【2019年7月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

伊東屋だけじゃない!リーガルパッドホルダー選び。おすすめのケースを紹介

オーガナイザー ツール・ガジェット
この記事は約8分で読めます。

私はリーガルパッドを毎日仕事に愛用しているのですが、日本ではあまり馴染みがなく、ホルダー選びにはとても苦戦しています。

そこで、リーガルパッドホルダーの選び方やおすすめのホルダーをご紹介します。

WEBクリエイター歴15年の私がご説明します。毎日のToDoに欠かせないアイテム。リーガルパッドホルダーも必需品です。

リーガルパッドについて

リーガルパッドってなに?という人は、詳しく説明している記事を書いているのでご参考にしてください。

リーガルパッドホルダーってそもそも必要なの?

卓上で使い、持ち運びをしないなら必要ありません。でもリーガルパッドを使い出すと欲しくなるから不思議。

リーガルパッドホルダーの選び方

サイズを決めよう

リーガルパッドは8×11インチのA4サイズに近いレターサイズと、A5サイズに近いジュニアサイズがあります。

私はレターサイズを愛用しています。

パッドの大きさは脳の容量と比例する感じ。大きい紙面の方がゆったりと書くことができ、紙面が狭いとチマチマ書かなくてはいけなかったり、そもそも書ききれない、ということが出てきます。

Amazonで販売されているオフィスデポのリーガルパッドは普及率がレターサイズの方が高いからか、12冊セットがジュニアサイズよりレターサイズの方が安いのも理由。

種類を決めよう

リーガルパッドホルダーはだいたい仕様が決まっていて、右側にリーガルパッドをセットし、左側には切り離したリーガルパッドを一時的に保管しておくファイルがついています。

ジッパー開閉タイプの持ち運びしやすいタイプもあります。

素材を決めよう

素材はPP(ポリエチレン)、合皮、本革のものが主流です。

PPのものは価格が安く、最初のリーガルパッドホルダーとしてはいいと思います。実際に使ってみて、もっと高級なものが欲しいと思えば革製のものを選んでもいいと思います。

PPは安いですがボロボロになっても使い捨て感覚で気楽に使えますし、万が一机の上でコーヒーをこぼしても拭けばいいだけ。ただし360度に折り返して使うことが多い人は劣化が早いかもしれません。

合皮はPPよりも高級そうに見えるものが欲しい、だけど本革ほどのコストはかけられない、という人におすすめ。

本革は所有欲を満たしてくれますし、使い込んだときの経年変化を楽しむことができます。

ただ、高価であること、仕様が気に入らないと使い勝手に繋がるのである程度リーガルパッドの使い方に慣れ、自分スタイルが確立してからベストな本革を選ぶほうがいいかもしれません。

ペンホルダーはいる?いらない?

卓上だけで使うなら、ペンホルダーは必要ないかもしれません。ペンを差すと厚みが出るので、シンプルで薄い方がよくて卓上でしか使わないなら、ペンホルダーの有無にはこだわらなくてOK。

おすすめのリーガルパッドホルダー

伊東屋オリジナル リーガルパッドホルダー レターサイズ

王道のリーガルパッドホルダーは銀座伊東屋のもの。使っている人は多いですね。

というか、国内では種類が少なく選べる状況ではないので、その中でも比較的定評のある伊東屋のリーガルホルダーに行きつく、という感じでしょうか。

色は黒のみで、素材はPP、スムース鬼シボという型押しタイプのものがあります。サイズはレターサイズと、ジュニアサイズの2種類。マチも薄く、360度折り曲げて立ってメモするにも便利です。

