【2019年7月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

もう食べていくのは難しい!?Webデザイナーが生き残る方法

webデザイナーとして生き抜く コラム
この記事は約8分で読めます。

Webデザイナーになりたい、と思って調べていたら、「もうWebデザイナーは生き残れない」「食べていけない」などのマイナス思考な言葉を目にして不安になってしまった…

あなたのそんな一人ではないでしょうか?

実際、Webデザインだけでは淘汰される状況であることは事実です。ですが筆者は実際にWebクリエイターとして15年仕事をしてきて仕事が途絶えたことはありませんし、自ら営業したことも一度もありません

自分の制作実績を紹介したサイトを作っただけです。そのサイトを見て問合せが来た最初の一人のサイトが大成功し、ビックワードで1位独占という成果が他の人の目に触れ、コピーライトに小さく記した筆者のサイトリンクから問合せが来る、というサイクルです。

この記事では、Webデザイナーの仕事が厳しくなっている現状の背景と、そんな状況の中でも安定して仕事を得て収益化する方法をお伝えします。

Webデザイナーの案件が少ないのはなぜ?

エンジニアの案件はものすごく多いですが、Webデザイナーの案件は少ないのが実情です。案件探しに不安を抱えるWebデザイナーは多く、「もうWebデザインでは食べていけない」と言われる所以です。その理由はなぜでしょう。

内製化する企業が増えた

外部委託するよりも、優秀なWebデザイナーやエンジニアを採用して社内で内製化する方が費用が安く済む上、融通が利きやすいため、多くの企業が社内に制作部を設けています。

今やWebサイトは少ない投資で最大限の効果を発揮する、ローリスクハイリターンの広告であることはどこの経営者も承知済み。作ったら終わりではなく、記事をリライトしたり日々更新したり、ページを増やしていきSEO対策をする、というのはもはや常識です。

いちいち外部に委託しているとランニングコストが非常にかかるため、内製化した方が精度が上がる上コストも抑えられるため、デザイナーやエンジニアを正社員として雇うため、フリーランスに仕事が回ってこないという状況になります。

無料で使えるWebサービスが増えた

UIやUXも考え抜かれた無料のWeb制作サービスがどんどん増えていることも原因です。Wix、Jimdo、Weeblyなどが有名ですね。

これらの無料Webサービスは広告表示がデフォルトですが、有料版にすれば月々1000円前後で広告を非表示にできるため、小さなお店や企業も使っているところが多いです。

シンプルでわかりやすいUIで、Webデザイナーに頼んでも似たようなものが上がってくるならそっちを使うよ、という気持ちになるのは当然ですよね…

Web制作スキルはもはや「特別」なものではない

プログラミング授業が義務教育で組み込まれたり、今や10代でもhtmlとcssくらい簡単に作れるよ、という人たちがわんさかいます。もうWebデザインができる、というのは特別な技術ではなく、誰でも(子供でも)作れるレベルのものなのです。

今後はWebデザインだけでは食べてはいけなくなるのは必至です。

じゃあ、どうやってWebデザイナーは生き抜けばいいの?

無料のWeb制作サービスが出ようと、Wordpressの無料テーマが増えようと、その背景には必ずデザイナーがいます。なので「完全になくなる」ということはありえません。

シンプルで素敵な写真やパーツがあれば「なんとなくオシャレ」なWebサイトは作れてしまうのですから、「どこかで見たことある」「無料サービスサイトにもあるよね」みたいなデザインばかりやっているようでは生き残れません。常にトレンドをとり入れ、新しい技術をインプットし続けることが大切になります。

クライアントが指名しやすい窓口をつくる

Webデザイナーが生き残るためには「受け」の姿勢ではなく「攻め」の姿勢で仕事をすることです。

  • 自分の実績を紹介したメディアサイトを作り、直接仕事が入るようにする
  • SEOに強いWordpressテーマを作って配布し、有料機能をもうける

どんな仕事でも同じですが、選ばれるクリエイターになることです。こちらから営業しなくても、先方から「作って欲しい」と言われるスキルと、その窓口として自分のサイトやWordpressのテーマなどを作りましょう。

自分の実績を紹介しているWebデザイン制作発注用のメディアサイトを作っておけば、クラウドソーシングでも企業側は安心して仕事を頼めますし、転職やフリーランスエージェントにおいても、ポートフォリオとは別に企業へのアピールポイントとして利用してくれます。

得意ジャンルをつくる

すぐにお金になるという理由でクラウドソーシングでバナーや写真加工ばかり大量にこなして収入を得るフリーランスもいますが、薄利多売で余裕のある生活を得ることはできません。あれもこれも、なんでもやります!というのは最初の頃やりがちですが、自分の得意ジャンルを作る方がおすすめです。

得意ジャンルをつくるメリットは、その分野に精通するので出来上がったWebサイトが力を持つようになります。

  • PV数が上がる
  • オリジナリティのあるサイトになる
  • 専門的な説明や権威性が出てありきたりな文章ではなくなる
  • どんな仕組みを入れれば集客力が上がるかわかるようになる
  • 作業が早くなる

結果的に成果が出やすくなるので、納品後の管理も頼まれたり、リニューアル時に再依頼が入りやすくなります。

また自分のサイトに得意ジャンルを示すことで検索され、その業界のクライアントからの注文が入りやすくなります。

マーケティングやコンサル、写真等もオールマイティにこなす

マーケティングの知識があるWebデザイナーは少ないです。あったとしても机上の空論で本で読み齧った知識であることが多い。もちろん、本からのインプットは必須ですが、現場の経験に勝るものはありません。

得意ジャンルを作って制作実績を増やしていく中で、現場に即したマーケティングも勉強していきましょう。

筆者自身、Web制作会社の営業の人と何度か話をしたことがありますが、上辺だけのノウハウで、突っ込んで聞いてみると「よくわからない」人がほとんどでした。つまり、仕事をゲットするための専門用語は駆使して話すことはできるけれど、その実態をよく知らない人がほとんどなのです。(多くのクライアントは、こういう上っ面知識の制作会社の営業に促され、契約してしまいます…)

Webサイトは作って終わりではなく、納品後の体感できる効果に力を入れましょう。

クライアントが「Webサイトをリニューアルしてからバンバン予約が入るようになった」という実感を得られれば感謝されるし、次に繋がっていきます。

写真やイラストも、著作権フリーのもので適切なものがなければ自前で用意する必要があります。フォトグラファーやイラストレーターに頼むとその分高くなりますが、自分でできるようになれば収益化が図れますし、クライアントにとっても全部任せられるWebデザイナーの方がトータルコストを下げられるのでメリットがあります。

SEO、UI・UXのスキルは必須

世の中のWeb制作会社には、効率ばかり考えることが多く手抜き工事さながら、手抜き制作ばかりしている会社が多くあります。

Webサイトという形になれば報酬は得られるので、自社で作ったデザインを使いまわして色やパーツをちょっとだけ変えて何十万も請求する、というところが多いのです。

素人のクライアントからすれば、「Webサイトができれば集客が増える」と思っていますが大きな間違いで、検索上位1ページに入らなければ電話もならない、ということが普通です。

SEO対策をしっかりやって、仕組みを隅々にまで施し、ユーザーが資料請求や予約ボタンを押したくなるような構成にしなければいけません。

ちょっと大げさに言うと、素人感丸出しでダサダサのデザインでも、SEOで検索1位、PV数も月間1万以上、毎日資料請求や問合せが数十件以上ある、というなら、そのWebサイトは大成功と言えます。

Webサイトを持つ目的は収益アップがメインなので、美しいデザインだけど検索順位が100位以下のものなら大失敗、そもそもWebデザイナーと名乗るのが恥ずかしいと思った方がいいです。

最先端のトレンドやスキルは「WebDesigning」を購読せよ

インターネット上に紹介されているTIPSは古いこともありますよね。今一番新しいトレンドをインプットするには、月刊Web Designing(1,299円)が最適です。

おすすめの雑誌は「Web Designing」です。Webデザイナーが常に旬のトレンドを取り入れるにはこれが一番。これは自分への投資として必読としましょう。

Kindle Unlimitedなら毎月980円で読み放題!

WebDesigningはKindle Unlimitedの対象商品で、無料で購読が可能です。Kindle Unlimitedは毎月980円で対象本のKindle本が読み放題になります。

通常購読だと1,299円なのでお得です。過去のWeb DesigningのKindle本も読み放題になるのでかなりおすすめ。無料のKindle Unlimited対象本はかなり多いので、Webの勉強を始めた人はぜひ登録することをおすすめします。

ピンポイントでマーケティングやディレクションを勉強せよ

WEBクリエイターとして稼ぎたいなら、定期的に知識をブラッシュアップするためにセミナーに参加したり、短期コースで足りない知識を補ったりすることは必須です。

マーケティングは本でも勉強できますけど、WEBデザイナーが実務で行うためには、実際に手を動かしてGoogleAnalyticsを解析したり、SearchConsoleでエラーを解消したり、本だけでは到底身につきません。

そこでおすすめなのは、マーケティングやUI/UX、ディレクションなど、WEBデザイナーの上級職である知識をピンポイントで学べる、テックアカデミーのコースを受講すること。

記事を読んでもらうとわかると思いますが、カリキュラムが非常に魅力的で「独学じゃむりだな」と思うはず。

知識習得には「投資」するという感覚を身につけないと、大きく収入を伸ばすクリエイターにはなれません。

マーケティングをがっつり勉強すると、年収600万円~1,000万円くらいは稼げるようになると思います(フリーランスの場合)。WEBデザイナーで年収400万円前後でウロウロしている人は、ぜひこのコースを受講してさらなる飛躍をしてください。

 

タイトルとURLをコピーしました