テックアカデミー 「梅雨に負けるな!」キャンペーン開催中!

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の口コミ・評判は?途中解約や返金方法まで徹底解説

DMMウェブキャンプ DMM WEB CAMP
この記事は約10分で読めます。

トンビ
トンビ

Webエンジニアになるには、未経験から学べて確実に転職できるスクールってどこ?

この記事では、転職(就職)が保証されている「DMM WebCamp」をご紹介します。

Webクリエイター歴15年のYAKOが説明します。

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の特徴・ポイント

  • 教室に通い放題の通学型(11時~23時 at 渋谷)
  • 講師に質問し放題
  • 就職・転職ができなかったら全額返金保証される(20代限定)
  • 転職成功率は98%と業界トップクラス
  • 受講生の90%以上が未経験者
  • 受講年齢に制限がない(ただし全額返金保証は20代まで)
  • 受講期限は3ヶ月
  • 学費は3ヶ月で678,240円(税込)月々26,000円~の分割が可能
  • 学べる内容は完璧(html5、css3、JavaScript、Ruby、Ruby on Rails、MySQL)

教室に通い放題(11時~23時 at 渋谷)

DMM Web Campは通学型。渋谷にあります。

海外や一都三県外に住んでいる人は無理ですが、プログラミング学習には必ず「バグ」「エラー」が付き物で、それをすぐに講師に聞ける通学型はオンライン完結型よりもおすすめです。

講師に質問し放題

オンライン完結型のスクールでは、毎日チャットによる質問ができたりしますが、時間制限を設けられていて十分納得して理解できるとまではいかないケースもあります。

プログラミングには「ググって自力で調べる」という能力もプロになってからも必要なので、基本的にはググりながら調べるものの、それでもうまく検索できなかったり、見つけたとしても推奨されてないな古いコードだったり、欲しい情報がネットでは得られない、ということも当然出てきます。

最新のプログラミングスキルを持つ現役エンジニア講師に聞き放題、というのはポイント高いですね

挫折しづらいシステムです。

就職・転職ができなかったら全額返金保証される

受講料は税込678,240円と、プログラミングスクールの中では高額です。

ですが、後述しますが身につけたいスキルはほぼ網羅されているカリキュラムですし、万が一就職できなかった場合は受講料が全額キャッシュバックされる返金保証制度があるので、Webエンジニアになるための投資として考えれば至極妥当な金額…というより安いです。

転職成功率は98%の業界トップクラスなので、ほぼ転職は叶うんじゃないでしょうか。

ただし、転職保証&転職不履行のキャッシュバックは20代限定なのでご注意ください。

20代限定ですが、DMM WEB CAMPの担当者に確認したところ、以下のような答えをいただきました。

30代以降の方に関しては転職保証が外れた形でご受講可能でございます。また、エンジニアとしてのキャリアをお持ちの方であればご受講できる可能性もございます。

学べる内容がほぼ完璧

DMM Web Campの転職保証付きプログラミングコースで身につくスキルは、Webクリエイター15年の私が判断するにほぼ完璧です。

  • PhotoshopやIllustratorによるWebデザイン
  • html5
  • css3
  • JavaScript
  • Ruby
  • Ruby on Rails
  • MySQL

「ほぼ」とつけたのは、WebマーケティングやWebディレクションは学べないからです。

ただ、Webディレクションは転職して実務で身につけられるものですし、Webマーケティングに関しては色々書籍も出版されているので独学も可能でしょう。

3ヶ月という期間は短めなので難易度の高いRubyプログラミングに重きを置いたWeb Campのカリキュラムはよく考えられてるな、と思います。

WEBキャンプ(ウェブキャンプ)の口コミ・評判は?

現在実際にウェブキャンプで学んだ人にヒヤリングとアンケートを実施しています。まとまりましたら公開しますので、しばらくお待ちください。

WEBキャンプ(ウェブキャンプ)は途中解約&返金はできる?

