【2019年9月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

評判高し!Cocoparのモバイルディスプレイが凄い!実レポ紹介

モバイルディスプレイ ツール・ガジェット
この記事は約8分で読めます。

ノートPCって便利なんだけど、外出先で仕事するときに13インチでも画面が小さくて、タブを切り替えながら作業するのがすごくストレス…なんかいい方法ないかな

SSDのハードディスクになってからノートPCは軽くなったしファンの騒音もなくなって、メインマシンにノートPCを使っている人も多いと思います。

でも何かを参照しながら記事を書いたり、Photoshopやコーダーを同時に開いて作業するWEBデザイナーにとって、13インチの画面でタブをいちいち切り替えながら仕事をするっていうのはけっこうキツイ。本当にキツイ。

私自身がすごく不満を抱いていて、モバイルディスプレイを導入したらアッサリ解消できたので、レポしようと思います。

当サイトで人気のプログラミングスクール

  • DMM WebCamp  (3ヵ月でRubyエンジニアに)
  • TECH ACADEMY  (オンラインで好きな時間に学べる)
  • .Pro(ドットプロ) (マーケティングを意識したカリキュラム)
  • Code Ship (無料でRubyやPHP、Pythonも学べ転職保証付き。年齢制限なし)

cocopar®2018最新15.6インチHDRモバイルタッチモニター

購入したのは楽天市場。購入して翌日には配送されました。

仕様

メーカー名cocopar
商品重量599 g
梱包サイズ35.3 x 22.3 x 8.8 cm
メーカー型番156-4glass-touch
カラーブラック
商品の寸法 幅 × 高さ22.3 x 8.8 cm 最薄部4㎜
画面サイズ15.6 インチ
解像度1920×1080
アスペクト比16 : 9 /4:3
パネルIPS LEDタッチパネル 10点マルチタッチ
対応OSWin7、Win8、Win8.1、Win10、Mac ドライバ不要

厚さ4㎜、重さたったの580gの15.6インチディスプレイ

cocoparディスプレイ

実家にて。この薄さと軽さに惹かれました。

私はパラレルワーカーで、基本は某企業で広報の仕事をしていますが、WEBデザインもすればフロントエンドも行うし、パンフレット等のエディトリアルデザインも看板制作なんかもやります。

それから趣味でもあるブログで記事執筆もしていて、他にもいくつかブログを運営しています。

東京に自宅があり、勤務先も東京。実家は千葉で、仕事をする場所は基本この3か所と、早朝会社近くのカフェで仕事をしたりします。

持ち運ぶことが多いスタイルなので、とにかく軽量コンパクトを重視していました。

色々調べ尽くしましたが、15インチのモバイルディスプレイの中では最薄・最軽量です。

普段持ち歩いているガジェット類

フルスペックでガジェットを持ち運ぶときに持ち歩いているもの。

  • 13インチPC(hp Spectre x360)
  • Bluetoothマウス
  • Wifiモバイルルーター
  • iPad mini4
  • スマホ(iPhone7)
  • HHKBキーボード
  • Bluetoothヘッドフォン
  • アダプター類

これに外部ディスプレイを導入するとなると、かなり嵩張るし重くもなるので、とにかく軽量・コンパクトにこだわりました。

モバイルディスプレイを使った自宅での仕事風景

モバイルディスプレイ

リアルにこんな感じ。

iPad mini4にはAmazonプライムの動画が映ってますww(民王)。

ディスプレイが2つに増えると、作業がかなり楽になります。導入して良かった度200%!

結構デスクの広さは必要になりますね。

私がいつも愛用している会社近くのカフェは、ノマドワーカー用に電源も充実していて大きなデスクもあり、早朝人がすくない時間ならモバイルディスプレイを広げても気にならない貴重なカフェです。

旅先でのノマドワークに最高

まだ買ったばかりなので試していませんが、旅先でのノマドワークにも最高だと思っています。

私は年に5回以上の秘湯温泉めぐりと年1回の海外旅行を趣味にしているのですが、旅先の宿でブログを書くのはとにかく幸せな気分にさせてくれます。

海外旅行のときは観光がメインで記事執筆は夜の時間にちょこっとしかできないことも多いですが、山奥の秘湯に籠るとき、温泉に入っては部屋でブログを書き、また疲れてきたら温泉に浸かり、という時間が最高です。

最近では秘湯でもWifi完備している宿も増えてきて、温泉ノマドの定宿にしているお気に入りの秘湯がいくつかあります。

友人と行くときは失礼になるかな、と思い持っていきませんが、高齢の父と行くときは必ず持っていきます。父も部屋でほぼゴロゴロしているだけなので、思う存分温泉ノマドができます。

コード類は一通り揃っている

アダプター

こんな感じで、PCのメーカーにとらわれずに使用できるコードが4本入っています。

モバイルディスプレイ

薄いポリシートに包まれていますが、ケースにはキッチリ緩衝材が入っていて中でズレることもなく、しっかりした梱包でした。

ディスプレイカバー

タッチパネルが便利

モバイルディスプレイでタッチパネルの恩恵を感じるのは、ノートPCとミラーリングしてクライアントに説明するときですね。

小人数での会議時も、モバイルディスプレイを他のスタッフに見せながら説明するのにとても便利です。

ちなみに、オーストラリア人の仕事仲間に見せたらすごく欲しがって、即日注文していました。

Amazon.comでは販売されていないので、欧米では買えないみたいです。

高級感のある外観

Cocopar

光沢があり、かなり高級感があります。安っぽさはないピアノブラック。

あと、どこにも「Cocopar」というロゴがないのも好印象です。

カバーはスタンドにはちょっと不安定

ディスプレイには専用カバーがあって、使用時はスタンド代わりになる…と思っていましたが不安定なので鞄の中で傷つけないためのカバーとして割り切って使う方がよさそうです。

写真は楽天のサイトから引用していますが、とても写真のようには使うことはできません。

私は代わりにノートPC用に買っていたPCスタンドを使っていますが、とてもいい感じです。

この商品の唯一残念な点はカバーですね。

2019年4月11日追記

レビューをしたらオマケでスタンドがもらえる、というメッセージカードが入っていたので、早速レビューを書いて連絡すると、なんと素晴らしい高級そうなディスプレイスタンドが届きました。

このスタンドがあれば、カバーが残念…なんてデメリットは完全に払拭されます。

カバーをスタンドとして使う必要はなくなり、あくまでもディスプレイを傷つけないための用途に限定されるので。

Cocoparのディスプレイを買ったら、絶対レビューすべし!

購入検討した他のモバイルディスプレイ

モバイルディスプレイを購入するにあたり、他にもいいな、と思ったものがありましたので紹介しておきます。

I-Oデータ LCD-MF161XP

I-Oデータの日本製。DisplayPort Alt Mode対応のUSB-TypeCのあるPCなら使用できます。

日本製というだけで「コレに決めよう!」と思ったモバイルディスプレイです。値段も私が購入した台湾製cocoparと同じくらいなので、日本製のI-Oデータの方がいいじゃん!と思いますが、こちらは重さが約900g

cocoparが580gなのでその差は約300gもあるので私は軽量を取りました。

300gというと小さなペットボトル飲料1本分ですが、他のガジェットも色々持ち歩くモバイル用途だとちょっと重いなぁという感じ。

それほど持ち歩くことがない、自宅でデュアルディスプレイにして使いたいという人はこちらの方が日本製という意味で安心かもしれません。

ASUS MB16AC

ASUSのモバイルディスプレイ。これを実際に使っているブロガーの記事を読んで、一気に購買意欲がマックスになってしまいました。

こちらも15.6インチ、重さは798gの約800g。

ASUSはPCユーザーも多いですから、比較的安心して購入できる台湾製品じゃないでしょうか。

Cocopar 4Kディスプレイ

私が購入したCocoparからは4Kディスプレイも出ています。

お値段もほぼ同じ29,999円で楽天市場で購入できます。

ただ、重量760g、厚み15㎜と、若干嵩張り重い。とはいえ、I-OデータやASUSよりも軽いので、4Kが欲しい人にはおすすめです。

メインマシンがノートPCなら買って絶対後悔しません

今はパラレルワーカーとして企業の仕事も個人の仕事もやっているので、私のスタイルではノートPCの方が都合がいい。

自宅据え置きで使用するなら、ノートPCに24インチ以上のディスプレイを導入すればいいだけだし、ノマドワークするにもメインマシンになりうるスペックのノートPCは必須です。

15インチのモバイルディスプレイは、13インチのノートPCとデュアルディスプレイにして仕事をすると、まったくストレスがなくなります。

鞄に他のガジェット類と一緒に入れても薄さ4㎜、580gしかないので、女性でもストレスになりません。

バックパックにしてしまえば体感重量はもっと軽くなります。

2019年に購入して良かったものベスト3に確実に入ると思えるディスプレイです。

ご参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました