テックアカデミー 「梅雨に負けるな!」キャンペーン開催中!

【収入アップ】Webマーケティング力をつける!WEBデザイナー必読のおすすめ本5選

Webデザインの本 STAGE 3(上級~独立)
この記事は約3分で読めます。

Webクリエイターに必須のスキルは「マーケティング」と「コンサルティング」です。マーケティングスキルがないと、的確なコンサルティングはできません。

色んな業界・ジャンルの仕事を受注できるよう、普遍のマーケティングをここで紹介する本で勉強してください。

この記事の対象者:Webクリエイターとしてマーケティングを学びたい人。アフィリエイター

マーケティングの本

ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則

化粧品やアパレルなど、ターゲットが女性のWebサイトを頼まれることがありますよね。売り上げに悩んでいたり、力を入れている商品なのにさっぱり反応がないなど、困っているクライアントがあなたに相談してきます。

女性の購買心理を知っておかないとサイト構成もサイトの配色も、記事のクロージングもうまくいきません。コンサルを含めてアプローチするWebクリエイターなら読んでおきたい一冊です。

沈黙のWebマーケティング

沈黙のWebライティングと並びアフィリエイターに大人気のWebマーケティング本です。こちらもマンガでストーリーが進む構成で楽しく読むことができます。

ただ、この本は現在のWebサイトの問題点を正しながら売り上げアップを狙う構成なので、ひとつWebサイトやアフィリエイトサイトを完成している人向けという感じです。SNSでのマーケティング方法も書かれているのでマンガ仕立てでありながら中身はしっかりした内容です。

現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書

狙ったキーワードで上位表示は果たせているけれど肝心の資料請求や売り上げに結びつかない、と悩んでいるクライアントは非常に多いです。商品自体に問題がある場合もありますが、その問題をどうしても解決できない場合にはWebマーケティングの力でフォローすることができます。

実際にブログやサイトを作っても、Googleアナリティクスを見ながらどうやって改善すればいいかわからない、という人は多いです。

Webクリエイターなら一冊用意しておくといいですよ。

2万回のA/Bテストからわかった 支持されるWebデザイン事例集

独学でWebデザイナーになり、Web制作会社に勤務したことがない人はA/Bテストの具体的な方法や改善方法がわからない、という人は多いと思います。

こういう本があるというのは嬉しいですね。A/Bテストでコンバージョン率がぐっと変わるので、この本で勉強しましょう。

できるところからスタートするコンバージョンアップの手法99

既存のWebサイトのSEO対策をしてほしい、リニューアルほどの予算はないけれど、内部施策をしてほしいという依頼もときどきあります。

そんなとき、現状の問題点を洗い出してリライトや構成の見直しも必要になりますが、クライアントの最終目的は「売り上げアップ」「資料請求数アップ」の目に見える数字を上げること。そのためにはコンバージョンアップの具体的な施策が一番手っ取り早いですね。トータルで施策をする必要がありますが、この本に書かれている99の手法を試してみるだけでも価値があります。

まとめ

現在のWebマーケティングはGoogleに依存しています。Google対策は日々変化していて、半年前のテクニックはもう古い、というのがこの世界です。

マーケティングに関しては常にアンテナを張って、定期的にインプットを図るようにしましょう。