テックアカデミー 「梅雨に負けるな!」キャンペーン開催中!

.Pro(ドットプロ)の口コミ・評判は?コース内容が凄すぎる!

ドットプロ .Pro(ドットプロ)
この記事は約13分で読めます。

ツグミ
ツグミ

以前プロゲートで独学でやってみたけど、私には合いませんでした。途中で躓いて調べても結局わからずじまいで、それからプログラミングから離れてしまいました。

今度こそ、きちんと本格的に身につけたい! こんな私におすすめのスクールを教えてください!

 

独学はマイペースで勉強でき、お金がかからない、ということがメリットですが、挫折率も高く、結局時間を無駄にしてしまう人が多いですよね。

Googleで自分でググって調べても、古いコードとは知らずにそのまま身につけてしまうリスクもあります。

今回は、フロントエンド・エンジニアにもなれるFrontedコースと、Pythonで機械学習やディープラーニングを学べるPythonコースがある、おすすめのスクール「ドットプロ」について詳しく解説します。

WEBクリエイター歴15年の私が説明します!

WEBクリエイター視点の .Pro(ドットプロ)評価

総合評価
5
カリキュラムの内容
5
コース充実度
3
学びやすさ
4
卒業後の実務レベル
5

WEBクリエイター歴15年の私の視点による判断ですが、もしあなたが

  • 一都三県に住んでいて渋谷の教室に週1で通える
  • デザインだけできるWEBデザイナーではなく、フロントエンドエンジニアレベルのコーディングスキルを身につけたい
  • Pythonで機械学習やディープラーニングを学んでデータサイエンティストになりたい

という人なら、一番おすすめなのがドットプロです。

とにかくカリキュラムの内容がパーフェクト。ただし、WEBクリエイター向けのフロントエンドコースとPythonコース、短期のWEBマーケティングコースしかありません。このいずれかを希望する人には、最高のスクールです。

.Pro(ドットプロ)の基本情報

運営会社 株式会社D-ing
スクール名 .Pro(ドットプロ)
教室場所 東京都渋谷区渋谷2-12-13八千代ビル8階TOMO PARTNERS内
受講条件
  • MacまたはWindowsのノートPCを用意すること
  • 週に1回の特訓に参加できること
  • 毎日1~2時間程度の学習時間を確保できること
  • 特訓期間後も自発的に学習ができる人
コース
  • フロントエンドコース
  • Pythonコース
  • WEBマーケティングコース
受講期間 6ヵ月
受講料 432,000円(税込)

\30秒で入力可能! オンライン申込み /
個別相談会にエントリー
実践型WEBクリエイターを目指す人に最適♪

.Pro(ドットプロ)の口コミ・評判

Y.S.
K.K.さん28歳

プログラミングなんて全く勉強したことがなかったので、ついていけるか心配でした。でも、クラスメートは10人で、講師は一人一人の理解度を把握してくれていて、気軽に質問できる雰囲気が助かりました。

Y.S.
M.E.さん40歳

40歳でPythonを勉強してみたい!と思っていたのですが、個別相談会で「年齢は関係ありません」と言ってもらえたことで入学を決意できました。勉強は大変ですけど、すごく面白くて充実しています。

Y.S.
F.I.さん32歳

WEBデザイナーを目指しているんですが、どのスクールもデザインを作ってコーディングするだけ、みたいなカリキュラムで入学を躊躇っていました。その程度なら独学でもできるんじゃないか、と思っていたからです。

でも、自分で本を買って独学でWEBデザインを勉強したことがあり、「仕事に耐えるWEBデザインは独学では無理」と確信していたこともあり、もっと踏み込んで本格的に学べるスクールを探していました。

ドットプロは、SassやGitHub、UI/UX、Wordpress、PHPも学べるのですごく嬉しいです。

Y.S.
E.I.さん28歳

会計事務の仕事をしていたんですが、毎日数字を見るだけの仕事に「将来このままでいいのか?」といつも不安に思っていました。

数学は得意だったこともあり、もともと電子工学出身だったので、Pythonには以前から気になっていましたが、プログラミングは初めてだったので少人数でレベル別に学べるドットプロに決めました。

無事転職成功し、今はPythonエンジニアとしてWEBサービス開発をしています。

.Pro(ドットプロ)のコース

.Pro(ドットプロ)で学べるコースは次の3コース。

コース名 目的
フロントエンドコース WEBクリエイター・フロントエンドエンジニアになりたい人
Pythonコース データサイエンティストになりたい人
AIを取り入れたWEBアプリやサービスを開発したい人
ゲームアプリを作りたい人
WEBマーケティングコース WordPressの導入や運用方法を学んでマーケッターとして稼ぎたい人

WEBクリエイター視点からいうと、「WEBマーケティングコース」は習う必要はないかな。Wordpressの導入や運用方法なら、「フロントエンドコース」でも学べますし。

なので

  • フロントエンドコース
  • Pythonコース

の2コースに絞ってあなたの方向性で決めましょう!

フロントエンドコース

WEBエンジニア

.Pro(ドットプロ)フロントエンドコースの特徴

  • プログラミングを用いて自由自在にWebサイト・サービスを開発できるようになる。
  • フリーランスとしても活躍できるように技術以外のスキルも身につけられる。

.Pro(ドットプロ)フロントエンドコースで身につくスキル

  • HTML(5)/CSS(3)
  • JavaScript
  • GitHub
  • Sass
  • WordPress
  • PHP
  • Illustrator
  • Photoshop
  • UI/UX
  • サービスの企画立案

これだけ充実したカリキュラムは他にはありません!

.Pro(ドットプロ)フロントエンドコース

Pythonコース

python

.Pro(ドットプロ)Pythonコースの特徴

  • プログラミングによる数値演算や機械学習を学ぶ。
  • 機械学習を取り入れたゲームやWEBサービス・アプリを開発できるようになる。

.Pro(ドットプロ)Pythonコースで身につくスキル

  • Python
  • Messaging API
  • NumPy
  • Beautiful Soup
  • Keras
  • Pandas
  • Flask
  • Django
  • Scikit Learn

.Pro(ドットプロ)Pythonコース

.Pro(ドットプロ)の特長、メリット

デザイナー

  • WEBデザインとコーディングができるだけのカリキュラムではなく、即戦力として第一線で働けるスキルが身に着く
  • 習熟度別、少人数クラス制度
  • 月1回の制作発表会でモチベーションアップ
  • 現役エンジニアによる対面直接指導が受けられる
  • まったくの未経験者でもOK
  • 年齢不問
  • グループワークによりチーム開発を経験できる
  • クリエイターレベルの即戦力が身に着く実践重視の指導

これまで、WEBデザインやプログラミングスクールというと、進捗状況は個人に委ねられ、遅れを取ってしまうと通学型スクールでさえフォローができない、といった傾向がありました。

.Pro(ドットプロ)は少人数クラス制で、しかもレベルによってクラス分けされています。

ツグミ
ツグミ

じゃあ、パソコン操作さえ不慣れな超初心者でも、自分のレベルで焦らず勉強できる! ってことですね!

そうですね。逆に、すでにHTMLとCSSのマークアップくらいまではできる、という人や、プロゲートでPython基礎を何周かしていて予備知識がる、っていう人も、自分のレベルでクラス分けされるので、初心者の方の理解度や進捗に合わせて講義が進まずにイライラ…ということもありません。

.Pro(ドットプロ)で身につく即戦力

  • 発想力
  • 問題解決能力
  • コミュニケーション能力
  • 実行力

ドットプロの大きな特長が、この4点。

発想力

ノート

これはクリエイターには超必須のスキルです。発想力なければ、おそらく仕事が辛い。デザインを起こすときも、サイト構成やサービスを考えるときも、向こう側にユーザーやお客さんがいて、その人たちの「便利」「助かる」というニーズに想像を膨らませて、アイデアを形にする必要があります。

WEBデザイナースクールの多くは、デザインを作り、コーディングができたらOK、というカリキュラムが多いので、正直受講料のコスパが悪いな、と感じるスクールも多いのです(当サイトでそういうスクールは紹介していませんが)。