ウェブキャンプの場合、学習開始から8日以内なら無条件クーリングオフが効き、全額返金してもらえます。

詳しくは別記事に詳しくまとめていますので、併せてご確認ください。

WEBキャンプ(ウェブキャンプ)はこんな人におすすめ

  • 未経験者なら20代の人(失業者なら尚良し)
  • 30歳以上で、無料スクールから条件が外れた人
  • 独学でのWebデザインに挫折してしまった
  • スキルを身につけて未経験からのWebエンジニアを目指したい
  • すでにWebデザイナーとして仕事をしている人
  • 将来フリーランスとして働きたい
  • オリジナルのWebサービスを作りたい

「20代の人」というのはWebクリエイターとしての率直な感想。

というのは、正社員でフルタイムで働いている人は、3ヶ月の学習では到底足りないだろう、と思います。

フルタイム正社員がDMM WebCampで学ぶとしたら、

  • 毎朝5時起きで、出勤前に勉強する
  • 毎日仕事終わりに渋谷の教室に通い23時マックスまで勉強する
  • 土日祝日の休みの日は一日中勉強に充てる
  • 3ヶ月間は勉強に集中し、デートも遊びも一切なし

こういうストイックな環境に身を置けるかどうかが鍵です。

失業者なら一日中勉強する時間はあるし、失業保険をもらいながら生活は保証されているので、毎日教室に通って勉強し、わからないことが出てきたら即講師を捕まえて疑問を解消していく、という方法がいいでしょう。

3ヶ月の学習の内訳は、最初の2ヶ月でプログラミングを学び、最後の1ヶ月で実際にWebサービスやアプリを作ってみる、という感じです。

年齢制限がないのになんで20代がおすすめなの?

どの企業も喉から手が出るほどエンジニアが欲しい、と思っています。しかも欲しい人材は20代の若くて安く雇える初心者。社内の現場で仕事を覚えてもらって、二次受け会社に仕事を回さなくても自社内で効率よくシステムを作ってもらいたい、と思っているのです。

なので、3ヶ月の短期間の学習でプログラミングは「やっとWebサービスをメンターに相談しながら作れた」というレベルでも十分転職・就職が可能、ということだと思います。

年齢制限はありませんが、おそらく30代後半にもなると紹介してもらえる企業はぐっと減ると思っていた方がいいです。

WEBキャンプ(ウェブキャンプ)は本気で学ぶ&確実に転職したい人におすすめ


DMM WebCampは、受講料678,240円(税込)と、プログラミングスクールの中ではけして安いスクールではありません。

ただ、「確実に転職できる」「30代でも受講可能」「無料スクールより長い受講期間」というメリットとしては妥当かな、とも思います。

非正規雇用が多い中、正社員として未経験からエンジニア転職ができる、というだけでも意味があります。また、元請け企業に就職できたり将来フリーランスになれれば、月に50万円~100万円稼げる案件はゴロゴロあるので、元は回収できるはずです。

DMM WebCampの卒業生の就職先は?

ドリコム(ゲーム)、コインチェック(仮想通貨)、PIXTA(画像・動画の素材サイト)など、エンジニアとして経験が積める大手企業などの実績があります。

他にも非公開案件が多数あるそうです。

WEBキャンプ(ウェブキャンプ)は今Webデザイナーとして働いている人ならベスト

今、すでにWebデザイナーとして働いていて、htmlやCSS, 簡単なJavaScriptはもうマスターしている人にとっては、DMM WebCampはとてもおすすめです。

というのは、プログラミングを学ぶ上で3ヶ月というのは「ギリギリ」の期間です。

Webデザイナーなら、htmlやcss以外の、プラスアルファのRubyやPHPをみっちり3ヶ月学ぶことができるからです。

まったくの未経験者から3ヶ月ここで学んでいきなりフリーランス、というのは正直難しいですが、すでにWebデザイナーのスキルがある人は可能だと思います。

今、もう30代後半とか、40代になっている、というWebデザイナーも、フリーランスとしてならエンジニア案件も獲得していけるんじゃないでしょうか。最初はクラウドソーシングの小さな案件からはじめて経験を積み、「Webデザインもフロントも、プログラミングもできる」という状態にしておくと、かなりアドバンテージが高いWebクリエイターになれると思います。

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)のデメリット

受講期間が短い(けど他のスクールもほぼ同じ)

3ヶ月というのはちょっと短いな、という気がします。働きながら勉強する人は、半年は必要かな、と思います。ただ、他の無料スクール(転職エージェントが運営している系)は1ヶ月単位の受講でどんどん転職させる傾向にあるので、そういう意味では3ヶ月は長い部類なのかな。

現在勤務中の人でも、残業がほぼ毎日、という人は時間の確保が厳しいかもしれません。

でも3ヶ月勉強して転職を果たせれば、実務でスキルをインプットしていけるので、このスクールはおすすめです。

DMM WebCampを選ぶなら、ドットインストールProgateである程度独学でプログラミングの基礎を掴み、それから入校すると3ヶ月の学習期間を有効に使えると思います。

未経験者はいきなりフリーランスはちょっと厳しい

将来フリーランスで働きたい、という人も、働きながら3ヶ月だけでフリーランスになれるとは思わない方がいいです。ガッツリ毎日朝から晩まで勉強して、どうにかなれるかな、というレベルだろうと思います。

プログラミング習得時間数は、1,000時間を目安とされています。

  • 平日:朝1時間 帰宅後2時間勉強(合計3時間)
  • 土日:8時間

勉強したとして、3ヶ月で約384時間。フリーランスになるなら、要件定義や基本設計、詳細設計など、フリーランスとして仕事を獲得するのに必要なプログラミング以外のことも学ぶ必要があるので、できればフリーランス向けのコースで学んだ方がいいかな、と思います。

ただ、DMM WebCampを修了して転職を果たし、2年~3年実務経験を踏めば、それからフリーランスには十分なれます。

なので、最終的にフリーランスを目指す人も、まずは転職して会社で実務を経験することをおすすめします。

ただ、講師がフリーランス経験がある人なら、個人的に色々教えてもらえるかもしれません。

受講料がちょっと高い

3ヶ月で受講料678,240円(税込)というのは高額な部類に入ります。

ただ、上にも書きましたが未経験から最短でエンジニアになるなら、独学で時間をかけずにスクールに通って集中的に学び、転職した先の会社で実務をしながら覚えるのが、一番効率的です。

DMM WEB CAMPは午前11時~夜10時まで教室を利用し放題、エンジニア講師の質問も午後1時から夜10時まで聞き放題なのは他校にはないサービスです。

通学ができない日も、オンラインであればメンターへの質問も朝11時~夜10時まで可能です。

「理解できずに学習が頓挫」「なかなか進まず離脱」ということが起こらないシステムになっています。

早めにエンジニアとしてプログラミング漬けになれる環境に身を置くことが重要で、転職できればあとはインプットのみ。現場の強みは、バグ修正など必ず必要な業務で、会社の先輩に聞けることですね。お金をもらいながらプログラミングを学べる、という感覚でしょうか。

なので、受講料の高さは、確実にエンジニアに転向するための投資と考えると妥当です。

まとめ

DMM WebCampの「転職保証」と3ヶ月の対面式学習というメリットを最大限に享受するなら、

  • 最低限html, css, jQueryくらいはできるようにしておくといい
  • RubyやRuby on Railsも、できれば予備知識として上記の無料学習サイトで一通りやってみる

ということをしてから入るといいと思います。

お金を払ってせっかく学ぶのですから、htmlやcssなど、独学でも十分習得できる言語をスクールで学ぶのはもったいないです。さらに一歩上の知識をインプットできるようにしておくのがポイント。

なので、すでにWebデザイナーとして仕事をしている人にとっては、プラスアルファのプログラミングスキルを身につけて収入アップやフリーランス、という道は現実的です。

あとは、ガッツリ3ヶ月間、本気で学ぶ覚悟をキメましょう。

人生のうちで3ヶ月なんて、ほんのあっという間です。この期間を、飲み会やデートの約束もすべて封印し、人生賭けて挑む!くらいの覚悟で勉強しましょう。

スクールは講師との相性や、教材の質というのもあると思うので、無料カウンセリングを受けてみて、自分の感覚で判断するといいと思います。