ペン差しが付いていますが、ジュニアサイズの方はペンを差すとノートと干渉して閉じなくなってしまうそうなので要注意。

お値段はレターサイズが1944円、ジュニアサイズが1080円と比較的リーズナブルで、それが人気の理由でもあるようです。

安いですが老舗文房具屋の銀座伊東屋さんのオリジナル商品だけあって、しっかりした作りです

鞄に入れてもスッキリ持ち運べます。

トトノエ レポートパッドホルダー

日本ではリーガルパッドホルダー自体の数が少ない上、一般的に販売されているのは黒や茶色の男性っぽい色やデザインのものばかり。

トトノエのレポートパッドホルダーはレッドクリームの3色あり、オッサン臭さを払拭してくれます。

こちらはボール芯にPPが貼られている仕様ですので、耐久性はイマイチかもしれません。360度折り曲げて毎日酷使すると、負荷のかかる所が破けてくると思います。

本革製の本格派 淡路鞄工房のリーガルパッド

淡路鞄工房という日本の皮革製品を作る会社が丁寧に作っているリーガルパッドホルダー。

リーガルパッド

開くとこんな感じになっています。

切り離したリーガルパッド用紙を左側に挟んだり、入手したパンフレット等を暫定的に挟んでおけるポケットがあります。

名刺入れも2つ付いているので、名刺やカードを入れるのに便利ですね。

残念なのは内側が合皮なこと。オール本革にすると価格が高騰してしまうことと、ある程度ハリがないと用紙や名刺をホールドすることができないからかも。

リーガルパッドホルダー

色も豊富に揃っているので、男女共に自分のお気に入りのアイテムが見つかりそうです。

イタリア製のリーガルパッドホルダー

CHIARUGI キアルージというイタリアのメーカーのもの。

一見して上質な革を使っているのがわかります。さすがイタリア製。

CHIARUGI キアルージ

色はキャメルネイビーと揃っています。

ジッパーで開閉させるタイプは正式にはリーガルパッドホルダーではなく「ポートフォリオホルダー」と呼ばれるものです。

ジッパーが付いているので持ち運びがしやすく、中に挟んだ書類も落ちません

デメリットとしては360回転させてコンパクトに使うことができないので場所を取ること、メモを取るときにジッパーが腕に当たること、重いことです。

車社会で通勤も車、という文化のアメリカでは、重さは懸念事項にならないのでしょうね。

本革のポートフォリオホルダーになると、1kg前後のものが主流になるようです。

PENCO クリップボード

私のスタイルは、バインダーに挟んで使う、極シンプルなものです。

軽いしシンプルだし、常に机の上に置いてチェックしながら一日の作業を進められます。

そのまま鞄の中に入れると折れ曲がってしまいますが、バインダーごとクリアファイルに入れてしまえばリーガルパッドがぐちゃぐちゃになる心配もありません。

ですが、大事な商談のときにはカジュアル過ぎて相手に失礼にもなるので、やはりリーガルパッドホルダーはひとつ用意しておいたほうがいいな、と思うところです。

あと、会社で使うときに次の日の予定を書き込んでそのまま置いておくと丸見え、というデメリットもあります。

まぁ、裏返して置いておけばいいだけのことなのでさほど大きな問題ではありません。

番外編 高いけど所有欲120%満たされる編

伊東屋のリーガルパッドから入り、その便利さに開眼して革製の高級品に目が行く、というのはリーガルパッド愛用者なら辿る道。

正直、革製のものよりり伊東屋のリーガルパッドの方が使い勝手がいいのは事実だったり。360度回転できて下敷き替わりにもなり、かつ安くて気楽に使え、薄くて場所を取らない。

革製のリーガルパッドホルダーは、奥が深い

日本には革製のリーガルパッドは、選択肢が限られていますが、海外に目を向けるとすごいたくさん素敵なリーガルパッドが見つかります。

ちなみに、革製の製品は個人輸入時に関税がかかってしまいますが、Amazonに海外発送できるホルダーに関しては、多くが「関税込み」となっています。

つまり、関税を先払いしているので、日本で受け取ってから発送業者に関税を払う必要はないので、関税がいくらかかるかビクビクせずに、あなたの予算にあわせて選ぶことができるのです。

私が目をつけている海外のリーガルパッド

【イタリア製】the bridge

リーガルパッドホルダー リーガルパッドホルダー

厳選された革しか使わず、専門の職人が20回以上ものなめしを行い、さらにそこから良い革だけに絞って作られる、イタリアではけっこう有名な革専門店です。革はすべてイタリア産のもの。

2019年4月16日追記:このホルダー、手に入れました。後ほどレポします。

【イギリス製】SMITHSON

スマイソン スマイソン

イギリス王室御用達の革製品の高級文具ブランド。最近は日本でも雑誌でよく取り上げられていますね。

シンプルで上質、一見してどのブランドかはわからないけれど、素人目にも上質であることがわかります。

ただ、残念なのがイギリスでは縦型のレポートパッドを使う習慣があまりないのか? 見開きノート型しか差し込めません。なんとか工夫して入れたいものですが・・・

お値段もとびきり上等で、日本だと91,000円します。

牛革の型押しやヤギ革製、色も数種類あるので、本当に気に入ったら一生ものとして使えそうです。

スマイソンの商品は、数は少なめですがヴォルカナイズ・ロンドンで取扱があります。スマイソン公式サイトからの購入も可能です。

まとめ

リーガルパッドは厚紙の表紙がないので鞄に入れて持ち運ぶとぐしゃぐしゃになってしまいます。

そこで「リーガルパッドホルダー」の登場なのですが、リーガルパッド自体、まだ日本には浸透していないためか、海外ではよく見かけるホルダーなのに日本では限られています。

私が購入する際に参考にした選りすぐりのリーガルパッドホルダーをご紹介しました。

ご参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました