【2019年10月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

ディレクション未経験のデザイナーがWEBディレクターを目指す方法

面接 STAGE 2(中級編)
この記事は約6分で読めます。

 

ツグミ
ツグミ

WEBデザイナーですが、ディレクション経験がまったくありません。しかも、今の会社でディレクターがいないから、どんなことをするのかもハッキリわかりません。

こんな私がWEBディレクターに転職する場合、何か方法はありますか?

 

大丈夫です。WEBクリエイター歴15年、エディトリアルデザイナーの経験もいれるとトータル25年クリエイティブ業界で生きてきた私がご説明します。

当サイトで人気のプログラミングスクール

  • DMM WebCamp  (3ヵ月でRubyエンジニアに)
  • TechAcademy  (オンラインで好きな時間に学べる)
  • GEEK JOB CAMP  (無料でRuby, PHP, Javaを学べる)
  • .Pro(ドットプロ) (マーケティングを意識したカリキュラム)
  • Code Ship (無料でRubyやPHP、Pythonも学べ転職保証付き。年齢制限なし)

WEBディレクターのまともなサンプルが身近にない!

WEBデザイナーでWEBディレクターにキャリアアップしたくても、自信が全くない、という人は多いはず。

こんな環境で働いているWEBデザイナーならそういう悩みはもっともです。

  • インハウスデザイナーで要件定義を作る必要性がない
  • インハウスデザイナーで、色んな業界のデザイン経験がない
  • 社内にWEBディレクターがいない。社長がディレクションしているが、いまいちな感じ。
  • 会社のWEBディレクターが残念。要件定義がちゃんと作れないし、工数計算もあいまいでいつも残業

つまり、身近にWEBディレクションのまともなサンプルがなく、実務で覚えられないどころか、具体的にどうしたらいいのかさっぱりわからない、というケース。

こういうWEBデザイナーがWEBディレクターに転職するための具体的な方法をお伝えします。

ディレクション経験なしのデザイナーがWEBディレクターを目指す方法

企画・プレゼン

その① まず、ディレクションの概要をつかむ

市販書籍でディレクションの概要を掴めるのはこの本。ディレクター不在で仕事の内容がわからない、って人はまずこれをどうぞ。

その② テックアカデミーの「WEBディレクションコース」でピンポイントでディレクションを学ぶ

エンジニア デザイナー
テックアカデミーキャンペーン情報
学習形式オンライン

  • コースの種類が非常に豊富。ほぼ学びたいものが見つけられる
  • ディレクター、マーケティング、UI/UXなど他のスクールにはないコースがある
  • 受講料がリーズナブル
  • マンツーマンによるマンツーマンによるメンタリングサポート
  • チャットサポートで随時質問・即回答(毎日15時~23時)
  • 回数無制限の課題レビュー
  • 勉強の進捗管理はメンターが行ってくれる
  • 挫折しないよう、メンターが宿題を出して着実にステップアップできる
  • オーダーメイドカリキュラムで無駄のない学習が可能
  • 卒業制作がそのままポートフォリオになる
  • 全国で受講可能
  • 忙しい社会人でも学びやすい
  • スクールコンテストがあり、モチベーションアップできる
受講料金89,800円/1ヵ月~ (コースによって異なる)
コースWEBデザインコース、UI/UXコース、
WEBディレクションコース、WEBマーケティングコース
受講期間1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月・4ヶ月
対応時間15:00~23:00
転職サポートあり
分割払いクレジットカード決済可能
学べる言語・スキルPhotoshop・Illustrator・HTML(5)・CSS(3)・JavaScript・jQuery・Wordpress

ディレクション経験がないなら、作ればいい。

ただ、自己流でやってしまうのはダメです。

自己流で要件定義書とか作って、ママゴトみたいに自社サイトの架空要件定義書を作ってみたところで、実際にディレクターになったときにデザイナーやエンジニアから激しい突き上げに合うだけです。

「このディレクター、ちゃんと工数計算できてんのかよ! 納期間に合うわけないだろ!」とか

「クライアントに要件定義でちゃんとヒヤリングしてんのかよ! 最初の話と全然違うじゃん! デザイン作り直しなんて、赤字じゃないの!?」

みたいなことですね。

ディレクターは上級職なので、それだけのスキル・知識・実力・人望がないといけません。

現場で手を動かすデザイナーやエンジニアは厳しい目を持っていますし、ディレクター顔負けの知識がありながら、現場のデザインやプログラミングが好きであえてその職に留まっている、という強者もたくさんいますから。

で、そのスキルや実力はどう身につけるの? ってことですが、「TechAcademy」というオンラインのプログラミングスクールに、ピンポイントで学べるコースがあります。

Webディレクションコース

実務を想定した提案書・設計書・ワイヤーフレームの作成など、ディレクターに必要なスキルが身につけられる、ピンポイントのコースです。

  • 写真素材の撮影(メインビジュアルの撮影ディレクション)
  • 提案書・設計書作成(要件定義、様々な調査から提案書・設計書の作成)
  • ワイヤーフレーム(ユーザーシナリオと動線設計からワイヤーフレームの作成)
  • オリジナルドキュメント(実務を想定した提案書・設計書・ワイヤーフレームの作成)

このコースは、実際にオンラインで学習しつつ実践も行い、あなたが実際に作った要件定義書や設計書などを、プロの現役WEBディレクターにチェックしてもらい、指導してもらえるので、本物のディレクション力が身につきます。

ピンポイントでWEBディレクションが学べるスクールは、今のところテックアカデミーしかありません。

その③ 東京デザインプレックス研究所で「何もかも」手に入れる

WEBデザイナーWEBマスタースマートフォンデザイナーWEBディレクター
東京デザインプレックス研究所
通学場所 東京都渋谷区道玄坂2-10-7新大宗ビル2号館9F(渋谷駅徒歩5分)
学習形式通学(定員:10~16名)

  • WEBサイト制作とUI/UX設計を基礎から実務レベルまで学ぶ
  • 高度なWEBデザインスキルを身につける
  • 人間中心設計(HCD)、行動経済学、人間工学、感性工学の概念を理解し、プロダクトに反映できるスキルを習得する
  • Webサイト、iOS、Androidアプリケーションのユーザー体験を最大化するUI設計を本格的に学習する
内容
めざす職業WEBデザイナー・WEBマスター・スマートフォンデザイナー・WEBディレクター
料金(税抜)[入学金]30,000円 [受講料]580,000円 [教材・実習費]50,000円
[合計]660,000円
開講月1月/2月/4月/5月/7月/8月/10月/11月
対応時間夜間部 19:15-21:45/7ヵ月-10ヵ月間(週2-3回)
土or日/7ヵ月-10ヵ月間(週1-2回)
昼間部 10:00-15:45/3ヵ月間(週3-4回)
対応資格WEBクリエイター能力認定試験エキスパート
アドビ認定アソシエイト
転職サポートあり
身につくスキル

Phothop
Illustrator
HTML5
CSS3
JavaScript
jQuery
デザイン理論
PHP
MySQL
Wordpress
制作実習
AI/UI/UX
スマホサイト制作
レスポンシブデザイン
WEBマーケティング
WEBディレクション

[プレックスプログラム]
コンセプトデザイン
ボーダレスデザイン
ソーシャルデザイン
デザインストラテジー
デザインプロセス
プラスデザイン
デザイントレンド
デザインシステム
デザインプレゼンテーション
コミュニケーションデザイン

東京デザインプレックス研究所で学ぶべき人

インハウスデザイナーの人は、デザインの経験不足にも悩んでいると思います。

  • コーポレイトサイトしか作ったことがない
  • 自社サービスのジャンルしか詳しくない
  • ゼロからデザインを起こしてWEBサイトリニューアルさえしたことない
  • 日々の業務は「お知らせ」の更新とか、画像の貼り付けとか、その程度

また、WEB制作事務所で働いている人も、同じように「LPサイトメインの会社だった」とか「バナー制作ばっかりやらされていた」という人もいると思います。

すでになんらかの専門学校を出ている人ならあらためて勉強し直す必要はありませんが、独学でやってきた人、採用された部署がたまたま広報とか制作部で、「日々の更新業務だからあなたにもできる」なんていう感じの人とか。

そういう場合、どこかでしっかりWEBデザインを勉強しておかないと、ズルズル時間が過ぎるし、いつまでも自信がなく仕事をすることになります。

自信がないなら、ディレクターになんてなれません。ディレクターはデザイナーにダメ出しする立場なんで、デザインの良し悪しを理論やマーケティングの視点から的確にジャッジする能力が必要です。

それに加えてプロジェクトを推進するためのチームの要となるポジションなので、スケジュール管理や工数計算など、管理業務も必要になります。

なので、WEBディレクターになりたいけれど、それ以前にWEBデザイナーとしてのスキルがあやふや… という人は、ぜひ「東京デザインプレックス研究所」を候補に入れてください。

東京デザインプレックス研究所は、プロの視点からいってもカリキュラムは控え目にいっても最高。

お金を払って勉強するだけの価値は十二分にあります。

このスクールを修了したら、あなたの自信のなさなんて吹き飛び、一気に「デキるWEBデザイナー、WEBディレクター」のポジションに行けます。

就職・転職支援もバッチリですし、資格も取れますから、転職にはかなり強いですよ。

今の環境を客観的に判断せよ。ダメなら今すぐ行動を

今の会社で働き続けて、あなたには「経験」「スキル」「人脈」が身につきますか?

WEBデザイナーで食っていけない、と嘆く人もいますが、それは的確なタイミングで「行動していない」人たちだと思います。

経験もスキルも積めないのに「この会社を辞めたら後がない」という思い込みで動けないのはもったいないですよ。

そのまま居続けても先がない会社なら、もっと貪欲に行動すること!

あっと言う間に年とって、後で後悔することになりますよ。

行動できない理由が「今のスキルが全然足りていないのを実感している」ということなら、「だったらスキルを身につければいいだけ」なんです。答えはシンプルなんですよ。

今すぐ行動しましょう。

やってしまったことの後悔は日々小さくなるが、やらなかったことの後悔は日々大きくなる

林真理子の名言

この記事で紹介したスクール

頑張っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました