目次
比較
特集
【2020年9月限定】TECH::CAMP(テックキャンプ)Amazonギフト券を5万円分プレゼント

CodeCamp『アプリマスターコース』の評判や料金を現役プロが徹底解説!

この記事は約17分で読めます。
トンビ
トンビ

CodeCampのアプリマスターコースに興味があります!

実際に受講した人の感想とか、評判を知りたいです!

クリエイターYAKO
クリエイターYAKO

CodeCampのアプリマスターコースで実際に学んだ受講生の声を集めました。

料金、内容など、プロ視点でじっくり調べて、このコースの価値を考えてみました。併せてご紹介します!

CodeCampは、オンラインスクールでは唯一「講師と二人三脚、マンツーマンで指導するスタイル」のプログラミングスクールです。

300社を超える多くの大手IT企業が、社員のエンジニア研修に一番利用されているのがCodeCampで、その質と内容の良さには定評があります。

≫ CodeCamp アプリマスターコースを公式サイトで詳しく見るは、スマホアプリが作れるようになるコース。転職はもちろん、フリーランスになるにも十分な内容を学ぶことができます。

人気スクールで、各回すぐに満員御礼になってしまいます。オンラインですので全国どこからでも受講可能! 興味が合ったらまずは無料体験をやってみましょう!

無料体験を受けておくと、実際に受講するときに10,000円割引になるポイントがもらえますよ♬

≫ CodeCampの無料体験レッスンを予約する

\人気のコースが最大約7万円オフ/おうち時間応援割!5/11迄開催!

当サイトで人気のプログラミングスクール

  • DMM WEBキャンプ  (3ヵ月でRubyエンジニアに)
  • TechAcademy  (オンラインで好きな時間に学べる)
  • CodeCamp  (オンラインなのにマンツーマン指導。300社以上の大手IT企業が社員研修に導入する質実ともに評判が高い)

CodeCamp アプリマスターコースの基本情報

エンジニア

学習形式オンライン

運営会社コードキャンプ株式会社
受講料金入学金/30,000
148,000円(税込159,840円)/2ヶ月
248,000円(税込267,840円)/4ヶ月
298,000円(税込321,840円)/6ヶ月
コースWebマスターコース
受講期間2ヶ月・4ヶ月・6ヶ月
対応時間7:00-24:00
転職サポートあり
分割払いローン可(最大36回)・クレジットカード対応
学べる言語・スキルJava, Android, Swift
ニュースリーダーアプリ、GoogleMap地図アプリ
カメラアプリ、SNSアプリの開発
無料体験レッスンで受講料から10,000円引き特典あり

アプリマスターコースでは、Java、Swift、Androidによるスマホアプリ開発を学びます。

Javaは汎用系言語といって、ユーザーのプラットフォームに依存せず、どんな環境でも動作するため、広く開発に使われています。銀行システムや大規模のものだと、Javaが使われることも多く、どんな開発にも応用できるので、転職に非常に強い言語です。

Swiftは、Apple系のアプリを開発する言語。Androidは、Android系のアプリを開発するのに使います。

≫ CodeCamp アプリマスターコースを公式サイトで詳しく見る

CodeCamp アプリマスターコース受講生のリアルな評判

トンビ
トンビ

CodeCampのアプリマスターコースって、実際のところどうなんだろう?

実際に利用した人の感想を知りたいな。

クリエイターYAKO
クリエイターYAKO

クラウドソーシングの「ランサーズ」と「クラウドワークス」に、コードキャンプ受講者に向けてアンケートを取りました。

リアルな生の声なので、ご参考にしてください!

35歳男性
35歳男性

Webサイトはある程度自分で作れます。

今まで温めていたアイデアがあって、スマホアプリが作れれば、自分でビジネスを立ち上げられるかもと思いこのコースを選択しました。

Javaはちょっと手強いですが、卒業制作で作りたかったアプリを絶対に終わらせようと思って勉強しています。

25歳男性
25歳男性

Apple系のアプリは、まずAppleの審査に通らなくてはいけないのと、審査のハードルが高いから、きちんとバグやエラーのないものを作らなくちゃいけない、というエンジニアの姿勢みたいなものを先生から教わることができました。

36歳女性
36歳女性

プロゲートでSwiftもJavaもちょっと勉強したことがあったのですが、独学だと難しすぎて、結局何も作れないという確信に近いものがありまして、コードキャンプに入ることに決めました。

転職希望ではなく、副業目的で選択しました。

スマホアプリが作れるようになったら、趣味でアプリを作ってサービスを公開する、というのが楽しそうだし、うまくいけば収入にもなりそうかな、と思って選びました。

35歳 男性
35歳 男性

正直、Java,Swift,Androidを自分ひとりでやろうと思ったら、早い段階で挫折すると思います。

他のプログラミングスクールも検討はしていましたが、Javaの難しさはプロゲートで知っていたので、マンツーマンのコードキャンプに最終的に決めました。

講師はみんな温厚で、高圧的なところがないので、「こんなこと聞いたら怒られるかな」ということでも、気兼ねなく質問できました。

27歳男性
27歳男性

地方(徳島)在住で、近所にプログラミングスクールがなく、オンラインで学べるプログラミングスクールから探していて、最終的にコードキャンプにしました。

卒業したら、大阪か東京に出ようと思っていて、転職フォローでそう伝えたら、いくつか企業を紹介してもらって、納得のいくエンジニア転職ができました。

スマホアプリ開発に携わっています。

コードキャンプにはチーム開発がないので、就活の面接で不安でした。

でも、卒業制作のオリジナルアプリのポートフォリオの作り方とか、アピールの仕方とか、エンジニア特有の専門用語とかを使うようにとか、先生に色々アドバイスしてもらって、無事転職することができました。

28歳女性
28歳女性

覚えることが多いです。自分で自発的に自習をどんどん進めないと、サラッとやって終わってしまう、という感覚を持ちました。

最初に無料カウンセリングを受けて、4ヵ月コースを選択しましたが、それでもギリギリだったな、とい印象です。

トンビ
トンビ

なるほど! すごく参考になります!

クリエイターYAKO
クリエイターYAKO

Twitterでも検索してみましたが、残念ながらアプリマスターコースの口コミは見つかりませんでした。

ですが、クラウドソーシングで集めた口コミからすると、結構満足度が高いようです。

コードキャンプのリアルな評判
  • 講師が温和で優しい。
  • 自発的に勉強を進めないと、サラリと終わってしまう
  • 地方在住者でも、転職先を紹介してもらえる
  • アプリ開発は、副業や独立がしやすい
トンビ
トンビ

なるほど! すごく参考になりました!

≫ CodeCamp アプリマスターコースを公式サイトで詳しく見る

CodeCamp アプリマスターコースで身につくスキル

PHP

Java基礎

Java

Javaは汎用系言語といって、様々な開発に使われています。スマホアプリ開発には、Androidアプリによく使われます。

このコースでは、Javaの基礎を学びます。

Swift

Swift

Swiftは、Apple系のアプリを作るための開発言語です。Swift開発にはXcodeを使って開発します。

Android

andoroid

Androidは、Google社が作ったAndroid系で動くアプリ開発のために作られた言語です。このコースでは、開発にAndroid Studioを利用します。

クリエイターYAKO
クリエイターYAKO

スマホユーザーは、もはや今PCユーザー数を超えていて、子供からお年寄りまで使っているもの。

そのため、スマホアプリ開発ができるエンジニアのニーズは高く、派遣や契約から40代の実務未経験者の方でもエンジニア転職を果たしているジャンルです。

≫ CodeCamp アプリマスターコースを公式サイトで詳しく見る

CodeCamp アプリマスターコースの料金

DIVE INTO CODE返金
トンビ
トンビ

アプリマスターコースの料金っていくらなんですか?

クリエイターYAKO
クリエイターYAKO

CodeCampの料金はどのコースも受講期間によって決まっていて、明朗会計です!

コードキャンプ Webマスターコース受講料
入学金30,000円合計(税込)
2ヵ月148,000円(2ヵ月)195,000
4ヵ月248,000円(4ヵ月)305,800
6ヵ月298,000円(6ヵ月)360,800
分割払い可能3~36回

2ヵ月プランは、ちょっとでもJava、Swift、Androidのプログラミングを独学でやってきた、というような人なら選んでもいいかな、というプランです。経験者でも2ヵ月でマスターするなら、1日に最低5時間くらいは勉強する時間を確保しないと厳しいかな、という印象。当然、未経験者なら選ぶべきプランではありません。

一般的に未経験者のプログラミング習得には3ヵ月くらいと言われているので、4ヵ月コースを選んでおけばなんとか終えられるでしょう。

一番長い6ヵ月コースでも、料金にそれほど大きな幅がないので、「マイペースでじっくり勉強したい」「毎日まとまった時間を学習に充てられるか不安」と言う人なら6ヵ月コースでもいいと思います。

クリエイターYAKO
クリエイターYAKO

未経験者なら『2ヵ月コース以外』ならOK!

CodeCamp アプリマスターコースを選ぶメリットとデメリット

トンビ
トンビ

CodeCampのアプリマスターコースのメリットとデメリットを教えてください!

クリエイターYAKO
クリエイターYAKO

では、プロ視点から見ていきますね!

CodeCamp アプリマスターコースで学ぶメリット
  1. スマホアプリ開発に必要なスキルが身につく
  2. 受講生の満足度96.6%、企業の社員研修に導入など、信頼性が高い
  3. アイデアさえあれば、一攫千金!
  4. 料金が他校に比べてリーズナブル
  5. マンツーマン指導のオンラインスクールは他にない
  6. レビュー・添削が無制限
  7. 全国どこからでも受講可能

スマホアプリ開発に必要なスキルが満遍なく学べる

クリエイターYAKO
クリエイターYAKO

スマホアプリ開発は、需要が多いのでいいですね。

スマホユーザーは世界中にいます。アプリはひとつ作って他言語化すれば、マーケットは世界。そのため、スマホアプリ開発会社もたくさんあります。

Apple社製品で使うアプリ、Android系のアプリ開発の両方が学べるので、スマホアプリ開発エンジニアになるには必要なスキルを身につけることができます。

受講生の満足度96.6%、企業の社員研修に導入など、信頼性が高い

受講生の満足度、約97%というのは非常に高い数字です。

300社を超える大手IT企業が自社の社員研修に導入するのはコードキャンプが業界1位。最大手です。講師の経歴や指導力、マンツーマンのわかりやすさ、テキストの内容など、すべてにおいて安心して学ぶことができます。

特に、コードキャンプの講師採用のレベルは高く、応募者の約17%しかパスできないそうなので、知識はさることながら、指導力、人間力も求められるので、「講師の質がいい」というクチコミ評判が多いのもうなづけますね。

アイデアさえあれば、一攫千金!

スマホアプリが作れるっていうのは強いです。アイデアさえあれば、億単位で稼げるジャンル。一例をご紹介しましょう。

ヘアカットモデル集客アプリを開発した25歳OLの実話

ヘアカット

25歳の女性。街を歩いていたら新米美容師さんが「ヘアカットモデルになってもらえませんか?」と声をかけてきました。

当時、新米美容師さんは、シャンプー係りから実際に髪を切らせてもらうまでに技術を磨くため、安い価格でヘアカットをさせてもらえるモデルさんを道端で毎日声をかけ、練習していました。

声をかけても無視する女性も多いので、新米美容師さんは疲弊しモチベーションもダダ下がり。

毎日ヘアカットではなく、ナンパのような声かけをする時間に費やされ、逆効果である、ということに着眼しました。

彼女は、自分で「ヘアカットモデルをWeb上で集める仕組み」を作りアプリを開発しよう、とプログラミングスクールで学びます。

そしてアプリを公開、3年で年商1億円までの収益を生み出す実業家へと変貌しました。

25歳ですよ。アイデアがあり、それを形にできればビジネスとして成功する良い例です。

料金が他校に比べてリーズナブル

オンラインスクールは、通学型スクールのように施設費や光熱費等がかからないため、リーズナブルです。

そんなオンラインスクールの中でも、マンツーマン指導という手厚いフォローにも関わらず、かなりリーズナブルな受講料です。

マンツーマン指導のオンラインスクールは他にない

コードキャンプは「マンツーマン指導」。他のスクールもメンタリングがありますが、オンラインの対面で先生に質問することができるというだけで、開発画面を共有して詳細レビューをしてもらえるわけではありません。

マンツーマン指導が大きなメリットで、成果が出るため、多くの企業も社員向け研修として採用しているプログラムなんでしょう。

添削・レビューが無制限

一番プログラミングの力がつくのが、アウトプット。CodeCampのアプリマスターコースには、最後に提出課題が設けられていて、学習したことの総復習としてオリジナル開発をします。

課題が合格できるまで、何度でも添削してもらえます。

ここでグッとかなり実践的な力が身につきます。

全国どこからでも受講可能

地方在住の方でよくあるのが、「オンラインスクールは自信ない。直接講師に聞ける方がいい」と、パソコン教室に毛が生えたようなスクールに入って後悔してしまうケースです。

地元で評判が高いならいいですが、下手なスクールに通うくらいなら、CodeCampを選択した方が絶対いいです。

プログラミングスクールとして歴史が長いですし、企業からも定評があるので、スクール卒業後に転職しよう! と思ったとき、地元の名の知れないスクールでプログラミングを学んでも、都市部のIT企業への転職は難しいです。

質の高いプログラミングを全国どこに住んでいても受講できますし、転職フォローも都市部であれば(東京、大阪、名古屋、福岡、札幌など)できる限り希望に沿った紹介をしてもらえます。

CodeCamp アプリマスターコースのデメリット

とくに大きなデメリットはありませんが、強いていえば、「自分のPCに環境構築ができない」ということと、「チーム開発ができない」という2点です。

ですが、逆にいうと面倒な環境構築なく、受講申込後にすぐに学習が開始できるのは大きなメリットでもあります。環境構築は、転職後、現場で覚えればいいことですし、すでに環境が出来上がっている現場が多いと思います。

チーム開発については、実務未経験者の場合、現場に入ってチームでプロジェクトに携わるときに戸惑うことがあるかもしれませんが、これも実務で少しずつ経験していけばいいことなのかな、という割り切りが必要ですね。

もし、チーム開発など、少しでも転職に有利に学びたい! というならば、エンジニア転職特別コースの『コードキャンプゲート』を選択するといいでしょう。

ただし、カリキュラムが特別な分、受講料は40万円台と高いです。

≫ コードキャンプゲートの口コミ評判・詳細記事を見る

≫ CodeCamp アプリマスターコースを公式サイトで詳しく見る

CodeCampとTechAcademyとの比較

CodeCamp アプリマスターコース
iphoneアプリ
トンビ
トンビ

他のスクールとどう違うんだろう?

クリエイターYAKO
クリエイターYAKO

ここでは、同じくオンラインスクールで人気の高いTechAcademyと比較してみますね!

TechAcademyもまた、CodeCampと同じく人気が高いオンライン完結型のプログラミングスクールです。

CodeCampの「アプリマスターコース」に一番近いのは、TechAcademyの「iPhoneアプリ+Androidアプリセットコース」なので、この2コースで比較してみようと思います。

CodeCampTechAcademy
コース名アプリマスターコースiPhoneアプリ+Androidアプリセット
受講期間2ヵ月・4ヵ月・6ヵ月8週間・12週間・16週間・24週間
習得スキルJava基礎、Swift, AndroidSwift, Xcode, KotlinSwift,
Android Studio, Git/GitHub, Firebase
対応時間7:00~24:0015:00~23:00
オンラインチャットなしあり
指導方法マンツーマン指導自習+メンターに質問
入学金30,000円なし
受講料2ヵ月/148,000円
4ヵ月/248,000円
6ヵ月/298,000円
8週間/268,000円(228,000円)
12週間/308,000円(258,000円)
16週間/348,000円(278,000円)
24週間/438,000円(328,000円)

現役Webクリエイター視点による2社比較 メリットとデメリット

TechAcademyと比較したCodeCampのメリットとデメリット

料金の比較

CodeCampで未経験者が選ぶとなると、4ヵ月プラン。TechAcademyの場合は、「16週間プラン」がそれに該当します。

料金は、コードキャンプは入学金と併せると、278,000円(税抜き)で、TechAcademyの場合は348,000円。TechAcademyの方が70,000円高いという結果になりました。

いかにCodeCampがお得か、ということがわかりますね。

ですが、TechAcademyの場合、学生料金が設定されています。学生の場合、学割が適用されて16週間プランはCodeCampと同じ278,000円。学生なら、料金の違いはないので、内容やシステムなど、自分に合っている方を選べばいいでしょう。

取得スキルの比較

習得スキルを比較してみると、CodeCampは、Java基礎を学びますが、TechAcademyのAndroid開発にはJavaではなくKotlinを使います。一方、TechAcademyには、Git(コード管理)、GitHub(チーム開発)、FireBase(クラウドサーバー)など、より開発に必要なツールの使い方も学べるようになっています。

手段が違うものの、作るものはスマホアプリなので、どちらでもいいかな、と言う感じですね。Git、GitHub、FireBaseに関しては、独学でフォローしてもいいかな、とも思えます。

これは、どっちがいい悪いではなく、あなたの価値観で決めればいいところですね。

指導方法

CodeCampにはオンライン質問チャットはありません。その代わりに、講師とマンツーマンのプログラミング講義を受けることができます。

TechAcademyの場合、オンライン質問チャットとメンターによるオンライン対面によるカウンセリングや質問が可能になっていますが、CodeCampのように受講生のプログラミングを講師が見ているわけではなりません。自習メインで、わからないことをサポートするのがメンター、という感じですね。

これは、人それぞれの価値観にも寄ってくると思いますが、マンツーマン指導に重きを置くならCodeCamp、ある程度自分で学習ができて、わからないときだけサクっと質問チャットで聞いて解決したい、と言う人はTechAcademyという感じでしょうか。

チーム開発

TechAcademyには、カリキュラムにGit, GitHubが含まれています。Gitはコード管理用アプリ、GitHubはチーム開発で使う共有アプリです。

CodeCampにはないので、チーム開発とか、複数人でコード管理するなどといった、現場に近い内容にはちょっと弱いかな、という感じです。

チーム開発スキルも身につけたければ、CodeCampのエンジニア転職特別コース「コードキャンプゲート(20~32歳限定)」があるので、そちらを選択しましょう。

≫CodeCamp GATEの口コミ評判をみる

≫ コードキャンプゲートの公式サイトへ

レビュー・添削

CodeCamp、TechAcademyどちらも卒業制作でオリジナル開発がカリキュラムにあります。

が、TechAcademyはメンタリング回数が決まっているので、その範囲内でしかメンターに相談することはできません。あとは質問チャットで質問はできますが、文字に言語化する必要があります。

一方、CodeCampの場合、合格するまで回数無制限でレビュー・添削がしてもらえます。

確実に力がつくのはどっちか、といえばCodeCampの方かもしれません。

対応時間

CodeCampは早朝から深夜まで利用できるので、社会人や主婦など、日中なかなか時間が取れない人にはとてもありがたいですね。

CodeCampはマンツーマン講義なので、予約をしておけば早朝7時から講師とオンライン対面で学習できます。

クリエイターYAKO
クリエイターYAKO

どちらも人気が高く、内容もおすすめのプログラミングスクールです。

CodeCampもTechAcademyも、無料体験を受けることができるので、ぜひ両方受けてみてください。

学習環境用のプラットフォームのどちらが使いやすいかとか、テキストがどちらがわかりやすいかとか、百聞は一見にしかず。わかると思います!

≫ CodeCampの無料体験レッスンを予約する

≫TechAcademyの無料体験を予約する

スマホアプリエンジニアはいくら稼げる?

トンビ
トンビ

スマホアプリエンジニアになると、いくらくらい稼げるようになるんですか?

クリエイターYAKO
クリエイターYAKO

下のキャプチャは、求人サイトIndeedからの抜粋です。

実務未経験の新人スマホアプリエンジニアは、年収400万円くらいがスタート。

ですが、実務経験を積むと年収800万円を超える求人もたくさんあります。

フリーランスエンジニアになると、スマホアプリエンジニアはだいたい月80万円~100万円くらいで請け負う人が多いです。フリーランスには実務経験2年~3年程度でなる人も多いので、20代で年収1,000万円以上稼いでいる人もけっこういますね。

トンビ
トンビ

モチベーションが上がりますね!

CodeCampをお得に受講するには?

トンビ
トンビ

CodeCampはリーズナブルだってことはわかりました!

割引とか、キャンペーンとか、お得に受講する方法はありますか?

クリエイターYAKO
クリエイターYAKO

受講前に「無料体験レッスン」を受けることで、授業料に使える10,000円分のポイントがもらえます。

つまり1万円引きになるってことですね!

もともとCodeCampの受講料はリーズナブルなので、劇的に安くなる割引はないんですが、受講前に「無料体験レッスン」を受けておくと、授業料を1万円分安くすることができます!

CodeCampの実際の開発ツールも使えますし、必ず受けておきましょう!

≫ CodeCampの無料体験レッスンを予約する

CodeCampの受講手順

CodeCamp 体験レッスンから受講まで

プロ視点で考える CodeCamp アプリマスターコース受講3年後の未来

スマホユーザーはPCユーザー数を超え、ビジネスでは避けられないとどの企業も考えていて、これまでホームページしかもっていなかった企業も、アプリで商品やサービスを売る時代です。

そのためスマホアプリユーザーの需要は右肩あがりで、就職転職に強いのが特徴。

また、40代でも派遣や契約社員としてならアプリ開発エンジニアとしてスタートしている人もいます。

40代以上なら、何も転職にこだわらず、趣味として開発をすすめ、アイデアをアプリにして一攫千金を狙うこともできますよ。

夢が広がるのが、スマホアプリ開発です。

クリエイターYAKO
クリエイターYAKO

頑張ってくださいね!

人生一度切り。行動すればするほど、未来は開けます!

\人気のコースが最大約7万円オフ/おうち時間応援割!5/11迄開催!

コンテンツのコピー・流用は著作権上禁止しています。