目次
比較
特集
【2020年3月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

Webクリエイターとアートディレクターの違い

この記事は約4分で読めます。

Web業界では専門分野を極めて職種が分かれています。

今回はアートディレクターについて、Webクリエイターとアートディレクターの違いを説明します。

当サイトで人気のプログラミングスクール

アートディレクターの仕事

アートディレクターはWebプロデューサーやWebディレクターと共に、クライアントの窓口に立ち、案件全体の摂家や進行管理に関わるのが主な仕事です。

クライアントの要望に対して、技術的にできるかできないかの判断を行えないと、社内に持ち帰ってプログラマーに伝えた時点で「そんなのできないよ」と言われてしまえば、クライアントに「すみません…やっぱりできません」みたいな赤っ恥をかくことになるので、Web制作全般の幅広い知識が必要になります。

アートディレクターの質を疑われるのはさることながら、会社の信頼を失墜させることになりかねません。

アートディレクターは、ウェブデザインからプログラミングまで、広い知識を持っている必要があります。Webクリエイターに近い職業です。

アートディレクターに求められるもの

アートディレクターは、クライアントと制作現場のWebデザイナーやWebプログラマーの間に立って仕事をスムーズに動かしたり、進行管理や工数の割り出しを行いプロジェクトのスケジュールを作成したり、費用算出をして営業をサポートする役割も必要です。

そのため、アートディレクターはすべての工程やスタッフの進捗状況を管理する必要があり、コミュニケーション能力や、Webデザイナーやプログラマーがやる気を出して自分たちの能力を100%出させるコーチング的な能力も求められます。

ずさんな管理や知識不足のアートディレクターでは、社内のデザイナーやプログラマーからもブーイングが上がり…いたたまれない感じになるので、アートディレクターになるのはたいてい、Webデザイナーとして一通り制作工程を把握して実績を積んでからのステップというのが通例です。

ただ、私がこの「Go!Webクリエイターズ!」で提唱しているのは、Webクリエイター、つまり、ひとりでアートディレクター、Webデザイナー、プログラマーの仕事を兼任するということ。大変じゃない?と思われるかもしれませんが、精神的には自分のペースで回せますし、できないことは外注に流せばいいので楽です。

「自由に生きるWebクリエイター」をめざすなら、私が薦める「Webクリエイター」を狙って欲しいです。

Webデザイナーの上に立って指示をする

アートディレクターは、前述したとおりWebデザイナーあがりの人が多いです。そのため、クライアントが求める要求を実現するためのフォントや色、ユーザーの視線移動の法則などの知識を活かし、クライアントにデザイン表現の提案を行います。

デザインの元になるワイヤーフレームをつくり、最終的にWebデザイナーと連携してWebページのデザインを構築していきます。

新米のWebデザイナーや、勉強不足のWebデザイナーが現場にいる、ということはけっこうWeb業界にはよくあることで、Webデザイナーを信じて丸投げするととんでもないものが上がってくる、ということも起こりがちです。

アートディレクターはデザインの方向性や質を保つことで、デザインの作り直しによる無駄な工程やそれに伴うコストを省き、効率よく仕事を進めるための重要なポジションでもあります。

アートディレクターになりたければ、まずはWebデザイナー

未経験からアートディレクターになるためには、まずはWebデザイナーとしての実績を積む必要があります。当然ながら、未経験なのにアートディレクターのポジションに応募したとしても書類審査で落ちます。別の業種でディレクター業務の経験があったとしても、Web業界のことを知らなければ話になりません。

自分の人生を自由に生きるWebクリエイターを目指すなら、ぜひアートディレクターを経験できるようキャリアアップしてください。

アートディレクターとWebクリエイターの違い

アートディレクターの仕事は、非常にWebクリエイターの仕事に近いですが、大きな違いはアートディレクターは内部のディレクションのエキスパートだということです。

Webクリエイターは、内部のディレクションに加え、マーケティング、外部(クライアント)に対するコンサルティング、外注手配なども行います。

1人でオールマイティに仕事ができるのが私が提唱するWebクリエイターです。
タイトルとURLをコピーしました