【2019年11月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

テックエキスパート・フリーランスコースの口コミ評判は?転職NGの40代必見!

tech expert フリーランスTECH::EXPERT
この記事は約10分で読めます。

プログラミングの勉強は独学でもスクールでもできますが、仕事ができるかどうかは別です。

プログラミングの学習には独学だと1000時間必要と言われていて、時間的に余裕がある若い人ならいいですが、年齢35歳オーバーの「エンジニア転職が厳しい」と言われる人たちは、スクールで集中的に指導者のいる元で勉強した方がいいです。

とはいえ、年齢オーバーで転職できず、せっかく覚えたプログラミングスキルを発揮できない…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、どうしてもエンジニアになりたいけれど、年齢的に受け入れ企業が少ない35歳オーバーの人たちに「即フリーランスになれる」唯一のスクールTECH::EXPERTフリーランスコースをご紹介します。

エンジニアの転職は35歳まで

エンジニア転職は、25歳までなら楽勝アラサー30手前だとチョイ厳しい

ただエンジニア数が慢性的に不足していて企業側は年齢制限を35歳までに上げ、人材確保に奔走しています。

とはいえ、40代未経験からエンジニアになったという人もいるようですので、可能性はゼロではないですが、かなり厳しいと言って良いでしょう。

海外の場合、エンジニア、Webクリエイター職はスキルと実績だけ評価されるので、40代から転向者はけっこういるんですけどね…日本はちょっと遅れています。

なんで35歳までなのかとか、フリーランスの魅力未経験からエンジニアフリーランスになるためのステップを別記事で詳しくまとめていますので、併せてご参考にしてください。

アプリ開発ならフリーランスでやればいい!

60歳からプログラミングを始め、82歳でオリジナルアプリを開発して話題になった若宮正子さんをご存知でしょうか。

若宮正子

出典:Business Insider

定年まで銀行員として働き、母親の介護から解放されてからプログラミングを学び始めたそうです。もともとリケジョということもあったようです。

ですが、ブラインドタッチなんてできるレベルではなく、一本指でタイプするレベルから始めたそう。

若宮さんのプログラミングを駆り立てるモチベーションは、「作りたいものがあったから」ということで、当然転職とか考える年齢ではないですし、「世の中に必要とされるアプリを作りたい」という一心で楽しく始めたのがきっかけということです。

つまり、アプリ開発ができるまでのスキルを身につければ、会社に属さなくても自分で作ったサービスを世の中に提供できるということ。

そう考えれば転職が無理…という年齢でもエンジニアへの強い夢があったら始めてみたらいかがでしょうか。

未経験からフリーランスになるなら、独学は避けた方がいい

とりあえず、無料のドットインストールProgate、リーズナブルに受講できるUdemyなどを利用して、プログラミングがどんなもんか触ってみようかな、という人が多いと思います。

ただし、ドットインストールProgateも、仕事として使えるレベルのスキルを身につけようと思ったら有料版をやらないとダメです。

で、たいてい途中でエラーやバグが出て、その原因を数時間、数日と調べるうちに嫌になって離脱する…というパターンに陥ります。

プログラミングの独学の90%は離脱するという統計もあるので、かなりハードルが高いと考えて良いでしょう。

無料のプログラミング学習サイトで数か月、半年と時間をかけても途中で離脱し、あらためてスクールに…となるとその時間は完全なロスになります。

逸失利益も考慮しましょう。

スクールに行くメリットは、フリーランスでの仕事の進め方仕事の獲得の仕方など、独学では収集しずらい情報を教えてくれるところにあります。

またフリーランス案件を紹介もしてくれるので未経験者にとってアドバンテージになります。

案件の内容にもよるけれど、副業が可能ならトライしてみる

安倍内閣の「働き方改革」によってリモートワークや副業を導入する企業も増えていますよね。

あなたの勤務先が副業を認めているなら、まずは会社からの給料で生活を安定させたうえで、副業でスキルアップをしていき「これで食べていける!」と確信できた時点で退職、というのができればベストですね。

実際には本職の残業などで難しい…というケースもあると思いますが、ご参考まで。

ちなみに会社が副業を認めていなくても、こっそり副業している人はたくさんいますし可能です。

確定申告のときに住民税の支払い方を「給与から差引」ではなく「自分で納付」にチェックを入れ、自分で直接納税を行えば大丈夫です。

会社に副業がバレるときは、「自分で納付」にチェックを入れ忘れて自動的に「給与から差引」にされてしまったとか、間違えて「自分で納付」にチェックを入れて、会社の経理に「あれ?先月よりこの人住民税がめっちゃ上がってるやん!」と気づかれてしまうのです。

副業が会社にバレる理由は、この「住民税」もしくは「同僚からのタレコミ」しかありません。

副業を公に認めていない会社の場合、いくら副業で稼いでいて他人に自慢したくても、けして同僚にこっそり教えてはいけません。

今の会社で給料をもらいつつ、生活の安定をキープしつつ勉強するのがベストです。

TECH::EXPERTフリーランスコースがおすすめのポイント

tech expert フリーランス

TECH::EXPERTフリーランスコースは、未経験からプロのエンジニアスキルを身につけ、フリーのエンジニアとして稼げるまで完全サポートしてくれる、35歳オーバーのエンジニア志望にはありがたいコースです。

とはいえ、未経験からエンジニア転職を経ずに直接フリーランス、というのは不安もつきまといますよね。

  • 実務経験ゼロだから、魅力的な案件があっても獲得できない
  • 独学でひととおり学習したけど、自分のプログラミングスキルに自信がない
  • プログラミングはできても、業務としての経験がないから一人でどうやって始めたらいいかわからない

TECH::EXPERTのフリーランスコースなら、「案件獲得」までを保証しています。

すごい制度ですが、TECH::EXPERTの受講生の卒業率はなんと98%。これはプログラミングスクールの中では断トツの卒業率です。その卒業率を裏付けるカリキュラムや制度に特徴があります。

  1. 600時間に及ぶ圧倒的な学習量
  2. Webサービスを作り切る経験を積める
  3. わからないことは講師にすぐに質問できる
  4. 専属のライフコーチがつき、徹底的にフォローすることで離脱を阻止する
  5. フリーランスとして、技術以外に必要な「案件獲得」「セルフマネジメント」「コミュニティ支援」という3つの独立サポートで不安を解消
  6. ランサーズと提携し、フリーランスや副業のトレンド効率よく稼げるフリーランスになるための方法など実践的な内容を学べるプログラムを提供

テックエキスパートのフリーランスコースは、「案件獲得保証」がついていますが、スクール側から案件を紹介されることは一切ないそうです。

テックエキスパートがフォローするのは、たとえばフリーランス向けのイベントや交流会情報を受講生に伝え、参加方法や名詞の渡し方、案件獲得のための方法などを教えてくれるそうです。

ちなみに、クラウドソーシングでの仕事獲得は対象外で、基本的にはそれ以外の一般案件を1件取って卒業、となるそうです。

これは厳しいけれど、逆にいいシステムですね。

クラウドソーシングに載っている案件は安いものが多くて、とてもそれだけではフリーランスとして安定して収益化できないので、「人脈構築とクラウドソーシング以外からの案件依頼」を受注することが卒業条件だそうです。

フリーランスコースを選択する場合の注意点

私は年齢的に転職保証コースの対象外とわかっていたので、フリーランスコース希望というスタンスでキャリアカウンセリングを受けました。

でも、年齢オーバーでも「転職保証」はつけられないだけで、転職保証コースの受講は可能なようです。

というのは、フリーランスコースを選択した場合、途中から「やっぱり転職したいから、転職フォローをしてもらいたい」と思ってもできない、ということでした。

フリーランスではなく転職したい、という人は、年齢に限らずまずは転職コースを希望したほうがいいかもしれません。

フリーランス専門エージェントにも登録しておく

フリーランスコースを修了したら、TECH::EXPERTに仕事をコミットしてもらって、その後はフリーランス向け専門のエージェントに登録しましょう。

1件50万、100万、という案件がゴロゴロしていますし、いきなり不安だとしてもキャリアアドバイザーと面接し自分のスキルを客観的に判断してもらって、自分のレベルの案件を紹介してもらえます。

