テックアカデミー 「梅雨に負けるな!」キャンペーン開催中!

毎年外国で3ヶ月暮らす。そんな夢を叶える働き方を実現させよう

外国暮らし コラム
この記事は約3分で読めます。

 

外国のカフェで仕事するノマドワーカーに憧れる…

でも、住民票を移してまで外国に暮らすのはちょっとハードルが高いわ

そんな人は多いのではないでしょうか。

そこで、「年に3ヵ月だけ海外ノマドして、残りは日本でノマドワークする」という提案です。

3ヵ月なら「旅行」ではなく「生活」を体験できる

1週間程度の旅では、短い日程の中でできるだけ多くの観光ポイントを回りたい、と思って予定を詰め込んでしまいますよね。ホテルを予約して朝食ビュッフェ付き。毎日部屋も掃除してもらえる。

快適ではありますが、現地の人たちと同じような生活をしている気分とまではいきません。

3ヵ月も滞在するなら、ホテルではなくアパートメントの契約になるでしょうし、スーパーマーケットで買い物をして自宅のキッチンで料理したり、現地の語学学校に通うというのも可能です。

生活すると、旅行では見えなかった生活文化や現地での暮らしが経験できます。

3ヵ月なら観光ビザで滞在可能な国が多い

ビザ不要で滞在できる国

外務省によると、ビザ不要で滞在できる国はなんと68の国と地域があります。うち64カ国は90日までの滞在ができるので、約3か月間ノービザで暮らせる国が多いのです。

対面で打ち合わせやミーティングが必須な案件もある

年間通して海外に暮らすのは現実的に厳しいケースもあります。

たとえば、完全なフリーランスエンジニアだとしてもクライアントとの打合せを必須としている案件もあり、いつでもどこでもLINEやスカイプで打ち合わせができるとはいえ、抵抗感を示すクライアントも少なくないからです。

何かあったときに「すみません、海外なのですぐに日本に帰れません」というのは企業側にとってリスクになれば、国内のノマドワーカーに仕事を流すでしょう。

なので、完全に海外で仕事ができる案件が取れたらサクっと外国に行って、3ヵ月程度暮らすというのは国内と海外のいいとこどりで仕事が可能です。

日本で持ち家がある場合、3ヵ月ならリスクが低い

日本に持ち家がある場合、数年にわたり長期で海外に暮らすとなると、その間定期借家として不動産屋さんに頼んで賃貸に出すならその手続きや準備が必要です。そういうのは面倒臭い、と感じる人は空き家にすることになりますが、人が住んでいないと家の劣化は加速しますし、空き巣の問題もあります。

人に貸すならその間、家財道具一式を処分したり別の場所に預ける必要も出てくるわけで…

長期ノマドが可能な人は、親が健在で自分の荷物一式預かってもらえるとか、いつでも帰る家があるという人なら敷居が低いですよね。

ある程度年齢が行って、それなりに家財道具や荷物がある人は夫婦で長期海外に、というのは現実的に考えづらいかもしれません。

3ヵ月程度の滞在なら、親戚にお金を払って定期的に風通しをしてもらうことも可能でしょう。

色んな国を旅して、本当に気に入った国があれば長期移住や永住も考えられる

どこの国にも一長一短はあるわけで、経済、環境、治安、税金、医療、など多面的に見て「この国は理想的!」と思える国があれば、そこを拠点に生きる選択もできますよね。

最初から長期移住はハードルが高くても、3ヵ月程度の海外ノマドを何回か経験すればコツやノウハウも蓄積されますし、最終的に長期移住をしたいと思ったときに、総合的に暮らしやすい国の判断材料になります。

海外ノマドに相性の良い職種をまとめた記事を書いています。良かったらご参考にしてください。