目次
比較
特集
【2020年8月限定】〆切間近! TECH::CAMP(テックキャンプ)エンジニア転職3万円引き!

【コードシップ】Webフロントエンド開発コースってどう?無料でフロントエンドを学びたい人必見!

この記事は約12分で読めます。
ツグミ
ツグミ

JavaScriptをちゃんと勉強してみたいです。でも、本格的にJavaScriptを学べるスクールってあるのかな? 安く学べて質がいいプログラミングスクール、ないかなぁ…

JavaScriptは、WEBデザイナーもエンジニアも扱うことの多い言語。ですが、JavaScriptだけでなにかを作る、ということはあまりないので、深堀りして教えてくれるスクールというのは限られているんですよね。

この記事では、まずはJavaScriptを覚え、WEBデザインやUI/UXデザイナー、フロントエンドエンジニアに『無料で』なるための方法をお伝えします! (←独学じゃないですよ♫)

当サイトで人気のプログラミングスクール

  • DMM WEBキャンプ  (3ヵ月でRubyエンジニアに)
  • TechAcademy  (オンラインで好きな時間に学べる)
  • CodeCamp  (オンラインなのにマンツーマン指導。300社以上の大手IT企業が社員研修に導入する質実ともに評判が高い)

JavaScriptってなに?

JavaScriptとは?

JavaScriptは、主にボタンや画像に動きをつけて、ユーザーが「楽しい!」「クリックしたい!」という気持ちにさせるギミックを作り出すのに使われます。

エンジニア特化のフリーランスエージェント「ギークリー」に登録されている、プログラミング言語の需要割合はこんな感じです↓

フリーランスプログラミング言語需要

JavaScriptは、JavaやPHPに比べると圧倒的に需要が少ない… と思われがちですが、WEBサイト制作には必ずといっていいほど使われる基本的なプログラミング言語です。

実際の開発には、JavaScriptのフレームワークである、jQueryを使って実装することが多いです。フレームワークのjQueryとは、たとえば当サイト「Go! WEBクリエイターズ!」のトップページに表示されているスライドショーなど、動きのあるものをゼロからプログラミングする必要なく、すでに簡単に取り込めるようにプログラミングされたセットのようなもの。

プログラミングがわからないWEBデザイナーも、jQueryを使って動きのある仕様を実装できる、便利なものです。

JavaScirptについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事に書いていますので併せてご参考にしてください。

JavaScriptを覚えるとなれる職業

Webクリエイター

JavaScriptができるようになると、こんな職業につくことができます。

なれる職業
  • WEBデザイナー
  • フロントエンドエンジニア
  • UI/UXデザイナー

WEBデザイナーの場合、JavaScariptは必須スキルの一部、という感じで、実際にはPhotoshopによるWEBデザインができないといけません。

フロントエンドエンジニアは、デザインは担当せず、WEBデザイナーが作ったデザインを元にHTMLとCSSでマーキングし、WEB上でみられるようにコーディングを行う専門家のことです。

会社によっては、WEBデザイナーとフロントエンドエンジニアを完全に分けているところもあれば、WEBデザイナーがフロントエンドも全部行う、という会社もあります(←私はゼロからデザイン、フロントエンドまで全部やります)

UI/UXデザイナーとは、WEBサイトに訪れたユーザーの購買意欲を促したり、思わずクリックしてみたくなるようなギミックを盛り込んで、集客&収益を伸ばすための専門家です。

どこをクリックすれば必要な情報を得られるか、わかりやすい構成にするのももちろんですが、ボタンに動きをつけてユーザーに「ここだよ!」と促してクリック率を上げたりします。

ざっくり簡単な説明ですが、UI/UXデザイナーはマーケティングスキルや心理学等の知識も必要で、ABテストを実施して実際の効果測定を解析データを元に判断する能力も必要になります。WEBデザイナーからのステップアップでなる人も多いですね。