WEBデザイナーになりたい人も、デザインだけorコーディングだけできます、というのでは、おそらく上流工程の仕事はできません。

Pythonコースも同様、エンジニアだって発想力は絶対に必要です。

機械学習やディープラーニングにおいて、コンピュータに実行指示をするのがコードなので、それをいかにシンプルにわかりやすく、軽く動きやすく書けるかとか、AIを取り入れたWEBサービスやアプリを作るときには、WEBデザイナーと同じような発想力も必要になります。

.Pro(ドットプロ)のフロントエンドエンジニアコースの場合、WEBクリエイターになれるカリキュラムなので、ドットプロで学んでおけば、後から知識不足に悩んでオンラインスクールに追加で申し込まなくてはいけない…などのリスクがありません。

問題解決能力

面接

プログラミングにはバグやエラーはつきもの。

プロになっても、バグとエラーとは常に戦うもの。なので、初心者だからバグが出る、エラーが出る、というものではないので安心していい。

でも実際にエラーが出て、訳のわからない英語がバァーっと流れてきたら焦りますよ… ここで独学者は挫折、というパターンが多いですし。

スクールを卒業して就職しても、独立してフリーランスになっても、エンジニアである限りバグとエラーは自力で解決していくのが基本です。ですが、初学者がそれをやるのは非効率。

プロの現役講師がヒントを与えながら、自分で問題解決できるスキルを身につけることができるので、エンジニアとしての素地ができあがります。

コミュニケーション能力

外国人とのコミュニケーション

WEBクリエイターなら、クライアントとのミーティングから、どんなことに困っているのか、どんな希望があるのかなどをヒヤリングします。(WEBデザイナーだったら、そういう仕事はディレクターがやってくれます)

そのときに必ず必要なのはコミュニケーション能力。仕様によってはエンジニアやイラストレーターやコーダーとも仕事を一緒にすることもあるので、そういう場合も絶対必要。

エンジニアなら「コミュニケーション能力なんて必要ない」と誤解している人も多いんですが、案件によっては複数のエンジニアでチーム開発をする(というか、そういう仕事が多い)ので、コミュニケーション能力はやはり必要です。まぁ、黙々と作業することが基本ではありますが。

実行力

企画・プレゼン

これはPDCA(Plan、Do、Check、Act)を回す、ということもそうですが、アイデアを形にしてビジネスにする。そういう力が付きます。

.Pro(ドットプロ)が向いている人

  • 教室が渋谷なので、通える人
  • 他のWEBデザインスクールのカリキュラムに納得できなかった人
  • Pythonでデータサイエンティストになりたい人
  • UI/UXも学びたい人
  • 独学で挫折した人
  • 稼げるクリエイター、エンジニアになりたい人
  • 将来独立したい人

.Pro(ドットプロ)のデメリット3点

新興のプログラミングスクール

2017年3月に設立された株式会社D-ingが運営するプログラミングスクールですので、かなり新しいスクールです。

スクール自体のスタートは2018年からなので、2019年になってようやく卒業生が出てきたという感じなので、他のスクールよりも転職実績が少ないです。

とはいえ、プログラミングスクール自体、それほど歴史があるものではないですし、運営歴が長いからといってカリキュラムや講師の質がいいとは限らないので、そこはあまり気にしなくてもいいかな、と思います。

重要なのは、無料の個別相談会に参加してみて、講師から直接色々話を聞くことですね。

当然、他のスクールも視野に入れて、2~3校に絞って気になるスクールの個別カウンセリングや個別相談に参加して、一番納得のいくスクールに決めればいいと思います。

ただ、色々なスクールを取材したり調査している中で、WEBクリエイター視点からみてドットプロのカリキュラムは、かなり本格的ですし充実しています。

とくに、WEBデザイナーの上級職、WEBクリエイターを目指したいならドットプロはすごくおすすめです。

教室が渋谷にしかない(今のところ)

通学型のプログラミングスクールは、どうしても東京に集中していますね。

しかも渋谷はプログラミングスクールの聖地です。なぜか。ほとんどのプログラミングスクールが渋谷に教室を構えています。

遠方にお住まいの人で通えない、という人は諦めざるを得ませんね。残念ですが。

今無職の人なら、上京してシェアハウスとか短期契約の部屋を借りて勉強するのもアリです。6ヶ月だけなので、アルバイトしながら部屋代と最低限の生活費を稼ぎつつってのも考えてもいい。

というのは、あなたがWEBクリエイターやPythonエンジニア、データサイエンティストになれば、月額50万円~150万円くらいは稼げるようになるからです。

投資する、という感覚で挑みましょう。

.Pro(ドットプロ)の受講料はかなりコスパがいい!

ドットプロの受講料は、フロントエンドコース、Pythonコース共に432,000円(税込)です。

これを高い! と感じる人もいるかもしれませんが、内容からすると適正、もしくはコスパがいいと思います。

学習期間は6ヶ月で、週1回の特訓を合計24回受けることができます。特訓期間後も学習サポートが受けられるので、少人数制のアットホームなプログラミングスクールの良さですね。

WEBクリエイター向けスクールのおすすめスクール受講料比較

通学型のWEBクリエイター向けスクール(WEBクリエイターの私がおすすめしている3校)です。

学べる内容 .Pro デジハリStudio テックエキスパート
学習期間 6ヶ月 6ヶ月 6ヶ月
HTML(5)・CSS(3)
Photoshop
Illustrator
JavaScript
Wordpress × ×
PHP × ×
GitHub ×
Sass ×
UI/UX
デザイン概論
受講料(税込) 432,000円 486,000円 645,840円
ツグミ
ツグミ

すごい! 圧倒的なコスパ!

そうなんです。WEBクリエイター志望なら、.Proはかなりオススメ。クレジットカード払いもできます。

デジハリStudio by LIGの場合、WordpressやPHPも学びたい場合は、「WEBデザイナー選考+Wordpressコース」というセットコースを選べばOKなんですが、そうなると学習期間は8ヶ月、受講料は570,240円になってしまいます。

それぞれのスクールに、ここでは書ききれないオススメポイントがあるので、後でまとめて比較記事を作りたいと思います。

\30秒で入力可能! オンライン申込み /
個別相談会にエントリー
実践型WEBクリエイターを目指す人に最適♪

.Pro(ドットプロ)の教室の場所

東京都渋谷区道玄坂1-22-12和考渋谷ビル4F

.Pro(ドットプロ)受講条件に必要なノートPCのスペック

Mac

ドットプロの受講要件に「ノートPC」というものがあります。

MacでもWindowsでもOKだそうですが、これから買う、という人はMacの方がいいと思います。プログラミング開発にはMacの方が色々楽ですから。

推奨スペックは書いていませんでしたが、Pythonコースならメモリ最低8Gは必要です。フロントエンドコースならPhotoshopやIllustratorなどメモリを食うアプリを使うので16Gあったほうがいい。

HHDではなくSSD、クラウドを契約したりしてもいいから、メモリの方を優先してください。あと2コア以上、クアッドコアなら尚可。

.Pro(ドットプロ)の個別相談会にエントリーしてみよう

WEBクリエイターになりたい。しかも、トップクリエイターになれる素地を作りたい。

Pythonエンジニアになりたい。データサイエンティストになりたい。

そんな気持ちが少しでもあるなら、まずは個別相談会に参加してみましょう。

当サイトでも何度も繰り返しお伝えしていますが、本当に!本当にプログラミングを始めるなら、早ければ早いほどいいのです。しかもPythonをやりたいなら一刻も早く!

というのも、Pythonができるエンジニアはかなり不足している一方、需要がうなぎのぼりで高報酬が狙えるからです。20代でも年収1,500万円、2,000万円も狙える旨味のある言語です。

感のいい人は、すでにPythonの将来性に目をつけて、プログラミング学習を初めていますし、すでにSIer分野のエンジニアもPythonに転向しようとしている人たちが増えてきています。

5年後にはすでにPythonエンジニアも増えているでしょう。今はまだ、ブルーオーシャンです。

ドットプロのカリキュラム内容なら、半年後の6ヶ月後には転職に成功しているでしょう。もともとエンジニアだった人は、Pythonエンジニアとしてフリーランスとしてガンガン稼ぐことができます。

騙された、と思って個別相談会に行ってみてください。

やってしまったことの後悔は日々小さくなるが、やらなかったことの後悔は日々大きくなる

林真理子の名言


\30秒で入力可能! オンライン申込み /
個別相談会にエントリー
実践型WEBクリエイターを目指す人に最適♪