【2019年9月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

【Webデザイナー向け】フリーランスエージェントに登録しよう

レバテックフリーランス STAGE 3(上級~独立)
この記事は約4分で読めます。

フリーランスとなって一番不安なのが「定期的に仕事が入ってくるか」という問題ですね。

ランサーズやクラウドワークスなどで仕事を探す人も多いと思いますが、Webデザインに関しては競合が多いので実績がないと依頼が入りづらかったり、コンペが必要だったり、最近では報酬が下がってきている印象を受けます。

コンペなんて企業側にとってはいいかもしれませんが、Webデザイナーにとってみたらコンペに通らなかったら1円にもなりません。作業にかかった時給はゼロ、ということです。バカバカしいですしWebデザイナーの足元を見るようなクライアントを避けるのもフリーランスのリスクヘッジでもあります。

ただ、これまでフリーランス専門のエージェントの存在を知らずに、クラウドソーシングで薄給に耐えてきた人も少なくないんじゃないでしょうか。

そこでこの記事では、Webデザイナー向けのおすすめフリーランスエージェントをご紹介します。

この記事の対象者:安い報酬に耐えられないフリーランスデザイナー、クラウドソーシングのコンペが無駄と感じる人、クラウドソーシングでの仕事ゲットが面倒と感じる人

フリーランスではなく転職エージェントを知りたい!という人はこちらの記事をご覧ください。

レバテック・フリーランス

レバテックフリーランス

エンジニア向けのフリーランスエージェントは数社あるんですが、Webデザイナー向けとなるとほとんどありません。

レバテックフリーランスはWebデザイナー向けの案件を比較的多く持っているのでフリーランスになったらまずは登録したいエージェントです。

登録しないと案件内容が見られないので、まずは登録から行いましょう。フリーランスになるのを迷っていたり、案件だけ見てみたい、という人でも登録はOKです。

レバテック・フリーランスの特徴

  • Webデザイナー向けの案件が多い唯一無二のフリーランス向けエージェント
  • コーディネーターはすべてWeb業界やプログラミングに精通した専門家
  • 界最大級の案件を持っている
  • コーディネーターが契約更新や新規案件を紹介し収入が途切れない
  • 実際に仕事が始まってからのフォローが充実している
  • 宿泊施設スポーツクラブなどの特典が利用できる

クラウドソーシングは基本単発なので、ひとつの案件が終了すると次の仕事探しが毎回必要になります。その作業に時間が取られ、自由な働き方をめざしたはずなのに時間がない!不安!ということが起きてしまいます。

クラウドソーシングはあくまでもサブで、レバテックフリーランスで安定して仕事を提供してもらい、収入と時間の確保が成功の鍵になります。

また、フリーランスになると一日中PCに向かって仕事をしてしまい、健康管理を怠りがちになりますが、一般企業のサラリーマンのように福利厚生のスポーツクラブを安く利用することで、健康管理ができるのがメリットです。

フリーランスとして成功するには

時間・健康管理をしっかりやる

フリーランスには向き不向きがあります。

誰にも干渉されず通勤もない。起きる時間も寝る時間も自由です。時間管理・自己管理・健康管理がをしっかりやらないと仕事が進まず、納期が迫ってくるプレッシャーに押しつぶされてしまいます。

マネタイズする上でも、取り掛かった案件は集中して早く終わらせ、なるべく多くの案件をこなすことが大切です。

また、単純作業だけれど時間を要するものや、自分のスキルを超えた内容の場合は臨機応変に外注を使ったり、レバテックフリーランスに登録している場合は早めに伝えて一部他のプログラマーに依頼する段取りをつけてもらうなどの判断も必要です。

とにかく案件を多数こなしてスキルと実績をつけ収益化する

月に50万円稼ぐ、と決めたらどういう案件をどのペースで受ければいいか逆算しましょう。案件多数こなせば、どんどんスキルは身についていきますし、わからないことは自力で調べたりして知識も増えていきます。

また、月50万円と決めたら、それを実現させるためにどうすればマネタイズできるかを考えましょう。Webデザインだけでなく、プログラミングの知識も身につけて一人でひとつのサイトを作れるようになれば、収益はあがるはず。イラストも描ければ挿絵にも1つ数千円~数万円請求できますし、SEO対策、コンサルティングも含めて最低35万円~、とすることもできますね。

稼ぐためのアイデアを作り出すためには時間・心の余裕も必要です。

お金のために朝から晩まで仕事に追われているようだと、会社員の方がよっぽど安定していて楽だった、ということになりかねません。

まとめ

Webデザイナーとしてフリーランスとしてやっていくなら、クラウドソーシングとは別にフリーランス専門エージェントレバテックフリーランスに登録しましょう。

エンジニア中心の案件が多い中、比較的Webデザイナー向けの案件を多く取り扱うおすすめのフリーランス向けエージェントです。

タイトルとURLをコピーしました