WEB系プログラミング言語である、RubyやPHPを扱うエンジニアも、WEBアプリやメディアを作ることは同じですので、JavaScriptの知識は必要になります。

【公式】https://code-ship.wemotion.co.jp/

CodeShip(コードシップ)の基本情報

エンジニアクリエイターゲーム

学習形式通学(池袋)

  • 転職保証付き
  • 期間内に終わらなかった場合、無償延長保証期間がつく
運営会社株式会社ウィモーション
受講料金350,000
コース・料金
  • WEBフロントエンド開発コース
  • WEBメディア開発コース
  • WEBアプリ&データ処理コース
  • SNS開発コース
  • ゲーム開発コース
  • 先進WEBサービス開発コース
受講期間4ヶ月~6ヶ月。無償延長保証期間あり
対応時間平日17:00~21:00 土曜日12:00~20:00
転職サポートあり。というか転職保証。
受講条件社会人であること。未経験可。経験者向けコースあり。
学べる言語・スキル
  • HTML&CSS
  • Boot Strap
  • jQuery
  • PHP
  • Wordpress
  • Python
  • Flask
  • Ruby
  • Ruby on Rails
  • C#
  • Unity
  • JavaScript
  • React.js

コードシップについての詳しい内容はこの記事にまとめています。併せてお読みください。

コードシップでJavaScriptを学べるコースは『WEBメディア開発コース』

JavaScriptを無料で学べるスクールは、今のところコードシップだけです。

コードシップには、JavaScript以外にもRubyやPHPなど、全部で6コース用意されていますが、JavaScriptを学べるのは「WEBフロントエンド開発コース」です。

WEBフロントエンド開発コースで身に付くスキル
  • HTML&CSS
  • JavaScript
  • jQuery
  • BootStrap

BootStrapとは、レスポンシブWEBサイトの枠組みがすでにプログラミングされているセットのようなもので、爆速的にWEBサイトを制作できる、世界中のクリエイターに利用されているものです。

レスポンシブWEBデザインとは、スマホやタブレット、PCなど、どんな端末で見ても最適化されて見やすく表示されるようにプログラミングされたデザインのことです。

ツグミ
ツグミ

WEBデザインも勉強できるんですか?

残念ですが、このコースは名前の通り「フロントエンド」寄り。つまり、デザインよりもデザインをWEBで見られるようにするスキルを身につける内容です。

BootStrapを使えば、画像やパーツがあれば簡単なWEBサイトを作れるようになります。まずはWEBサイトってどうやって作るんだろう、という部分をこのコースでしっかり理解して、デザインに関しては独学で勉強するか、デザイン専門のスクールで勉強することになります。

WEBデザイナーとして仕事を本格的にやりたい! という人なら、上の2校を選びましょう。

「WEBデザインなんて素人でもできる」という人もネット上にちらほら見かけますが、とんでもない。エンジニアよりもずっと奥が深い勉強が必要になると私は考えています。

上に紹介した東京デザインプレックス研究所デジタルハリウッドSTUDIO by LIGともに、JavaScriptをしっかり学べます(有料ですが)

ツグミ
ツグミ

そっか…じゃあ、WEBデザイナー志望の私は、コードシップは向いていないってことですか?

いえいえ。考え方、発想の転換をしましょう。

コードシップの何よりのメリットは

  • 無料
  • 転職一体型(確実に転職できる)

という点です。

まずは「フロントエンド開発ができます!」と転職を成功させるんですが、もしWEBデザイナー志望なら、コードシップの転職サポート時に「WEBデザイナーとして転職希望」ということを伝えましょう。

 

フロントエンドまでできるWEBデザイナーは重宝されますし、WEBデザイナーとしては知識がない、ということを事前に伝えたうえで、それでOKと言ってくれる企業はあるはずです。

会社に入ってから、実務を通してプロのWEBデザイナーに揉まれながら切磋琢磨していくのも、確実にスキルを上げる方法ですから。

CodeShip(コードシップ)のWEBフロントエンド開発コースが向いている人

女性

こんな人にぴったり♬
  • 無料で学びたい
  • 東京(池袋)に通える
  • 働きながら通学したい
  • 対面で講師に質問したい
  • WEBデザイナーになりたい
  • フロントエンドエンジニアになりたい
  • UI/UXデザイナーになりたい
  • 自分でWEBメディアを立ち上げて起業したい
  • フリーランスにも興味がある

無料でエンジニアになれて、転職もできる。あなたの人生を大きく変えるチャンスにもなりうる手段として、コードシップを利用しましょう。

【公式】https://code-ship.wemotion.co.jp/

なぜ無料で学べるのか

ツグミ
ツグミ

でも、なんで無料なんですか? 怪しいとかってないですか?

コードシップ以外にも、無料でプログラミングを学べるスクールは他にもあります(SEに限りますが)。無料で学べて転職保証付きというのは、受講生が企業に転職をすると、企業は成功報酬をスクールに払います。

つまり、スクールはこの成功報酬で運営をしている、ということです。こういうビジネスモデルのプログラミングは最近増えてきていて、今後はもっと一般化していくと言われています。

日本はエンジニア数が不足していて、国力を下げないためにもエンジニア教育は国レベルで取り組んでいこうという動きがあるんですよ。

【公式】https://code-ship.wemotion.co.jp/

CodeShip(コードシップ)受講上の注意点

転職先はコードシップが提案する企業のみ

コードシップの転職一体型コースは、転職成功ではじめて無料になります。転職先企業は、自分で探したところではなく、コードシップに登録された企業になります。

あなたの習得レベルによっては、コードシップから紹介してもらえる企業の条件に納得いかない…ということがある可能性もあります。

でもこれは、コードシップは無料でカリキュラムや授業を提供しているわけで、納得した上で受講しないといけないですよね。スクール側もボランティアではないですし、運営上の費用は確実に発生しているので。

もしそれが心配なら、コードシップの有料コースを選択しましょう。

コードシップを途中退学した場合や、病気や引越しでやむを得ず継続ができなくなった場合については、別記事にまとめていますので、併せてご確認ください。

受講料がキャッシュバックされるのは就業開始後、翌々日の25日

今までPythonを勉強したくても、受講料が払えずに諦めていた人。もう落ち込む必要はありません!

コードシップは転職成功で全額キャッシュバック、つまり完全無料で学び、転職まで保証されているのですから使わない手はないです。

ただ、受講料がキャッシュバックされるタイミングは、就業開始した月の翌々月の25日です。

つまり、最初は受講料を用意する必要があるので、そこだけは注意。

親に頼み込んで「出世払いで返すから無利子で貸して!」と頼み込みましょう。実際、Pythonエンジニアになればそれくらいは楽勝で返せるようになります。

【公式】https://code-ship.wemotion.co.jp/

JavaScriptを学んだらどのくらい稼げるの?

冒頭にも書きましたが、JavaScirpt単体での募集というよりは、WEBデザイナー、フロントエンドエンジニア、UI/UXデザイナーとしての募集が基本となります。

エンジニアやクリエイター特化のフリーランスエージェント、Midworksで調べたところ、こんな感じでした。

WEBデザイナー 単価60万円 勤務地表参道 開発環境HTML5、CSS3、Photohosp、JavaScript

自社パッケージ再構築 単価40万円~50万円 勤務地桜新町 開発環境JavaScript、HTML5

マイクロサービス開発支援 単価45万円~55万円 勤務地汐留 開発環境JavaScript、HTML5、CSS3、jQuery

Midworksというフリーランス専門エージェントは、「週に2~3日でOK」という働き方を提案しているところで、上の単価は正社員のように平日毎日出勤じゃなく、週に2~3日の働きでの単価となります。

オイシイでしょう?♫

もっと稼ぎたいならPHPやRubyなど、需要が多くて完全エンジニア寄りの言語を学んだ方が実現できます。コードシップには、PHPやRubyのコースも無料で学べるので、もし興味があったら無料授業体験に参加して試してみてください。

今なら、授業体験に参加した感想を提出すると、もう一回分、無料で授業体験できるというキャンペーンをやっています。

なので、JavaScript × Ruby、JavaScript × PHP、みたいな感じで、両方受けてみるのをオススメします。

【公式】https://code-ship.wemotion.co.jp/

ほんと、無料で学べて転職して、エンジニアの道に入れるなんて夢のよう。今の時代の恩恵ともいえます。私が20代のころ、こんな素敵なサービスなんて存在しませんでしたから…

なんども言いますが、コードシップは完全無料。転職成功で全額キャッシュバックされます。

万が一、コードシップを卒業して紹介された企業の年収に納得がいかなかったとしても、『2年~3年の実務経験』を獲得することで、ギークリーのようなフリーランスエージェントに登録することができるようになるので、「耐えるが勝ち」ですね。

よほどのブラック企業でないかぎり、実績を積むのがベストです。

もちろん、卒業してからも努力は必要ですが、キャリア設計をきちんと立てて働いていれば、数年後には年収600万円以上は普通に射程範囲になります。

【公式】https://code-ship.wemotion.co.jp/

プログラミングを勉強したいけど迷っていたあなたへ

プログラミングを勉強してみたいけど躊躇している理由はこんな感じでしょうか。

ツグミ
ツグミ
  • 私に本当にできるのかな…
  • 途中でついていけなくならないかな…
  • 受講料が高くて、途中で辞めたらお金をドブに捨てることになっちゃう…
  • 働きながら勉強できるのかな
  • 激務でブラック業界じゃないの?

こういう不安は、コードシップを選ぶ限り、全部クリアされます♪

私にできるのかな…

挫折しがちなのは独学とオンラインスクール。対面通学型スクールなら、モチベーションは維持できて、わからないことは講師に聞いてすぐに解決できる

途中でついていけなくならないかな…

受講期限の目安は4ヵ月。でもカリキュラムが終らなければ、無料で期間延長申請が可能! じっくり理解しながら自分ペースで学習できます。

プログラミングスクールって受講料が高い…

コードシップなら転職成功で受講料は全額キャッシュバックされます。転職はほぼ確実なので、安心して通えます。

働きながら勉強できるのかな…

コードシップの受講条件は「社会人であること」。一般常識や電話の応対、名刺の渡し方など基本的なビジネスマナーがある人が条件。なので、そもそも社会人向けにカリキュラムが組まれていて、平日は17時~21時まで、土曜日も12時~20時まで通学が可能です。

激務でブラックな業界じゃないの…?

たしかに納期が近くなれば残業もやむを得ないと思いますが、それはエンジニアに限らず、すべての業種が同じです。エンジニアだからすべてブラック、ということはありません。実際、定時で帰れる企業でエンジニアとして働いている人はたくさんいます。あまりネットの情報に翻弄されないようにしましょう。

ツグミ
ツグミ

すごく安心しました! 早速申し込みたい!

無料授業体験に参加しみましょう!

実際に受講する前に、ぜひ無料授業体験に参加してみてください。

必要なPCのスペックや、どんな環境で開発をしていくのかなど、不明な点が解決できますし、今のあなたの仕事で平日どのくらい通えるか、カリキュラムを修了するまでにざっとどのくらい期間が必要かなど、色々聞けます。

今なら無料授業体験に参加して口コミを書けば、もう一回無料授業を受けられる特典開催中! 期間限定なので早めに受けてみてください。興味のある言語を2つ受けられるのでお得ですよ♫

やってしまったことの後悔は日々小さくなるが、やらなかったことの後悔は日々大きくなる

林真理子の名言

コンテンツのコピー・流用は著作権上禁止しています。
タイトルとURLをコピーしました