TECH::EXPERTフリーランスコースのデメリット

費用がかかる

いいとこばかりのTECH::EXPERTフリーランスコースですが、デメリットは2つ。

まず、費用が約50万円かかります(分割可能)。無料で学べるプログラミングスクールもあるので、50万円というのは高額な部類です。

ただ、無料で学べるスクールは転職エージェントが主催するスクールで、学習よりも転職の方に力を入れており、実質100時間程度のカリキュラムです。100時間でも転職なので紹介できる企業があるんでしょうが…自信を持ってプログラミングできるレベルになりたいなら、100時間というのは少なすぎます。

また無料スクールは「20代まで」という年齢制限があり、そもそも35歳オーバーの人は入学できませんし、フリーランスとして案件を獲得するには100時間ぽっちの学習量では不可能でしょうから、TECH::EXPERTフリーランスコースがベスト、ということになります。

かなり評価の高いスクールだけど、選抜制という壁がある

ネットで検索すると、TECH::EXPERTにアプライしたけど落ちたから違うスクールに行くことになった…と書いている人がチラホラいます。

年齢制限を設けているわけでもなく、40代、50代の人もいるみたいですから年齢で落とされることはないと思います。

選抜に落ちた理由は明かしてもらえないそうなので、何が原因かは知る由もないですが、一応次期募集に再度アプライすることは可能みたいです。

TECH::EXPERTに入れれば、エンジニアとしての第二の人生は確約されたようなもので人気が高いスクールなので、第一志望としてアプライしてみて、もし無理だったら別のスクールを検討してみましょう。

今、会社員なら辞めずにTECH::EXPERT フリーランスコースで学ぶのがベター

会社で働きながらプログラミングを学ぶ、というのは結構ハードだと思います。

20代なら、万が一「プログラミングが性に合っていない」と思っても軌道修正が効きますが、35歳オーバーで「ダメだったから他の会社に再就職」というのが無理だった!というと洒落になりません。

35歳オーバー、40代、50代の人が「よっしゃ!エンジニアになったるで!会社辞めます!」というのは危険すぎます。

会社員でいるなら、ボーナスも出るし、スクール費用の捻出も敷居が低くなりますよね。

現実的には本業の残業やら接待やらがあって副業は難しいケースも多いと思いますが、可能ならば検討してみましょう。

専業主婦(主夫)でガッツリフリーランスで稼ぎたい人には超おすすめ

稼ぎ頭の夫や妻の収入で生活をキープできるので、専業主婦(主夫)なら条件バッチリです。育児があると日中勉強するのは難しいかもしれませんが、子どものいない夫婦や、ある程度手が離れた年齢の子どもだったら勉強時間は確保できますよね。

結婚して専業主婦になった友人を見ていると、学歴があってキャリア志向が強かったタイプの女性は、自宅近くのスーパーやコンビニで仕事をするというのが精神的にかなりシンドイそうです。

とはいえ、出勤時間をかけて働きに出る時間も余裕もない、というのは現実で、仕事をしたくてもできる仕事がなく悶々としている人がすごく多いんです。

結婚を控えていて、会社も辞める予定…という人や、専業主婦になって時間を持て余しているという人は、TECH::EXPERTフリーランスコースでプログラミングを学んでみてはどうでしょう。

集中して学べる時間があるなら、最短で1ヵ月強で卒業できますし、時間をかけても半年で修了できるようです。

50万円の投資も、自宅で仕事ができて収入も会社員時代並み、もしくはそれ以上稼げる仕事ってそうそうないですから、元は取れると思いますよ。

フリーランスコースではなく、転職コースの記事も書いています。良かったらどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました