目次
比較
特集
【2020年2月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

PhotoshopでWebデザインするときのフォントの注意

この記事は約3分で読めます。

PhotoshopでWebデザインを作るとき、独学の人や初心者がやりがちな「あるある」で、フォントに書式設定でボールド(太字)にしたりイタリック(斜体)にしてしまう、ということがあります。

画像化する場合にはそれでもいいですが、フロントエンドエンジニアやコーダーにデザインを渡すとき、書式設定でフォントに装飾をつけていると「使えねーよ!」と突き返されることになります。

Photoshop書式設定

上の画像はPhotoshop CCの書式設定プロパティです。

Photoshopでは、このように感覚的にボールドやイタリックの加工が書式設定でできてしまいます。

でもWebデザインからコーディングする際、デザイナーが意図したここでの書式設定をCSSで指定するとき、Web上で実装することはできません。

強調文字を太くする場合は、”font-weight:bold;” を基本的には使いますが、タイトルやキャッチコピーなど大きいサイズで使用する場合は安易に多様せず、Webフォントを使いましょう

日本語の場合、font-familyで使える太いフォントはないので、text-decorationでbold指定をします。

文章中の文字を太くしたいときは、text-decoration:bold; で指定し、ロゴやキャッチなど大きな文字にはWebフォントを使いましょう。

英字の場合は、フォントの種類が色々使えます。たとえばArialフォントではフォントの種類で太さや字幅を変更できます。

Arial Regular (font-family: ” ‘arial’, sans-serif;” )
Arial Narrow (font-family: ” ‘arial narrow’, sans-serif; ” )
Arial Bold(font-family: ” ‘arial bold’, sans-serif; “)
Arial Black(font-family: ” ‘arial black’, sans-serif; “)

WordPressの初期設定では、「B」の文字装飾はboldではなく<strong></strong>タグが入ってしまいます。

strongタグは強調タグで、以前はキーワードにつけてSEO効果を上げる手法を取っていましたが、現在のSEOでは極力使わない方がいいとされています。

当サイトで人気のプログラミングスクール

  • DMM WebCamp  (3ヵ月でRubyエンジニアに)
  • Code Village  (フロントエンドエンジニアになれるスクール)
  • TechAcademy  (オンラインで好きな時間に学べる)
  • GEEK JOB  (無料でRuby, PHP, Javaを学べる)

日本語での実際の使い方

おばあさんは川へ洗濯にいったら、
川の上流から桃がどんぶらこ、どんぶらこと流れてきたので
その場で皮をむいて美味しく食べました。

【html】

<p>おばあさんは川へ洗濯にいったら、<br>川の上流から桃が<span>どんぶらこ、どんぶらこ</span>と流れてきたので<br>その場で皮をむいて美味しく食べました。</p>

【css】boldで指定した場合

p span{
font-weight:bold;
}

文字の一部を強調したいとき、太いスタイルのWebフォントを指定することもできますが、あまり現実的ではありません。

Webフォントは、キャッチコピーやタイトルなど、目立たせたいとか、お洒落にスタイリングしたいってときに使います。

ご参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました