【2019年8月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

フリーランス向け暖房なしで光熱費ダウンのNANGAの着るシュラフ

着る寝袋 ツール・ガジェット
この記事は約6分で読めます。

一日中自宅で仕事をするフリーランスのWebデザイナーは、光熱費のコストが気になるところ。暖房でエアコンやストーブを一日中つけていると、毎月の電気代や灯油代、かなりかさみますよね…

ということで、越冬もできそうなNANGAの「着るダウン」を購入しましたのでレポします。結論から言うと最高です。

この記事の対象者:光熱費がかさんで冬が怖いフリーランスの人。着る毛布は袖口が邪魔でもっと作業しやすいものを探している人。

私のモノを買うときの基準

結局モノの品質は値段に比例する、って思ってます。もともと高いものがセールになって安くかえたら気分上々ですが、最初から中華モンの安物買って気分アゲアゲにはなりません。

モノ選びには

  • 生活の質を上げてくれる
  • 人生をワクワク楽しくさせてくれるもの
  • ひとつで何役も使い途があること
  • 仕事が捗ること(収入増に繋がる!)
  • コンパクトで小さいこと

この5つのマイ基準に沿って選んでいます。値段はべらぼうに高いとか、原価に見合ってないな、と判断した場合には買いませんが、ある程度使い倒すことが想定できるなら多少高くても買います。前向きに。

こういう買い物の仕方をするようになってから、失敗がなくなり所有欲も満たされるのか、結果的には年間の出費は抑えられるようになりました。

芯までホカホカ「着るシュラフ」!

ノマディカ×テンマクデザイン×ナンガのコラボ商品です。ネグジル・インナーといいます。

NANGAといえばメイドインジャパンを誇るシュラフ専門ブランド。

着る寝袋

まるでミシュランビバンダム!

わたしの卓越した検索能力をもってくまなく調べる限り、ダウンの「着るシュラフ(寝袋)」はこの商品だけです。類似品の着るシュラフとして販売されているものは、ダウンではなく化繊綿なので、値段が高いのは仕方ないですね。


お値段19,440円。「着る毛布」に比べたら6倍くらいしますけど。でも使い勝手はお値段以上です。Amazonは売り切れていて現在在庫僅少で楽天での取り扱い1店のみです。

  • 重量:約630g(収納ケース含む)
  • 収納サイズ:Φ11×25cm
  • ダウン量:180g (国内で洗浄したヨーロピアンホワイトダックダウン80-20%を使用)
  • 日本製!

我が家はマンションが古くて、かつ1階だからか底冷えするんです。家より外の方があったかい!って日もけっこうあります…

テーブルがダイニングにしかないからそこでブログ書いたり仕事したりするんですが、北の部屋。底冷えする上に北向きの部屋で激烈に寒いです。

そこで、着る寝袋みたいなのあったらなー♪と検索したのが始まりでした。

ネグジル・インナーのおすすめポイント

  • 腕が出せる
  • 足の指先までスッポリ
  • 歩くときはコードを引っ張るだけで短くなる
  • フィルパワー650の高品質ダウン
  • シュラフ専門メーカーだから機能的
  • NANGAによる永久保証♥
  • ジッパーで温度調節が簡単
  • キャンプでも使える(滅多にしないけど)
  • 冬の温泉湯治棟宿泊に最高♪
  • たたむとめっちゃコンパクト♫

わたしの主な使用用途は「家でのパソコン仕事」。じっと座ってパタパタとブログを書いたりするときに、暖房を使わずにいかに暖かく快適に過ごせるか、ってことを重要視しました。

袖周りがない方がいい

安価に売られている「着る毛布」のほとんどは袖口までたっぷり生地があるタイプ。でも私の使用用途はPCで快適に作業するためで、袖口がワサワサしているのは気が散るだろうな、と思っていたので、袖なしを探していたんです。

仕事中にトイレに行って手を洗ったり、食事を作るときに袖をまくり上げてもズリ落ちる心配もないし、ちょっと休憩でお茶でも入れようって時エプロンつけてしまえば袖周りが汚れる心配もありません。ガウンタイプの着る毛布は、火が着いたら火だるまになること間違いないので「調理するときは着ないでください」って注意書きもありますよね。その点も、このネグジル・インナーは優秀です。

袖はないけど肩はすっぽり、腕の上の方には被っている感じなので、袖が寒いなら中にあったかいセーターやインナーを着ればいいです。

永久保証ってプライスレス

さすがNANGAの製品だけあって、永久保証っていうのがすごく魅力的でした。

NANGAの永久保証は、

  • 基本的な修理・修繕は永久に無料
  • ファスナーの取り替え、破れの補修は無料。(但し、程度により有料)
  • 羽毛の増量、表生地、裏生地、その他部品の取り替えは、実費負担。
  • 羽毛シュラフのリニューアル(中の羽毛はそのままに、表生地と裏生地だけをかえる修繕)については、相談の上見積もり。

だそうです。すごい保証内容です。これなら19,440円て妥当な値段だと思います。

用途が幅広い♪

わたしのモノ選びの条件。「ひとつで何役も使い途があること」に合ってます。

自宅での仕事や勉強、キャンプ、旅行に持ち歩けます。ダウンだから軽くてコンパクトになるのもいいです。

着る毛布」は安いんですけど、家の中一択ですよね。

キャンプにしょっちゅう行くわけではないんだけれど、たとえば災害にも使えるって思えばこのコンパクト加減と本格的なダウンシュラフにもなる、っていうのは心強いです。

着る毛布で焚き火なんかしたら、火の粉がついたら一瞬で火だるまになりますし。

唯一残念なところ

ノマディカ

…と素晴らしい点ばかりですが、唯一残念なところは「黄色しかないということ。

そもそも、この商品のコンセプトは、テント内で快適に過ごすため、ダウンジャケットを持っていかなくても替りに使って荷物を減らせる、というものだそうです。

で、本来はこのマミー型シュラフとセットで、封筒型のシュラフと一緒に販売されていました。

ネグジル

出展:tent-Mark DESIGNS

セットで39,800円(税別)での販売だったようです。

でもすでにこのセットは完売していて、インナーの部分だけ(しかも黄色)が購入可能な模様。残りわずか、ってことなので、おそらくこの黄色のネグジルが完売したら販売終了!ってことなんでしょう。

上の写真のグリーンの方が使いやすそうだけど、まぁ黄色も嫌いじゃないからいっか♪と前向きに捉えてポチりました。

今日注文したばかりなので、届くのは明後日。実際に使ってみた感想はまた後日~♪

■追記 着るシュラフが届きました。レポは別記事で紹介しています。

今ちょうど楽天のお買い物マラソンしているので、欲しい人は早めにゲットしといた方がいいですよ!こういうニッチな商品は、二度と同じものが出ない、ってことが多いので。

19,000円も出せないよ、という人はこっち。中はダウンじゃなくて化繊です。とはいえ、「着る毛布」よりも腕がなくて私の条件には近いです。

青もあります。


ご参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました