目次
比較
特集
【2020年8月限定】〆切間近! TECH::CAMP(テックキャンプ)エンジニア転職3万円引き!

東京デザインプレックス研究所のWEBデザイン総合コースってどう?受講料やなれる職業は?

この記事は約5分で読めます。
ツグミ
ツグミ

東京デザインプレックス研究所のWEBデザイン総合コースってどんな感じなんだろう?

WEBデザイン総合コースはWEBデザイナー、WEBマスター、スマートフォンデザイナーをめざすためのコースです。レスポンシブデザインも習得できます。

同じ職業をめざすコースとして「WEBデザインプロフェッショナルコース」がありますが、プロフェッショナルコースが「転職をめざす」のに対し、総合コースはレスポンシブデザインもマスターし、スマホサイトも作れるようになる「WEBデザイン強化コース」になっています。

東京デザインプレックス研究所は「大人のためのデザイン専門校」と謳っているだけあり、WEBデザイナーのための教育が他校を凌駕する圧巻の内容になっています。

  • 未経験から本気でWEBデザイナーをめざす人
  • ハイレベルなデザインスキルを身につけたい人
  • トップクリエイターをめざす人
  • 美大に行けなかった人
  • WEBデザイナーとして自由な働き方を実現したい人
  • 大手広告代理店や制作プロダクションに就職・転職を成功させたい人
  • スマートフォンサイトが作れるようになりたい人

レスポンシブサイトの制作スキルは、今は必須のスキルです! これができないと話になりません。他のコースと迷っていたら、総合コースをチョイスしてください。後悔はないはずです。

WEBデザイナーやWEBマスターの仕事の内容について詳しく知りたい方はこちらをあわせてお読みください。

東京デザインプレックス研究所HP→ http://www.tokyo-designplex.com/

東京デザインプレックス研究所「WEBデザイン総合コース」の基本情報

デザイナーWEBマスター
東京デザインプレックス研究所
通学場所 東京都渋谷区道玄坂2-10-7新大宗ビル2号館9F(渋谷駅徒歩5分)
学習形式通学(定員:10~16名)

  • 半年の短期間でWEBデザイナー/WEBマスターをめざす
  • トップクラスのデザインスキルを身につけられる
  • 広告代理店やプロダクションの分業化に対応した「WEBデザイン強化コース」
内容
めざす職業WEBデザイナー・WEBマスター
料金[入学金]30,000円 [受講料]480,000円 [教材・実習費]42,000円
[合計]552,000円
期間2ヵ月~6ヵ月
対応時間昼間部 10:00-15:45/2ヵ月間(週3-4回)
夜間部 19:15-21:45/6ヵ月間(週2-3回)
土or日/6ヵ月間(週1-2回)
対応資格WEBクリエイター能力認定試験エキスパート
アドビ認定アソシエイト
転職サポートあり
身につくスキル
Phothop
Illustrator
HTML5
CSS3
JavaScript
jQuery
デザイン理論
PHP
MySQL
Wordpress
制作実習
カラーイメージ表現
フォトイメージ表現
[プレックスプログラム]
コンセプトデザイン
ボーダレスデザイン
ソーシャルデザイン
デザインストラテジー
デザインプロセス
プラスデザイン
デザイントレンド
デザインシステム
デザインプレゼンテーション
コミュニケーションデザイン

一番安い「WEBデザインプロフェッショナルコース」のカリキュラムに

  • カラーイメージ表現
  • フォトイメージ表現
  • レスポンシブデザイン
  • スマートフォンサイト制作

が加わった、デザイン強化コースです。

一番安いプロフェッショナルコースとの受講料の差額は、157,000円です。

東京デザインプレックス研究所「WEBデザイン総合コース」の学習内容は?

トップクラスのオールマイティWEBデザイナーをめざす人に最適な内容です。

通学して受講する195時間とあわせて、授業がない日でも開校時間は学校のPCを使って自習ができるので、短期間でもかなりのスキルが身につきます。

レスポンシブWEBデザインは、今はWEBデザイナーの必須スキル

インターネットユーザーは、PCよりもスマホを使う人の方が圧倒的に多いので、レスポンシブデザインをマスターしておくと、就職・転職に有利です。

WEBデザインスクールと名乗っておきながら、実態は「HTMLとCSSのコーディングのみ」というスクールが多い中、本当に実務で活躍できるWEBデザイナー育成に力を入れた圧巻の内容になっています。

特に、「プレックスプログラム」という必修科目以外の「2年間受け放題」の科目をすべて制覇すれば、WEBデザイナーとして即戦力のある人材として重宝されると思います。

カリキュラムの中に「作品制作実習」があり、架空サイトを制作することになりますが、それを実績として転職時のポートフォリオになります。

PHPやWordpress、MySQLまで学べるWEBデザインスクールは他にありありません。

PHPができると、Wordpressのカスタマイズなどができるようになり、仕事の幅がグッと広がります。

自分でWEBメディアを運営することも可能になりますから、将来独立してノマドワーカーになりたい人、海外で仕事をしたい人にもおすすめです。

東京デザインプレックス研究所「WEBデザイン総合コース」がぴったりな人

女性

  • トップレベルのオールマイティWEBデザイナーやWEBマスターになりたい人
  • どうせ学ぶなら最高のカリキュラムでガッツリ身につけたい人
  • レスポンシブWEBデザインをマスターしたい人
  • 将来UI/UXデザイナーにもなれるスキルの土台を作りたい人
  • 美大に行けなかったけど、美大並みのデザインを勉強したい人

かなりの盛り込んだカリキュラムで617,000円(税抜)です。この受講料はけして高くはないはず。

ハイスペックなWEBデザイナーなら、将来年収600万円~800万円くらいまで稼げるようになります。

また、フリーランスになったとき、WEBデザインはもちろん、Wordpressカスタマイズ、UI/UXデザインまで仕事の受注の幅を広げられます。

自分への投資と考えれば、かなり安いと思います。

東京デザインプレックス研究所「WEBデザイン総合コース」のイマイチなポイント

イマイチポイント、うーん、特にありません…

東京デザインプレックス研究所の回し者ではないですよ!

他のスクールの紹介ページでは、けっこうデメリットもちゃんと書いていますので。

が、あえていうと、印刷物制作もできるようになるグラフィックデザインが学べる「デジタルコミュニケーションデザイン総合コース」をチョイスしてしまいたくなってしまう点でしょうか。

どのコースがいいか迷っている場合は、それぞれのコースの詳細が書かれたパンフレットを請求してみてください。

資料請求は無料ですので、興味のあるものはすべて取り寄せましょう!

東京デザインプレックス研究所「WEBデザイン総合コース」まとめ

WEBデザイン総合コースは、

  • トップレベルのWEBデザイナーやWEBマスターになれる
  • 他のスクールよりもかなりハイレベル&充実したカリキュラム
  • なのに、未経験者でも入学OK
  • 学習期間は昼間部であれば2.5ヵ月、夜間部や土日集中だと7~9ヵ月
  • レスポンシブWEBデザインのスキルが身につく
レスポンシブデザインのスキルは、WEBデザイナーなら今は必須スキルです。オールマイティなWEBデザイナーになれるカリキュラムです。
コンテンツのコピー・流用は著作権上禁止しています。
タイトルとURLをコピーしました