目次
比較
特集
【2020年2月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

業界歴15年以上のプロが7校比較!Pythonが学べるスクールランキングや選び方

この記事は約6分で読めます。
トンビ
トンビ

Pythonって最近すごく耳にするから、興味あります! でも、どのスクールを選べばいいかわからないから、専門家の視点から僕にぴったりのスクールを教えて欲しい!

Pythonは、たくさんあるプログラミング言語の中でも、これから学ぶならかなりオススメしたい言語です。

これからプログラミングを学ぶのにPythonがおすすめの理由や、Pythonが学べるスクールを徹底比較してみました。

WEBクリエイター視点からのスクールランキングもご紹介しています。

当サイトで人気のプログラミングスクール

  • DMM WebCamp  (3ヵ月でRubyエンジニアに)
  • Code Village  (フロントエンドエンジニアになれるスクール)
  • TechAcademy  (オンラインで好きな時間に学べる)
  • GEEK JOB  (無料でRuby, PHP, Javaを学べる)

Pythonが狙い目の理由

というのは、今後10年の間にどんどんAIは進化していくのは確実で、WEB系プログラミング言語と言われるRubyやPHPも、10年後にはAIによって「誰にでも簡単に作れる」ツールが開発されるだろうな、と予測できるからです。

まだPythonが誕生したのは1990年で、JavaやC言語に比べたら断然新しいプログラミング言語。日本のみならず米国でさえエンジニアの数が足りない、と言われているのです。

AIは今後益々需要が伸びるので、他のプログラミング言語がAI化されたとしても、それをAI化するためのエンジニア需要はずっと伸びていく、というわけです。

Pythonでできること

Unity

Pythonについての詳しい説明を別記事に詳しくまとめています。興味のある人は、こちらを併せてお読みください。

Pythonを学べるスクール選びの注意点

1.Pythonは初心者向けといえど、ディープラーニングを学びたい人は数学ができないとキツイ

初級編

一概に「Pythonが学べる」と言っても、WEBサービスを作りたいのか、AIを学んでAIエンジニアになりたいのか、機械学習やディープラーニングを学んでマーケティングに役立てたいのかなど、Pythonを学ぶ目的はかなり多岐に渉ります。

ディープラーニングでプラグイン作ってます、とか言う人は、かなり元々頭がいい人なんだろう…と予測します。右脳型デザイナーがステップアップにPythonでディープラーニングや機械学習をやろうというのは無謀かも、とも思います。

一方で、「自分は理系で数学や統計学なんかは得意というわけじゃないけど抵抗感はない」という人は、ぜひトライして欲しい!と思います。

2.目的をハッキリさせよう

  • 機械学習を学んでデータサイエンティストになりたいのか。
  • PythonでAIを学んで、生活家電や車の自動運転等の最先端開発に携わりたいのか
  • AIでWEBリサーチやマーケティングをやりたいのか
  • 機械開発を取り入れたWEB制作で稼ぎたいのか

などなど、目的によって「強み」のあるスクールを選ぶのが重要です。

3.通学で学ぶのか、オンラインで学ぶのか決めよう

WEBエンジニア

機械学習、ディープラーニングの勉強は結構ハードなので…できれば通学型の方が挫折しないかな、と思います。

でも、Pythonを学ぶ人はすでに他のプログラミング言語はマスターしているエンジニアが多いですし、SIerから転向して来る人も多いし、東大、京大などいわゆる「頭イイ人たち」が参入してくる分野でもあります。

そういう人は理解力も天才的に飛びぬけていると思うんで、オンラインでもいいのかな、とも思います。

自分のスキルと相談して、「挫折しづらい可能性が高い方」を選ぶといいと思います。

Pythonが学べるスクールの7校比較

.ProDataMixDICAidemyT・ACodeCamp
学習形式通学通学通学(全日制)オンラインオンラインオンライン
場所渋谷神保町渋谷
学習期間6ヵ月6ヵ月4ヵ月1・3・6ヵ月4・8・12・16週間2ヵ月
カリキュラム充実度
難易度やや難やや難
AI×××
機械学習
DL
特長
  • 10名限定
  • レベル別クラス制度
  • 入学試験あり
  • 入試不要の事前準備コースあり
  • 教育訓練給付金制度あり
  • 定員10名
  • 教育訓練給付金制度あり
  • 機械学習に特化している
  • Pythonで学ぶコースが充実
  • Pythonコース
  • AIコース
  • データサイエンスコース
  • セットコースあり
期間限定コース
入学金なし25,000円20,000円なしなし10,000円
受講料(税抜)400,000円675,000円798,000円190,000(1ヵ月)

480,000円(3ヵ月)

780,000円(6ヵ月)

139,000円(4週間)

189,000円(8週間)

239,000円(12週間)

289,000円(16週間)

148,000円
おススメ度
公式サイト詳細詳細詳細詳細詳細詳細

あなたの目的はどれ?

Pythonを学ぶスクールの種類やレベル

PythonはAI、機械学習、ディープラーニングを取り入れた開発に良く使われるプログラミング言語です。

そのため、

  • 企業内で企画やマーケティングをしている
  • 経営コンサルティング業をしている
  • データアナリストとして仕事をしている
  • データアナリストとして仕事をしている

という、すでに上流工程の仕事や会社で重要なポジションに就いている人が、今の仕事を活かしてさらにステップアップできるため、Pythonを学ぶ人が多いです。

こういう人たちは、かなり高いレベルに焦点を当てていますし、そのレベルに合うスクールを選ぶ必要があります。実務でバリバリと活かせるレベルのカリキュラムを提供しているスクールは、それなりに内容もハードになります。

転職したいわけじゃない、社内での地位向上や部署転向を果たすためにPythonを学びたいという人は、DataMix(データミックス)が一番おすすめです。

それ以外なら、上記にご紹介したスクールからあなたの価値観や目的レベルに合わせて選べばいいでしょう。

Pythonが学べるスクール プロ視点からのランキング

総合的に、カリキュラムの内容や受講料など総合的にみて、プロ視点からのランキングをお知らせしておきます。上に書いた「あなたの目的」を基準に考えるのが一番だと思いますので、ご参考まで。

.Pro ドットプロ Pythonコース

6ヵ月の集中学習でPythonをマスターできます。週1の集中対面講義もあり、受講料はPython系のスクールの中で一番リーズナブル。
レベル別で、ひとクラス10人限定の少人数クラス制度なので、あなたのレベルに合わせて初心者からでも、ハイレベルの方でも学べます。
データサイエンティストだけでなく、PythonでゲームアプリやWEBサービス開発も学べるので、汎用性のあるカリキュラムで学べます。

DataMix(データミックス)

機械学習に特化したスクール。本格的にディープラーニングを学びデータサイエンティストを目指す人におすすめです。
未経験からも学習可能ですが、現在会社員としてマーケティングをしている人がキャリアアップのために学ぶのに最適なスクールです。

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥーコード)

10ヵ月間かけてデータサイエンティストを目指すコース。同期受講生とペアを組んで開発し現場さながらの環境で習得します。
40代、50代の未経験受講生も転職に成功しているようなので、「年齢的に心配」という人は実績のあるDICがいいかも。

Aidemy(アイデミー)

東京大学の自動運転の権威、加藤真平准教授監修で、スクール創立者や経営陣も東大卒、という注目のオンラインスクール。国内外から注目されていて、多くの投資家がサポートしています。
オンライン完結型なので、通学する時間がないという人におすすめです。

Code Ship WEBアプリ&データ処理コース
コードシップ

転職成功で全額キャッシュバック、受講年齢制限なし、転職はほぼ確実。そして…! Pythonが学べる!!!
こんな夢のようなスクールが遂に誕生。転職してからさらにスキルアップしていってね、というスタンスのカリキュラムですが、エンジニア人生の入り口にはおすすめです。

CODE CAMP(コードキャンプ)

期間限定のコース。
オンライン完結型でありながら、オンライン講義やチャットによる質問も可能なので、自宅にいながら家庭教師に教えてもらうような感覚で学べます。
また、オンライン講義は早朝7時から夜11時まで可能なので忙しい会社員も学びやすいと思います。

ご参考にしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました