STAGE 2(中級編)スキルアップの勉強をして転職でキャリアアップしよう!

STEP2 中級編

STAGE1 初級編を参考に、スクールでWEb制作やプログラミングを学んだら次は転職です。
Webクリエイター向けの転職エージェントや注意点などをまとめています。

この章ではSTAGE 1 初級編を参考に、スクールでWeb制作や プログラミングを学び未経験から転職を果たし、2年~3年実務経験を積んだら、次はステップアップです。

はじめに

「Webクリエイター向けスクール」で学びWebデザイナーとして実績を積んだ人の場合

あなたはもう、Webデザイナーとしては実務でスキルを身につけていることでしょう。

  • 女性向き、男性向き、医療系、癒し系など、様々なデザインができるようになる
  • Dreamweaverなどコーディングソフトを使って早く作れるようになる
  • html, cssは自在に扱える
  • jQueryを使用して、Webコンテンツによく使う動的なモチーフを盛り込める
  • レスポンシブデザインが作れる(コードも)

STEP1 初級編で書いた内容ですが、上にあげたことが出来ていればOKです。

まだ最低基準をマスターできていないという人は

最初に勤務した会社でどれだけのことをさせてもらっていたかで、身につくスキルは全然変わってきます。

もし、すでにSTEP1から初めて「最低基準」をクリアできていないとしたら、ひょっとしたらその会社ではWebクリエイターとしてのキャリアを積める会社ではない可能性があります。

まだスキル不足の場合、経験者枠で転職するのはまだ難しいかもしれませんが、未経験者可の募集企業案件をたくさん扱っているPASONA パソナキャリアに登録し、より具体的に自分が身につけたいスキルを意識して転職活動をしましょう。

未経験者OKのクリエイティブ関連企業の募集案件がたくさんある転職エージェントはここ↓です。

右脳派:Webデザイナーからのステップアップ

Webデザイナーからのステップアップとしては、大きく分けて2通りあります。

  1. Web制作におけるディレクションや、管理マーケッターへのステップアップ
  2. フロントエンドやUI/UXなど、SEOやコンバージョンを導くスキルを身につける

全部、将来Webクリエイターとして独立したときに身につけておきたいスキルです。

どちらに進むかで次の転職での職種選びの参考にしてください

転職

Web制作におけるディレクションや、管理マーケティングスキルを強めたい人

WebディレクターやWebマスターへの職へ応募しましょう。将来ひとりでWeb制作をゼロから納品までできるディレクション方法や、GoogleAnalyticsのアクセス解析から分析して、どのような施策をするかなど、Webデザイナーから一歩踏み込んだスキルが身に着きます。

フロントエンドやUI/UXなど、SEOやコンバージョンを導くスキルに強みをつけたい人

フロントエンドエンジニアUI/UXデザイナーへ応募しましょう。ただし、これら2つの職種に関しては、すでに知識があることが前提です。ステップ1初級編で、最初に勤めた会社で働きながら、平行して書籍や動画学習などでスキルを身につけておきましょう。

おすすめの本は当サイト「おすすめの本」のカテゴリで紹介しています。

フロントエンドやUI/UXは、「効果の出るWebサイト」を作れるWebクリエイターとして、クライアントが付きやすいスキルなのでおすすめです。

クリエイター向け転職エージェント

左脳派:Webエンジニアからのステップアップ

未経験からWebエンジニアとしての経験を積んだあなたは、WebデザインやUI/UXの知識とスキルを身につけておきましょう。

ステップアップとしての転職のすすめ

すでに2年~3年働いた今の会社で、今以上のスキルアップが望めそうならそのまま働き続けてもいいですが、たいてい年収は頭打ちだと思います。

同じ会社にずっと勤めていると、その会社独自カラーというのが身についてしまって、スキルアップがストップしてしまうこと、役職が付かないと給料が上がらない、などのデメリットが出てきます。

会社で働いているうちに、「ずっとこの会社で働き続けたい」と思えるならいいですが、将来独立してノマドワーカーになりたいと思うなら、転職してステップアップする方がいいです。

転職をすすめる第二の理由:あなたの市場価値がわかる

エンジニア市場の中でどの程度の価値があるのかを確認するのにおすすめの方法は、転職希望者の場合は転職エージェント、フリーランス希望者の場合はフリーランス専用エージェントに登録し、キャリアコンサルタントと面談してあなたをプロの目から客観的に評価してもらうことです。

キャリアコンサルタント自身がエンジニア出身であることが多く、業界や採用企業のことを熟知していて、企業が求めるニーズとあなたのスキルがどの程度マッチするかを知る良い機会です。

キャリアコンサルタントに、Webエンジニアとしてのキャリア形成をどうしたいかを相談し、あなたの今後のスキルアップに適した企業を紹介してもらうのがベストです。

Webクリエイターになるまでのロードマップ(STAGE 2)

中級(実務2年~3年)

  • 2年~3年さらに高度な
  • 実績とスキルをつける
  • PHPを理解する
  • PHPでオリジナルのWordpressのテーマや、Webサービスを作れるようになる
  • 実務で他業種(Webデザイナー、フロントエンドエンジニア、Webエンジニア、Webディレクター、Webプランナー、イラストレーター、フォトグラファーなど)との連携の仕方や仕事の回し方を覚える

おすすめ転職エージェント


 

 

 

STAGE 2(中級編)

Webデザイナー必読!Kindle Unlimitedに登録せよ!WebDesigningが無料で読み放題

スクールでWebデザインを勉強しました。一通り作れるようになったけれど、まだまだ知識が足りない実感がある。 自分に足りない知識は何か、効率的に無駄なくインプットしていきたい ...【続きを読む】
STAGE 2(中級編)

ノマドワーカーと相性のいいプログラミング言語は?学べるスクールはどこ?

エンジニアやプログラマーは、フリーランスととても相性のいい職業です。 ただし、現状としてはリモートワーク(ノマドワーク)ができるプログラマーはほんの一握りだと思います。現時点では、ノマドワーカーになりたいなら、Webクリエイターの方が...【続きを読む】
STAGE 2(中級編)

Webデザイナー必見!転職で収入とキャリアUP おすすめ転職サイト

当サイトGo!Webクリエイターズのテーマは「自分の人生を自由に生きる」。Webクリエイターの仕事はフリーランスととても相性が良く、クラウドスカイプ、Zoomなどの無料アプリやツールを用いてデータのやりとりや打ち合わせも可能なので、どこにい...【続きを読む】