に所有欲を満たすアイテムなのです。

当サイトで人気のプログラミングスクール

  • DMM WebCamp  (3ヵ月でRubyエンジニアに)
  • TECH ACADEMY  (オンラインで好きな時間に学べる)
  • .Pro(ドットプロ) (マーケティングを意識したカリキュラム)
  • Code Ship (無料でRubyやPHP、Pythonも学べ転職保証付き。年齢制限なし)

私の愛用品|イタリア製The Bridge(ザブリッジ)のリーガルぱどホルダー

リーガルパッドホルダー

これです。

イタリア革職人の手により、ベジタブルタンニン鞣しで丁寧に作られたもの。日本では残念ながら代理店がなく、フィレンチェ、ドイツ、ロンドン、香港の展開のようです。

リーガルパッドホルダー

厚みはこんな感じ。結構入ります。

ジッパーでぐるりと開閉するタイプなんですが、元々はただパタリと閉じる一般的なタイプを使っていました。

でも使っていて「ジッパーで閉じられたらなぁ」と何度も感じたことがあり。これは人それぞれに好み&こだわりがあるようで、シンプルに畳むだけのものだけがいい、という人もいるようです。

私はジッパー派。

リーガルパッドホルダー

開くとこんな感じ。

右側にレポートパッドをセッティングできるポケットがついています。

中央にペンホルダー。私は細めの万年筆を差しています。

左側にはカードポケット2か所、大きなオープンポケット2か所、マチ付きオープンポケット1カ所。

リーガルパッドホルダー

マチ付きポケットのところには、MacBook11インチがすっぽり入ります。

名刺や付箋などを小さなポケットに。このリーガルパッドホルダーひとつで、ノマドワークが可能です。

リーガルパッドは究極のToDoノート

リーガルパッドを使ってから、劇的に仕事のやり忘れがなくなりました。

思いついたアイデアを書き留めておき、あとで重要なことはiPadに書き写したりすることで、頭の中がスッキリするような気がします。

詳しい使い方に関しては、「リーガルパッドって知ってる?仕事が捗るシンプルで最強のノート術!」にまとめていますのでご参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました