目次
比較
特集
【2020年9月限定】TECH::CAMP(テックキャンプ)Amazonギフト券を5万円分プレゼント

東京デザインプレックス研究所「WEBデザインビジネスサイトコース」ってどう?受講料やなれる職業は?

この記事は約5分で読めます。
ツグミ
ツグミ

東京デザインプレックス研究所のWEBデザインビジネスサイトコースってどんな感じなんだろう?

WEBデザインビジネスサイトコースはWEBデザインをはじめ、ディレクションやマーケティングまで学べるコースです。WEBディレクターをめざす人におすすめです。

東京デザインプレックス研究所は「大人のためのデザイン専門校」と謳っているだけあり、WEBデザイナーのための教育が他校を凌駕する圧巻の内容になっています。

  • 未経験から本気でWEBデザイナーをめざす人
  • トップクリエイターをめざす人
  • 美大に行けなかった人
  • WEBデザイナーとして自由な働き方を実現したい人

におすすめです。

東京デザインプレックス研究所の全体像、口コミ・評判を確認したい人はこちらの記事を併せてお読みください。

WEBデザイナーやWEBマスター、WEBディレクターの仕事の内容について詳しく知りたい方はこちらをあわせてお読みください。

東京デザインプレックス研究所「WEBデザインビジネスサイトコース」の基本情報

WEBデザイナーWEBマスターWEBディレクター
東京デザインプレックス研究所
通学場所 東京都渋谷区道玄坂2-10-7新大宗ビル2号館9F(渋谷駅徒歩5分)
学習形式通学(定員:10~16名)

  • WEB解析・SEO・リスティング広告・LPOを体系的に学ぶ
  • マーケティング力のあるWEBディレクターをめざす人に最適
  • 高度なWEBデザインスキルを身につける
内容
めざす職業WEBデザイナー・WEBマスター・WEBディレクター
料金[入学金]30,000円 [受講料]520,000円 [教材・実習費]45,000円
[合計]595,000円
開講月1月/2月/4月/5月/7月/8月/10月/11月
対応時間昼間部 10:00-15:45/3ヵ月間(週3-4回)
夜間部 19:15-21:45/7ヵ月-9ヵ月間(週2-3回)
土or日/7ヵ月-9ヵ月間(週1-2回)
対応資格WEBクリエイター能力認定試験エキスパート
アドビ認定アソシエイト
転職サポートあり
身につくスキル
Phothop
Illustrator
HTML5
CSS3
JavaScript
jQuery
デザイン理論
PHP
MySQL
Wordpress
制作実習
IA・UI/UXデザイン
WEBマーケティング
WEBディレクション
[プレックスプログラム]
コンセプトデザイン
ボーダレスデザイン
ソーシャルデザイン
デザインストラテジー
デザインプロセス
プラスデザイン
デザイントレンド
デザインシステム
デザインプレゼンテーション
コミュニケーションデザイン

WEBディレクションやマーケティングの専門スキルが実践的に学べるカリキュラムです。

WEBディレクションやマーケティングは、オンラインスクールのTechAcademyにも「ディレクションコース」や「マーケティングコース」というのがあります。

が、テックアカデミーのWEBデザインコースはプロ視点からすると「全然足りない」薄い内容です。テックアカデミーの場合WEBデザイナーにはなれますが、上流工程の仕事はできない、そんなレベルです。

東京デザインプレックス研究所「WEBデザインビジネスサイトコース」の学習内容は?

このコースを卒業すると、WEBデザイナーだけでなくWEBマーケッターやWEBディレクターとして就職・転職がめざせる学習内容になっています。

とくに、GoogleAnalyticsを用いたWEB解析や、SearchConsoleを含めたSEOスキル、リスティング広告の出し方やランディングページの制作・効果測定まで学べるのは、上流工程の仕事が可能になります。

要するに、稼げるWEBデザイナーになれる、ということです。

特に、「プレックスプログラム」という必修科目以外の「2年間受け放題」の科目をすべて制覇すれば、WEBデザイナーとして即戦力のある人材として重宝されると思います。

カリキュラムの中に「作品制作実習」があり、架空サイトを制作することになりますが、それを実績として転職時のポートフォリオになります。

ディレクションやマーケティングも総合的に学べるのは東京デザインプレックス研究所だけ!

SEOスキルやWEB解析は、検索上位に表示するために必須ですが、このスキルを有しているWEBデザイナーもエンジニアも非常に少ないのが現状なので、狙い目です。

東京デザインプレックス研究所「WEBデザインビジネスサイトコース」がぴったりな人

女性

  • WEBデザイナーになりたい人
  • WEBマスターになりたい人
  • WEBディレクターになりたい人
  • WEBマーケティングのスキルを身につけたい人
  • 事業を起こしたい人
  • WEBコンサルティングができるようになりたい人

コンサルを含めたWEBマーケティング込みの制作受注ができるようになります。

東京デザインプレックス研究所「WEBデザインビジネスサイトコース」のイマイチなポイント

レスポンシブデザインの授業はない

レスポンシブデザイン

UI・UXデザインについては学べますが、レスポンシブデザインの作り方について学習する授業は含まれていません。

レスポンシブデザインは、CSSでデザインを自由自在に作れるようになれば、あとはメディアクエリでスマホ、タブレット、PCの表示サイズに合わせてCSSをそれぞれ作ればいいので、独学でもできるでしょう。

レスポンシブデザイン制作よりもマーケティング、ディレクションを重視したい、という人におすすめのコースです。

UIとは

UIとは「ユーザーインターフェイス」の略。インターフェイスとは「接点・接触面」という意味で、要はユーザーの視覚に触れるすべての情報はUIと呼ばれます。

さらに突っ込んで説明すると、UIはスマホユーザーが増えてきたことにより出てきた新しい概念です。

スマホサイトユーザーは、小さな画面でスクロールして中身を閲覧しますので、スマホでも読みやすい文字サイズや行間、タップしやすいボタン配置など、スマホに最適なデザインを考えることが大切です。

UXとは

UXとは「ユーザーエキスペリエンス」の略。エキスペリエンスは「経験・体験」という意味です。

つまり、文字フォントが美しくて思わず見入ってしまうとか、ボタンが光って押したくなるとか、使っていて楽しい、他のページも見たくなる。そんな価値を提供するために重要な要素です。

レスポンシブデザインはこれからのWEBデザイナーには必須スキルなので、プロフェッショナルコースと迷っている人はこっちを選びましょう。

どのコースがいいか迷っている場合は、それぞれのコースの詳細が書かれたパンフレットを請求してみてください。

資料請求は無料ですので、興味のあるものはすべて取り寄せましょう!

東京デザインプレックス研究所「WEBデザインビジネスサイトコース」まとめ

WEBデザインビジネスサイトコースの大きな特長は

  • マーケティング・ディレクションの実践的な専門知識とスキルが身につく
  • 高度なWEBデザインスキルが身につく

ことです。

非常にうまくまとめられたコースです。WEBマーケティングは売上にも直結するので、このコース修了者は就職・転職にも有利なはず。
コンテンツのコピー・流用は著作権上禁止しています。
タイトルとURLをコピーしました