【2019年9月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

入社3年未満で会社辞めるのは、今の時代タブーではなくむしろ正義

この記事は約4分で読めます。

入社して2年で会社を辞めちゃいました。仕事が全然面白いって感じられなかった…

最近の若者は入社してもすぐに辞めてしまう、と会社の先輩や幹部が困っている、ということはよく聞きます。
「『石の上にも3年」って言葉を知らんのか!」とか、「新人で何もわからないくせにけしからん!」とか。

でも、私は入社3年で辞めることは、今の時代においてはマイナスではなく、むしろ正義だと思うのです。

当サイトで人気のプログラミングスクール

  • DMM WebCamp  (3ヵ月でRubyエンジニアに)
  • TECH ACADEMY  (オンラインで好きな時間に学べる)
  • .Pro(ドットプロ) (マーケティングを意識したカリキュラム)
  • Code Ship (無料でRubyやPHP、Pythonも学べ転職保証付き。年齢制限なし)

技術革新が日進月歩の現代で、「石の上にも3年」はのんびりすぎる

時間管理

日進月歩で新しい技術がどんどん出てくる今の時代にあって、3年もかけないとまともな仕事ができないっていうのは時間をかけすぎ。のんびりしすぎです。

今の若い人たちは、毎年のように発表されるAppleの新型製品のニュースを聞きながら育ち、スマホやインターネットであっという間に情報収集は可能になり、時間の体感速度は上司が新人の頃より何倍、何十倍も速くなっているんです。

調べ物をするにも、昔は本を買ったり図書館に行ったりして調べていたんでしょうが、今は検索ボックスにキーワードを入れれば、瞬時に知りたい情報が引き出せます。

そんな風に、時間の速度が変わっているのに「石の上にも3年」というのは、ちと長すぎると感じるのは無理もないよな、と思うのです。

若者の方が危機感を持っている

今の20代はバブル期なんて知りません。

日本人が浮かれまくって億ションを買いあさったり、高級外車を乗り回したり、夜な夜なクラブで踊り明かしていた平和な世代とは違うのです。

親がリストラに遭って貧困を経験している人もいるし、大学の学費を親が払えずに奨学金をもらっている学生は4人に一人、と言われています。

腰掛けで2~3年働いて寿退社すればいい、とスキルも身につけずに結婚した女性が、離婚して生活苦に喘いでいる姿を見ている世代なのです。

便利になってモノは豊富に選べる時代ですが、呑気に「ずっとこの会社で働いていれば、とりあえず定年までは一生安泰」なんて神話はとっくに幻と気がついているのです。

散々会社に尽くした父親が、いとも簡単にリストラに遭っているのを見聞きしているんですから。

自分の身は自分で守らなくちゃいけない。

そう感じながら育った若者が、「毎日会社や奥さんのことを愚痴って会社帰りに酒を飲む生活なんて嫌だ!」と夢が持てなくなって会社を辞めていく、ということは十分に考えられます。

やりたいことがあるなら、すぐに始めることが吉。

学生向けWebクリエイターの勉強方法

時間は有限です。

しかも、バリバリ元気に仕事ができる時間は限られています。

スキルを身に付け、キャリア設計をしていく環境が今の会社にないなら、自分が本当にやりたかったこと、一生かけてやりたい仕事を見つけることが先決だと思います。

そして、やりたいことが見つかったら、すぐに始めることが大切です。

すぐに会社を辞めなくても、仕事をしつつ給料を貰いながら夜勉強すればいい。

副業ができる仕事なら、少しずつ初めて軌道に乗りそうだったら次のステップに移ればいい。

とにかく、動かないことが一番大きなリスクなんです。

IT業界は、時間のスピードが速い

Webエンジニアでいうと、スクールで半年ほどかけてスキルを身につけて転職し、2年も働けば独立してフリーランスになれる世界です。

フリーランスにならなくても、IT業界では「転職」によってキャリアと年収アップが実現できます。

同じ会社に長年いても、新しいスキルは身につかないしそれほど年収も上がらないのがこの業界の特徴なので、2年から3年を周期に、キャリアアップのための転職をすることが推奨されています。

ひとつの会社で3年くらいしか働かずに転職を繰り返している、という職務経歴書は、むしろ貪欲的に行動してきた現れになります。

これからは今までの常識はガラリと変わる

Webクリエイターの働き方

これからは、会社に出勤せずに自宅やコ・ワーキングスペースで仕事をし、日報を上司に報告すればいい、という時代が来ると思います。

実際、自由な働き方を導入し始めた会社も少しずつ増えてきています。

会社の機密情報の漏洩等のリスクもありますが、AIの進化により人間がやってきた仕事がどんどん人工知能に置き換わられ、生き残るためのスキルを身につけた人が幸せになれる時代がやってきます。

プログラミングは、PCとWifi環境さえあれば誰でも始められるものだし、東大並みの頭脳が必要なわけでもありません。

男性でも、女性でも、年齢に関わらず始められます。

  • 自分はどういう風に生きたいのか。
  • どんなライフスタイルが理想なのか。
  • どのくらい報酬を得たいのか。
  • そのためにはどんな仕事をすれば叶えられるのか。

ぜひ、そういう風に考えて本当にやりたいことを見つけて欲しいと思います。

Webクリエイターという仕事に興味があれば、ぜひこのサイトの「ステップ」から順に読んでいってください。

タイトルとURLをコピーしました