【2019年9月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

転職一体型!無料プログラミングスクール経由でエンジニア転職を100%実現!

この記事は約4分で読めます。

これからプログラミングを勉強しようと思っている人、独学で勉強したけどスキルが低い人、転職活動しても内定がもらえない人は、無料でプログラミングを学べるスクールもあります。

有料のプログラミングスクールとの違いは、「スクール経由で紹介された企業に転職することで受講料が無料になる」という点です。

スクール側はエンジニア人材を確保できた御礼としてスクールに謝礼金を払われることで運営しています。

転職保証付きのプログラミングスクールには、勉強途中でも転職優先で指導をしっかりやっていなかったりするケースもあり注意が必要ですが、ここで紹介するのはカリキュラムも講師もテキストもしっかりしていて、教育に対する倫理観も感じられるスクールだけを厳選しています。安心して申し込んでください。

デメリットがあるとしたら、スクールを通さず転職活動して内定をもらった場合、受講料は無料にはならない点です。もし自分で探したいという人は、有料スクールに通って転職エージェントを利用しましょう。

そうじゃない人は、このような無料スクールを最大限に利用して、とにかくエンジニアとして実績を積むために転職を成功させてください。

ここで紹介するスクールは、95%以上の内定率なのでほぼ転職は可能です。

必要なのは、あなたの決断と行動力だけです。

地方在住の方へ

地方在住の方は、もしエンジニアになりたいと思っているなら東京に出てくることを積極的に考えてください。

圧倒的に仕事の数や、スキルアップできる仕事の質が、東京は突出しているからです。

エンジニアとしてフリーランスになっても、やはり仕事の場は東京が中心となります。

転職一体型 おすすめプログラミングスクール

Code Ship (コードシップ)

コードシップ

スクール詳細へ
Code Ship

コードシップは東京・池袋にある転職一体型プログラミングスクールです。

転職して翌々月25日に受講料全額キャッシュバックされます。実質無料です。

コードシップのメリットは他にもたくさんあります。

  • Ruby, Rails, PHP, WordPress, JavaScript, Unity, Python, Reactなど、魅力的なプログラミング言語が無料で勉強できる
  • カリキュラムは4ヶ月、みっちり勉強できる
  • カリキュラムが期限中に終わらない場合、無料で延長可能
  • 申込みしたコースの期限内であれば、他のコースの言語も無料学べる

コードシップで扱うプログラミングを学んで企業で2〜3年経験を積めばフリーランスエージェントに登録することが可能です。そうすると、年収は会社員時代よりも2倍くらいになります。

そう考えると強烈なコスパですね。

コードシップ詳細 → 【公式】https://code-ship.wemotion.co.jp/

ITCEアカデミー

ITCEアカデミーは、サーバーとネットワークを学び、最短1ヶ月でシステムエンジニアとして転職ができるプログラミングスクールです。

このスクールの大きな特徴は、受講料が完全無料、最初から最後まで、一切受講料なるものを支払う必要がありません。万が一転職できなかった場合の違約金など、セコいこともありません。

また、受講期間中は無料で住まいも提供してもらえるため、地方から上京する人や、全く貯金がない、という人も完全無料で学べるのです。

残念ながらRubyやPHPなど、コードシップのように魅力的なプログラミング言語を学ぶことはできないのですが、エンジニアはコードのプログラミングだけでなく、サーバーやネットワークの知識があると強いので、ITCEスクールを出て数年サーバー&ネットワークの実務経験を積んで、そのあとで上に紹介したコードシップで興味のあるプログラミング言語を無料で学んで転職、という方法もおすすめです。

遠回りのようですが、着実に力が身に着くはずです。

ITCEアカデミー詳細 → 【公式】https://www.it-careerexpo.com/itce-academy

上記2校が、プロのWEBクリエイター視点からみても、無料でプログラミングを学ぶスクールとしておすすめです。

無料でプログラミングもエンジニアとしての転職も叶えられるので、今の会社辞めて転職してもいい、という人は検討してみてください。

無料体験や説明会に参加しよう

コードシップもITCEアカデミーも、無料体験会や説明会を開催しています。

受講前にご自分の目で確認し、必要なPCのスペック等も確認しておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました