テックアカデミー 「梅雨に負けるな!」キャンペーン開催中!

個人事業主クライアントに薦めるレンタルサーバーとドメイン会社はどこ?

おすすめのサーバー STAGE 3(上級~独立)
この記事は約10分で読めます。
タカシ
タカシ

サーバー会社がたくさんあって、どこがいいかわからない。

サーバーの管理画面が使いづらくて難しい

できるだけ安く抑えたい

 

個人事業主の小さなお店の経営者や中小企業の社長さんから、こういった悩みや要望を相談されます。

そんなとき、業界歴15年の私がクライアントにオススメしているサーバー会社2社とその理由をお伝えします。

サーバーってなに?ドメインってなに?というレベルのクライアントは多い

私のクライアントのほとんど、個人事業主で小さなお店や会社を経営する人がほとんどです。

彼らは自分の事業には当然詳しいですが、ことサーバー、ドメインといったWeb周りのことには無知なことが多く、さらに苦手意識が強い人も多いです。

全くわからない、全部お任せというクライアントに限っては自社サーバーで管理し、年間利用料として若干費用をいただいていますが、毎月の管理費としては取っていません。

(多くのWeb制作会社は納品後の管理費で儲けているはずです)

20代~40代のクライアントは管理費を取るWeb制作会社に懐疑的

20代~40代のクライアントはスマホやPCで常にインターネットに触れる環境が一般化してきているので、サーバーやドメインも自分で登録したい、という人も結構います。

また、同業仲間から色々な情報共有をしていて、Web制作会社が取る管理費に対して非常に懐疑的です。管理費なんて建前で、実際にはサーバー使用料とドメイン利用料程度というのは知っているんです。

なので、納品後、毎月管理費1万円、などというWeb制作会社はむしろ嫌がられる傾向があります。

なので、私は管理費を取らない代わりにそれをメリットとして他のWeb制作会社との棲み分けとし、クライアントにとっては制作費のみの出費になるので多少高めの製作費設定でもトータルコストを考えて私を依頼してくれます。

とはいえ、「どこのサーバーがいいの?」という質問は必ずあるわけで、そんなときに私は2社のレンタルサーバー会社を紹介しています。

おすすめのレンタルサーバー① Xサーバー

エックスサーバー

Xサーバーの特徴

  • 安定・高速
  • 大量アクセスに強い
  • 比較的わかりやすい管理画面
  • 電話での問い合わせが可能
  • 24時間365日サポート
  • モリサワのWebフォント30書体を無料で利用できる
  • 自動バックアップ機能
  • メールアカウント無制限
  • FTPアカウント無制限
  • マルチドメイン無制限
  • PHP7、PHP5対応
  • アクセス解析機能
  • エックスドメイン のドメイン管理も同時にできる
  • サーバーを開設すると永年無料のドメインがひとつ作れる(X20以上のプラン限定)

どこのサーバー会社もある程度似た機能が備わっていますが、なんといってもエックスサーバー の強みは「高速で安定している」こと。

そのため、多くのWeb制作会社がクライアントのサイト管理に利用しています。私も当ブログはエックスサーバー で管理しています。

大量アクセスに強いというのもポイントで、一日に何万PVもあるようなブログやアフィリエイトサイトを運営している人はエックスサーバーを選びます。

せっかくPVが集まっているのに、大量アクセスでサーバーがダウンして肝心のWebサイトが表示されないとなると死活問題だからです。

赤字の部分がXサーバーの特に際立った強みです。

また、JavaScriptやphpを導入したWebサイトも安定して稼働でき、トラブルがほとんど起きません。

新規でWebサイトを作る場合、Xサーバーを開設すると永年無料で使える独自ドメインを作ることが可能です。

ただ、X10 プランではドメイン無料サービスはないこと、co.jpは適応されないので注意。

エックスサーバーが向いている人

  • Web制作会社、フリーランスのWebクリエイター
  • アフィリエイター
  • 複数サイトを運営する人
  • 同時に大量アクセスがあるような記事やブログを書いている人
  • ドメイン管理がわずらわしい人

ちなみに、ドメインは「ムームードメイン 」が一番安いですが、エックスサーバー を使っている場合はエックスドメイン を使った方が便利です。

価格差はそれほどではないですし、何といってもエックスサーバー と同じ画面で管理ができるのは楽ちん。

エックスサーバーのデメリット

他のサーバーに比べて高額なことが唯一のデメリット。

一番容量の少ない「X10プラン」でも、初期費用3,000円、12ヵ月利用で15,000円で合計18,000円かかります。(X10 プランでも容量は20Gあるのでクライアントが管理する程度のデータ量なら十分です。)

また、エックスサーバー の場合バックアップサービスは無料で最初から付いていますが、ロリポップ! の場合有料オプションを付けなくてはいけません(7世代まで)。

Xサーバーに実際に電話での質問をしてみた感想

電話サポートに何人配属させているかは不明ですが、「繋がらない」ということはありませんでした。また毎回女性によるサポートでした。

内容は忘れましたが、最初に電話したときの女性は、いかにもマニュアル通りに答えている印象で、実際マニュアル読んでるな、という感じの応対でした。何を言っても「わかりかねます」の一点張り。

設定が進まず困り果て、もう一度電話サポートに問い合わせたら今度は別の女性が出て、とても感じよくテキパキと原因や設定方法を教えてくれました

前者の女性は知識不足であることは明らかで、電話サポートの教育が統一できているかは疑問です。が、他にわかる優秀なスタッフもいるのがわかったので、電話サポートが大きな問題にはならないと思います。

おすすめのレンタルサーバー② ロリポップ

ロリポップ

クライアントが自社で運営するWebサイトが企業紹介のためのサイトや、いくつかランディングページを作るとか、社長自らの情報発信のためのブログを運営するというケースが多いと思いますが、そういう理由だとXサーバーってハイスペックすぎるんですよね。

というのも、中小企業のサイトやジャンルが特定された社長ブログは、「不特定多数のユーザーから人気が出てバズった!」なんてことは起きないから。

ロリポップは格安サーバーとして知られていて、フリーのphpプログラムが動かない!といったトラブルはロリポップによく起こる…というクチコミもチラホラ散見しますが、実際に長年使ってみて今まで大きなトラブルはありません。

Xサーバーは本当に高速・安定、というのが実感できますが、それに比べてロリポップが遅い、という感覚もありません。ただし、同時大量アクセスには弱いのは事実です。

ロリポップは月額100円という驚異の格安エコノミープラン、趣味のサイト利用に適したライトプラン(250円~)、標準プラン(500円~)、大規模サイトやビジネス利用向けのエンタープライズプラン(2,000円~)の4プランあり、スタンダードプランエンタープライズプランは高速なWordpressが利用可能となっています。

クライアントにロリポップをすすめるときは、スタンダードプラン一択で紹介しています。スタンダードプランならディスク容量も150GBあり、通常の使い方だと十分だし、写真や画像を大量にアップロードして、使っていないデータもリモートサーバに置きっぱなしにしがちなクライアントでも余裕で使えます。

ロリポップの特徴(スタンダードプラン)

  • 安い
  • 管理画面が非常にわかりやすくて親しみやすい
  • 電話サポートあり(スタンダードプラン以上)
  • オンラインチャットのサポーターが優秀
  • 独自ドメイン100個まで可
  • データベース30個まで可
  • ブログ5つまで無料電話サポート

スタンダードプラン 詳細はこちら

苦手意識の強いクライアントでも扱いやすく、素人でもわかりやすい管理画面です。

おそらく数あるレンタルサーバーの中で一番わかりやすいです。

さくらインターネットも格安サーバーとして有名ですが、さくらの管理画面は非常にわかりづらく、かつ古臭いUIなので素人のクライアントにはおすすめしていません。

ロリポップをクライアントに薦める最大の理由は、「オンラインチャットサービス」のスタッフが優秀なことです。

格安サーバーの問合せはオンラインチャットを設けていないことも多く、メール問合せだと一度に色々な質問ができないこともあるし、遅々として作業が進まなくなることが多いんです。

その点ロリポップはかなり優秀で、Webデザイナーになりたての頃はなんど助けられたか…

ロリポップが向いている人

  • 個人事業主小さなお店の経営者(美容院、歯医者、整体院など)
  • 「サーバー」とか「ドメイン」とか、聞くだけで抵抗感がある
  • 同時大量アクセスが起こらない一般的なサイトを運営している
  • できるだけランニングコストを抑えたい

ちなみに、系列ドメイン会社である「ムームードメイン 」でドメイン取得した場合、ネームサーバー設定もクリックひとつでできるので、詳しいことがわからない人でも感覚的に操作設定できます。

ロリポップ・スタンダードプランの場合、初期費用は1500円、1年契約の場合は月額500円で利用できるので、年間7500円しかかかりません。

エックスサーバー の半分の価格で運用できます。

バックアップサービスがデフォルトで付いていないところが気になるところですが、Wordpress運用なら無料のバックアッププラグインを導入すればいいし、静的サイト運用なら基本的にローカルサイドにデータは保存してあるのが普通なので問題ありません。

ロリポップのデメリット

前述しましたが、大量同時アクセスには弱い傾向があります。格安サーバーなのでそこは致し方ないところ。

アフィリエイターなど、PV数でナンボ、という人やプロブロガーなんかはロリポップは敬遠されます。

でも、一般企業やお店の運営なら、ロリポップのスタンダードで必要十分です。

繰り返しますが、素人のクライアントが自分で管理する上で、分かりやすい管理者画面や手厚いサポート体制は非常に重要です。

ロリポップに実際に電話での質問をしてみた感想

専門的なことを聞いても確実に答えてくれますし、Wordpressの質問は他社だと「サービス外」としていることも多いのですが、ロリポップの場合なんと担当者によって気前よく教えてくれたりします。

かなりユーザーの立場に立って教育されている感触で、非常に好印象です。

一人で経営している個人事業主にとって、わからないことがあったりエラーやトラブルが起きたときが一番困ることですよね。

サポートが充実していて回答が早く、オンラインチャットサービスでは対応できない個人認証が必要な質問に関しては、メールでの問い合わせに促されます。

急を要する場合はオンラインチャットでそう伝えると優先的にメールの問合せを処理してくれる程の柔軟性です。

格安サーバーの中では断トツオススメのサーバーです。

Webクリエイターが管理すれば管理費取れるじゃん?という意見について

実際に、サーバー管理においてはひとつ間違えるとデータ一式消してしまう可能性もあるので怖がる気持ちもわかります。

ただ、私の場合個人でやっているので、万が一自分が事故や病気で死亡、長期入院となったときに管理が難しいのと、万が一更新料を払い忘れて全クライアントのWebサイトがパーになってしまうリスクの方が大きいので、自社サーバーで管理することはしていません。

「全然PCわからない。サーバー? ドメイン? ちんぷんかんぷん!」というクライアントにだけ、特別に対応しています。

他の記事に詳しくまとめていますので、併せてご参考にしてください。

まとめ

たくさんサーバー会社ありますが、私はエックスサーバー ロリポップ! の2社に絞って紹介しています。

2社の使い分けは「一度に大量アクセスが考えられるか」どうかを基準にしています。

  • 1記事に1万PVもアクセスを集めるようなサイトならばエックスサーバー
  • コーポレートサイトなど、同時に大量アクセス発生は起こらないサイトならロリポップ!

個人事業主のクライアントの場合、制作するメディアは企業サイトだったり、商品を宣伝するブログがほとんどなので、同時に大量アクセスでサーバーがダウンすることはほぼあり得ないので、ランニングコストがエックスサーバー の半分で済むロリポップ! の方がクライアントにも優しいですし、管理者画面も直感的にわかりやすく素人でも扱いやすいです。

また、オンラインチャットサービスのスタッフが優秀で、少人数で運営しているような小規模の会社やお店の社長の場合、トラブったときにオンラインチャットですぐに対応してもらえるのは大きな強みです。

ご参考にしてください。