テックアカデミー 「梅雨に負けるな!」キャンペーン開催中!

侍エンジニア塾の口コミと評判は?受講料金や解約方法、コース内容など徹底解説

侍エンジニア塾 侍エンジニア塾
この記事は約11分で読めます。

ツグミ
ツグミ

プログラミングって難しそうで、スクールに通ってもついていけるか心配…

プログラミングの勉強は、基本的にはテキストや教材を参考にしながら自分で手を実際に動かし、考えながらコードを書いていく、というスタイルで、それ以外の方法では上達しません。とはいえ、やはりオンラインだけで勉強するよりも教室に通った方がモチベーションも上がるし、継続しやすい、というのは事実です。

通学型のプログラミングスクールはたくさんありますが、今回は「徹底したマンツーマン指導」が特長の「侍エンジニア塾」について、詳しく徹底解説していきます。

侍エンジニア塾の基本情報

運営会社 株式会社侍
学習期間 ビジネスコース フリーランスコース エンジニアデビューコース AIコース
6ヵ月 3ヵ月 1ヵ月 6ヵ月 3ヵ月
学べる言語 Ruby/PHP/Python/Java/Wordpress/HTML/CSS/JavaScript Python
受講に必要なもの Windows7以降のWinノートPC まはたMacOS10.7以降のMacbook
レッスン回数 週1回(60分) 全日8;00~22:00
チャット質問 随時可能
受講料 698,000円(558,400円) 438,000円(372,300円) 168,000円(151,200円) 980,000円(784,000円) 580,000円(493,000円)
分割払い
支払い方法 振込一括・振込分割・クレジットカード(PayPal)

侍エンジニア塾に向いている人はこんな人

未経験からのステップ

他にもいいスクールはたくさんあります。その中でも侍エンジニアを選ぶべき人は、

  • 質問にメンターがすぐに答えてくれるスクールがいい
  • 家庭教師のような感じで教えてもらいたい

この2点ですね。

「質問にメンターがすぐに答えてくれる」というのは侍の特長ですが、あえてすぐに回答せず、ヒントだけ与えて自力での解決を促し力をつけるべき、ということを理念にしているスクール(DIVE INTO CODEやテックエキスパート)もあります。

これはもう価値観というか、学ぶ側のあなたが「自分にはどっちが合うか」ということを考えて決めればいいと思います。

コードを書いていてエラーやバグが頻出しているとき、ググってもわからずにメンターに聞いてもヒントしか得られずに時間ばかりが過ぎていく…ということに不安を感じるなら侍エンジニア塾、という感じでしょうか。

侍エンジニア塾の口コミ・評判

現在、実際に侍エンジニア塾で学んだことのある人にヒヤリングとアンケートを行っています。

まとまりましたら公開しますのでしばらくお待ちください。

侍エンジニア塾の特長

侍エンジニア塾の特長についてまとめました。

完全マンツーマンによる指導(一言でいうと「家庭教師」)

侍エンジニアの大きな特長は「入学から卒業まで、同じメンターがマンツーマンで指導する」という点です。

簡単に言うと、プログラミングの家庭教師があなたにつく、というのが一番このスクールの特長に合っていると思います。

家庭教師って、生徒の理解度や「どこで躓いているのか」というのをしっかり把握して、偏差値40台くらいの子でも東大合格レベルにまで引き上げたりってよく聞きますよね。

プログラミングも同様で、あなたの理解度や、どういうところでいつもミスをするかとか、どこをしっかり理解していないからエラーやバグが出るかとか、プロのエンジニアがあなたの弱点を読み取り、しっかり理解できるまで指導してくれる、という感じです。

メンターは現役エンジニアで、大学教授やプロのエンジニアが担当しているそうです。

ちなみに、侍エンジニア塾は「プログラミングの家庭教師」に近いので…教材も市販の書籍を使うそうです。

受講生の目的に合わせて、メンターが必要な書籍を選んで提示するらしく、最初に自腹を切って購入する必要がありますが、入塾後に教材費としてギフト券1万円分をもらえるそうです。

教室があるわけではない

侍エンジニアの面白いところは、決まった教室があるわけではない、ということです。

あなたに就いた専属のマンツーマンメンターと、カフェで待ち合わせをしたり、受講生が学びやすい形で柔軟に場所を決めて指導を受けるそうです。

女性の場合、男性メンターとスクール運営の教室以外で会うというのは躊躇しそうですが、もし実際に会うのはちょっと…という場合は女性のメンターを希望することもできますし、オンラインチャットのみでの質問や相談も可能です。

ひとりひとりに合った完全オリジナルカリキュラム

侍エンジニアのユニークな点は、教える言語を特定していないことです。

たとえば、

  • Rubyを学んでWEBアプリを開発したい
  • PHPを学んでWordpressのテンプレートを作り販売したい
  • 機械学習(AI・人工知能)を学んでデータサイエンティストになりたい

など、それぞれ目的は様々ですよね。

侍エンジニア塾の無料体験に参加すると、あなたの目的や興味に従って、その目標に最短で学べるオリジナルカリキュラムを組んでもらえます。

どんな言語でも可能というのは、侍エンジニアが教室を持たず、様々な言語に対応する現役エンジニアによるメンターを多数抱えているため実現しています。

ただこれは、スクール側がメンターのレベルを把握や管理しきれないんじゃないかなぁ…という懸念もありますね。指導の質にもメンターによってバラつきがありそうな気もします。

途中で学ぶプログラミング言語の変更が可能

なんと、侍エンジニアでは途中で学ぶ対象のプログラミング言語を別言語に変更することが可能です。

これはすごくいいシステムだな、と思ういます。

たとえばJavaを勉強しようと思って始めたけれど、コードが難しすぎてシンプルで直感的なRubyの方が良かったな、WEBアプリ作るんだったらRubyの方が向いてるかも…ということもあるだろうし、プログラミングを学び始めて目指す方向性が代わり、途中で言語を変えたい! と思うこともあると思うんですよね。

普通はコースが最初から決められていて、学ぶ言語も限定的なのですが、侍エンジニアの場合、柔軟に対応してくれます。

ただし、これはあまり気軽にやるべきことでもありませんね。

受講期間が長引けば、それだけ受講料金も比例して高くなってしまうし、プログラミング学習に付き物のエラーやバグから現実逃避して他言語に浮気…ということにもなりかねないので。

事前に無料体験やカウンセリングに参加し、自分の目的・目標、作りたいものなどをある程度明確にしておいた方がいいと思います。

40代以上の人でもOK

侍エンジニアでは、なんと55歳で入学し、未経験からプログラミング学習を学んだ人もいます

転職となると、どうしても若い人材の方が給料が安く済み、扱いやすいこともあって有利なのが現実なのですが、かといって30代以上の人がやっても意味がないか、というと全然そんなことはありません。

というのも、日本のエンジニア不足と少子高齢化による労働力不足はかなり深刻で、どの企業もエンジニア獲得にかなり力を入れていて、20代限定なんて言っていられない現状だったりするのです。

大手有名企業なら優秀なエンジニアも集まるかもしれませんが、中小企業では募集を出しても誰も面接に来てくれない、と困り果てているところも多いのです。

また、若い人材の方がいいという転職事情がある一方、すぐに辞めてしまったり、残業を拒んだりといった「扱いづらさ」もあり、社会経験をすでに踏み、社会人としてのビジネスマナーや一般常識を身につけている30代以上の人の方がいい、という会社も絶対にあるはずなのです。

あなた自身で想像してみてください。

40歳過ぎて一念発起し会社を辞めてスクールに通い、プログラミングをマスターして面接に来た人に対して、どんな印象を持ちますか?

私が面接官なら、その人の勇気や努力に賛辞を贈りたいし、何歳になっても諦めない執念や行動力をむしろ買います。

気にするなら「未経験」というデメリットくらいですね。でもそれは20代であろうと同じことです。

幸い、エンジニアというのはスキルレベルが明確で、その人が書くコードを見れば一発でレベルがわかるのです。

ですので、ポートフォリオやGitなどでオリジナルコードを公開することで、20代のA君よりも40代のBさんの方が圧倒的なスキルがある、というのが客観的に判断できるのです。

そのためには、付け焼刃的な勉強は絶対ダメで、ある程度学費に投資してしっかり学べるスクールに通うことが大切になってきます。

侍エンジニア塾のコースと受講料金

独身女性 手に職

ひとりひとりに合ったカリキュラムが作られる侍エンジニア塾ですが、コースはざっくり決められています。

コースで学べる内(言語)は同じなんですが、

  • 高単価案件を獲得したい
  • フリーランスになりたい
  • エンジニアデビューしたい
  • AI(機械学習)を学びたい

という4つの目的に合わせたコースになっています。

WEBエンジニア系のコース

比較項目 ビジネスコース フリーランスコース エンジニアデビューコース
目的 高単価案件獲得 フリーランスとして案件獲得 ホームページ作成や簡単なアプリ開発
習得言語 Ruby/PHP/Python/Java/Wordpress/HTML/CSS/JavaScriptなど様々な言語に対応可能
期間 6ヵ月 3ヵ月 1ヵ月
備考 フロントからサーバーまでプログラミングの基礎や応用の習得ができる サンプルアプリを制作して効率よく実務的なスキルを習得する ポテンシャル転職の20代向け
受講料金 一般 698,000円(116,333円/月) 438,000円(146,000円/月) 168,000
学生 558,400円(93,066円/月) 372,300円(124,100円/月) 151,200

正直「エンジニアデビューコース」を選んでも、全く使い物にならないか、おそらく転職も厳しいと思います。ここは値段と期間だけで選んではいけないポイントですね。

もし受講料金がハードルになってしまうと理由だけでエンジニアデビューコースを選ぶなら、最初から転職保証があって無料で学べる0円スクールやプロエンジニアの方がずっといいと思います。

>>0円スクール(ゼロスク)

>>プロエンジニア

侍エンジニア塾で選ぶなら、ビジネスコースかフリーランスコースのどちらかにしましょう。

AI(機械学習)のコース

比較項目 6ヵ月コース 3ヵ月コース
目的 オリジナルサービス開発 データサイエンスの基礎学習
習得言語 Python(基礎)
具体的な内容 チャットボットやスマートスピーカーなどを土台にAIを実装する
期間 6ヵ月 3ヵ月
備考 機械学習/深層学習/自然言語処理/画像・動画分析/ブロックチェーン/データサイエンスなどの基礎学習とAIを基盤としたオリジナルサービス開発 機械学習/深層学習/自然言語処理/画像・動画分析/ブロックチェーン/データサイエンスなどの基礎学習
受講料金 一般 980,000円(163,333円/月) 580,000円(193,333円/月)
学生 784,000円(130,666円/月) 493,000円(164,333円/月)
AI(機械学習)を勉強したいなら、侍エンジニア塾よりもDIVE INTO CODEの方がおすすめです。受講料も侍より安いですし、習得レベルもかなり高く、10ヵ月じっくり学べます。
DIVE INTO CODEの詳細記事はコチラ

侍エンジニア塾の受講料金はキャンセルで返金できる?

侍エンジニア塾に申込後、初回のレッスンを受けてから2週間以内なら支払い済みの全額を返金してもらえます。

受講してみて「なんか…ちょっと違うな」と万が一思ったら2週間以内にキャンセルを申し出ましょう。

フリーランス希望の人は要チェック

侍エンジニアは、個々の目的に合わせた完全オリジナルカリキュラムが組まれるので、あなたが「スクールを卒業したらすぐにフリーランスとして働けるようになりたい」となれば、それを達成するためのカリキュラムが作られます。

またメンターに関しても、フリーランス経験や事業立ち上げの経験がある人が付いたり、実際の現場でのノウハウを教えてくれます。

入学から卒業までずっと同じメンターですので、質問もしやすくなりますし、交渉術など実践的なことも指導してくれます。

侍エンジニアには提携先パートナーがあって、フリーランス希望者にはそれらの企業への人材紹介もしてくれます。

まずは無料体験に参加してみよう

侍エンジニアでは無料体験レッスンを行っています。

無料体験レッスンの内容は以下の内容を体験できます。

  • 挫折しない勉強方法
  • オーダーメイドの学習ロードマップ
  • オリジナルアプリの開発方法
  • エラーやバグの対処方法
  • フリーランスになるTIPS

さらに、今なら無料体験に参加するとこんな特典がついてきます。

  • 侍エンジニア塾創業者の本「ゼロから最短1ヵ月でプログラミングを習得しアプリ開発も仕事獲得もする方法」という非買本がもらえる
  • Amazonギフトカード1,000円分をもらえる

あなたが今、「こんなサービスを作ってみたい」という具体的な目標があったら、それを無料体験レッスン時に伝えると、それを叶えるためのカリキュラムを確認することができます。

どんな言語やスキルが身に着くのか、どのくらい期間が必要なのかもわかります。

無料ですから全くリスクはありませんし、参加したからといってしつこい勧誘もありません。

無料体験レッスンに参加すると、半年後のあなたがどんなエンジニアになっているのか、少し想像しやすくなると思いますよ。