【2019年7月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!
Slider

全記事一覧ページへ

未経験からWEBクリエイターになるためのステップバイステップ

当サイトGo! Webクリエイターズ!とは

Go! Webクリエイターズは、「未経験からWebデザイナー・クリエイター、エンジニアになりたい、自由な働き方をしたい、手に職をつけたい」という人たちに向けた、プログラミングスクール・転職・フリーランスエージェントの総合サイトです。

未経験から自由な生き方を実現するためのロードマップサイトでもあります。

Go!Webクリエイターズの最終目的は、あなたが手に職をつけて「会社に所属しなくても、世界のどこでも仕事ができる、自由なライフスタイルを確立するための手段」としてWebクリエイターをめざすことにあります。

Webのスキルで手に職をつけたら、会社員で制作会社に勤めるよりも独立したほうが収入もアップし、自由度も高くなるのが、Webクリエイターの強みであり、アドバンテージです。

当サイトでは「世界で自由に生きるWebクリエイター」になるための最短最速の方法をお伝えします。効率良くステップバイステップでクリアしていけるような構成で作っています。

こんな人におすすめ

WEBクリエイター

  • 手に職をつけたい
  • 未経験からWEBデザイナー、WEBエンジニアをめざしたい
  • 将来フリーランスになりたい
  • 自宅やカフェでリモートワーク、ノマドワークがしたい
  • 結婚・育児などのライフステージの変化にも左右されない収入が欲しい人
  • 年収500万円以上、さらには1,000万円以上稼ぎたい
  • 独学で挫折した人
  • 自分でゼロからクリエイティブなWEBサービスを公開し、世の中に貢献したい
  • 海外移住をしたい

最短3ヶ月で手に職をつけられる珍しい職業

寿司職人も、伝統工芸士も、弁護士も医師も、一般的に「手に職」と言われる仕事は何年も修行や勉強が必要ですよね。

でも、WEBデザインもWEBエンジニアも、最短3ヶ月、長くても6ヶ月あれば手に職をつけられます。(スクールに通った場合)

もちろん、それだけではWebクリエイターの入り口でしかありませんが、転職してIT・WEB業界に入ることは可能です。

実務でどんどん腕を磨いていきましょう!

GO! WEBクリエイターズのメンバーを紹介します!

ツグミツグミ・23歳
仕事は歯科助手をしています。仕事は楽しいんですが、毎日少ないスタッフの中でルーティンワークがしんどく感じていました。将来結婚して家事や育児に追われても自宅でできる手に職が欲しいと思ってWEBデザイナーを目指します!
趣味:カメラ・カフェ巡り
トンビトンビ・28歳
人材派遣会社の営業をしています。毎日残業で、週に3日は終電で帰宅、という毎日…手に職がつかない営業の仕事に不安があります。でも28歳ってWEB業界への転職はもう遅いって周りから言われてちょっと不安… 将来はWEBクリエイターになって海外で暮らしてみたい!
趣味:海外旅行・ゲーム
タカシタカシ・33歳
僕はWEBデザイナーになって2年。毎日忙しく過ごしています。同じ会社にずっと務めていると、取引先の会社の傾向が固まってきて、色んなデザインの経験を積めないのが悩み。転職してステップアップしたいと思っています。
趣味:映画鑑賞・読書

GO! WEBクリエイターズ! 運営者のYAKOです。WEBクリエイターになって15年。パンフレットや看板デザインなどの印刷物制作もやるパラレルワーカーです。ツグミちゃんやトンビ君、タカシさんにアドバイスしながら進めていきます。

わかりやすいサイトをめざして頑張ります!

WEBクリエイターへのステップ by ステップ

無料体験会

当サイトでは、順を追ってステップアップできるよう、構成しています。

ノマドワーカーへの道

未経験からのステップ
ロードマップの全体像を載せています。
STAGE0(準備編)
WEBデザインや開発に必要な道具やツール、マインドなど。
STAGE1(初級編)
スクール選びのポイントや、達成基準など。
STAGE2(中級編)
フリーランスの知識や準備、便利なツールやマインドなど。
番外編:WEB業界を知る
WEB業界には様々な職種があります。

 

スクールを卒業してすぐに独立(フリーランス)になる人もいますが、そういうケースは

  • すでにエンジニアとして働いていて、別の言語を学ぶためにスクールに行き、独立
  • すでにWEBデザイナーとして働いていて、さらにスキルを高めるためにスクールに行き、独立

というように、すでになんらかの経験がある人が多いです。

未経験からめざす人は、まずはIT・WEB系企業への転職を目標にしましょう!

 

ステップ1 初級編へ

スクールをさがす

未経験者の方向けに、プログラミングスクールの選び方を詳しくまとめています。なりたい目的別のおすすめスクールもご紹介しているので、こちらも併せてご確認ください。

あなたに合ったプログラミングスクールの選び方

プログラミング言語別

ざっくり、人気のプログラミング言語別にどんなことができるかをご紹介します。

RubyRuby/Rails

WEBサービス(インターネット上のアプリケーション)を作りたい

詳細・スクール

PHPPHP

ECサイトやWordpressを作りたい

詳細・スクール

PaythonPython

AI(人工知能)や機械学習・データサイエンスを学びたい

詳細・スクール

SwiftSwift

iOSアプリを作りたい

詳細・スクール

JavaJava

Androidアプリを作りたい。業務システムをマスターしたい。

詳細・スクール

JavaScroptJava Script

WEBデザイナー・フロントエンドエンジニアになりたい。ブラウザゲームを作りたい

詳細・スクール

文字ではなく「」をクリックしてください。

「手に職」つけて「天職」に! 仕事が楽しいと思えるようになる!

外国人とのコミュニケーション

WEBクリエイターになりたい、と思って当サイトをクリックしてくださった皆さん。

おそらく、あなたはこんな人ではないですか?

  • 手に職をつけたいと思っている
  • アートが好き
  • デザインが好き
  • 写真が好き
  • モノ作りが好き
  • ゼロから何かを作り出すことが好き
  • アイデアを出したり、新しい何かを想像するのが得意

WEBクリエイターになると、これらすべてが自分の仕事になります。

上司からの指示や命令に従って動くのではなく、あなた発信で何かを表現する。そしてあなたの発信が世の中の人々の暮らしを便利にしたり、必要な情報を届けてあげる。

「好き」が仕事になると、大変なことも「辛い」のではなく「面白い」と感じるようになります。もっと知りたい、もっと上手になりたいと貪欲になります。

仕事が好き! と言える人生は、とても実り豊かで充実したものになります。しかも手に職をつけるのと同時に、「自由」と「お金」も手に入れることができる、数少ない「穴場」な職業なのです。

未経験者からWEBクリエイターをめざすあなたへ

デザイン

これから学ぶ人は、お金がかかってもスクールに行って基礎を効率よくしっかり学ぶことを強くおすすめします。基礎をしっかり自分に落とし込んでおくと、その後に新しい技術が出てきても知識のアップデートは楽になります。

スクールに使う受講料は、「投資」です。

独学で勉強すれば学費は0円ですが、習得にかかる時間はスクールに通う3倍~4倍、と言われています。

スクールで学べばプログラミング言語だけでなく、現場で使うツールやアプリ、サーバーやチーム開発等、複数のスキルが身に付きます。

習得後に稼ぎ出せる金額と、習得にかけた総時間数を考えたら、圧倒的にスクールに通った方が対費用効果が高いです。

こういう考え方は、実はエンジニアやデザイナーになってからもけっこう重要で、「全然稼げない」と言っているエンジニア・デザイナーも少なからずいますが、共通しているのは「どうやったら稼げるか」ということや、「自分に投資する」という感覚がスッポリ抜けていたりします。

WEBクリエイターになれば、スクールに投資したお金は簡単に回収できます。お金は戻ってきますが、時間は戻ってきません。

プログラミングスクールの選び方

WEB業界の将来は、明るい未来しかない

デザイナー

今、WEBエンジニアの数は圧倒的に不足しています。また、マーケティングやUI/UXのスキルがあるWEBデザイナーもまだまだ少ない状況です。

エンジニア不足は国の経済発展にも関わってくるため、日本は今、エンジニアを増やすための施策を検討しはじめていて、その一つに「年収の底上げ」があります。団塊の世代のエンジニアが完全にいなくなる2025年が大きな転換期で、それを目標にエンジニア教育に力を入れはじめています。

これからはますます、WEBクリエイターは売り手市場! 明るい未来しかありません。

始めるなら、早ければ早いほどいい

WEBエンジニア

WEB業界で働くなら、早ければ早い方があなた自身の未来の選択肢が増えます。

20代の若いうちからこの業界に入ると、会社での実務の中で様々な経験を積めます。扱うプログラミング言語以外にも、現場で使うチーム開発ツールやコードバージョン管理など、仕事をしてお金をもらいながら覚えられるのがメリットです。

また、少しずつ扱える言語を増やしていきスキルを伸ばして年収アップ、フリーランスとして年収1000万円以上というのも、20代、30代でも可能になってきます。

WEBデザイナーなどのクリエイティブ系の人も同じです。デザイナーから始まり、ディレクターやプロジェクトマネージャーなどの経験を積むのにも、若い方が時間があるので自由にキャリア構築ができるでしょう。

この業界で働きたいと本気で思うなら、今すぐに行動しましょう!

タイトルとURLをコピーしました