【2019年9月限定】今ならお得!各社キャンペーン情報はこちら!

WEBクリエイターの私がおすすめする最先端WEBデザインスクール3選

トップクリエイターになるためのスクール TECH::EXPERT
この記事は約8分で読めます。
ツグミ
ツグミ

WEBデザインを勉強したいんだけれど、今、WEBデザイナーの数がすごく多くて仕事を取り合っている状況って聞きました。正直、そんな業界に飛び込むために新しい勉強をして大丈夫なのかな?ってちょっと不安。

たしかに、WEBデザイナーはたくさんいるけれど、「デザインしかできません」っていうデザイナーが圧倒的に多いの。だから、これから勉強するなら「デザイン力+アルファの何か」を身に付けることを意識しましょう!

この記事では、これからWEBデザイナーをめざす人たちに意識しておいてもらいたいこと、今後のWEBデザイン界のトレンドのキャッチの仕方なんかも含め、最先端のWEBデザインを学べるスクールを3つ、ご紹介します。

これからWEBデザイナーを目指す人が意識すべきこと

当サイト、Go! WEBクリエイターズ! で何度も話題にしていることですが、これからのWEBデザイナーはデザイナーであると同時に、ディレクターであり、プランナーであり、さらにはマーケッターであれ! と私は主張しています。

WEBデザインやコーディングだけなら、中学生、高校生でも作れる時代です。もはや特殊技術でもありません。

というと

ツグミ
ツグミ

WEBデザイナーって大変そう。オワコンじゃん?

と思うかもしれませんが、そうではありません。

企画から参画し、適切な人材にディレクションができ、UI/UXの知識があり、サイト解析ができてマーケティングを熟知しているWEBデザイナー、どのくらいいると思いますか?

私は今まで、企業で働いて外部のWEB制作会社のデザイナーと接したことがありますが、それだけのスキルがある人はゼロでした。皆無です。しかも、デザインはできるけれど「なぜここにボタンを置いたの?」「なぜこの色にしたの?」と聞いたときに、まともに答えられないレベルのデザイナーもゴマンといます。

つまり、WEBデザイナーと名乗る人はたくさんいるけれど、「デザインとJavascriptを少し」程度のレベルのデザイナーも多く、考えようによってはチャンスしかない、と思っています。

WEBディレクション・プランナーのスキル

デザインができる、というだけなら「使われる身」から永遠に脱することはできません。

正社員のWEBデザイナーであろうと、フリーランスのWEBデザイナーであろうと、労働環境や収入はたいして変わらない、ということになります。

プラスアルファのスキル、WEBディレクションのスキルを身につけられれば、あなたが采配をふるってWEBデザイナーやフロントエンジニア、WEBエンジニア、イラストレーターなどに仕事を振っていくことが可能です。

実務でデザイン制作に朝から晩まで仕事をしていると、収入はその制作の出来高止まりですが、ディレクターならば掛け持ちで複数のサイト制作を同時進行することができます。

プランナースキルは、対クライアントに対しての提案力はもちろんですが、あなた自身がプランナーとして企画したWEBサイトを制作することができますね。

サイトオーナーとして運用しつつライターに記事執筆を依頼したり、サイト内に必要なプログラミングはエンジニアに依頼する、などしてサイトを運営すれば、これも複数のサイト運営が可能になります。

マーケティングスキル

ディレクション、プランニングのスキルと同様、非常に重要なのがマーケティングスキル。

今、あなたの職場内を見渡してみてください。マーケティングスキルがある人、どのくらいいますかね?

おそらく「ほとんどいない」のではないでしょうか。

係長、部長という役職がついていても、マーケティングを感覚でしかわからない、やっていない、ただ数字をまとめているだけ、分析ができない、というケースは案外多いのです。

WEBサイトを巷のWEB制作会社に頼むと、それっぽいデザインは上がってきますが、マーケティングを絡めた話を突っ込むと黙ってしまう、答えられない、という会社がけっこう…というかほとんどです。

マーケティングスキルがあるとWEB業界に限らずどの企業でも重宝がられます。

もちろん、WEB業界で活躍するならほぼ「必須スキル」といえるでしょう。

マーケティングというのは、今の時代どの企業もWEBを中心として対策しています。新聞やテレビCMなどに予算がかけられる企業は圧倒的に少なく、対費用効果が高く経費を抑えられる自社WEBマーケティングに力を入れているところがほとんどです。

とはいえ、中小企業の経営者は、WEBマーケティングをほとんど知らない人が多く、需要はかなり高いです。

これからのWEBデザイン

ほんの15年くらい前までは、WEBデザインは「テーブルレイアウト」といって、Photoshopで作ったデザインをスライスで切り出し、それをTable要素でデザインする、というのが主流でした。ガチガチの固定レイアウトで、ガラケー時代でしたから、レスポンシブという概念さえありませんでした。

当時はFlashによる動画作成も流行っていて、Flashデザイナーがバリバリ稼げた時代だったのですが、iOSがFlashに対応しなくなり、今ではFlashはほとんど使われません。

とはいえ、今後5Gがメジャーになると重たい動画も瞬時にダウンロードされるようになるでしょうし、ユーザーエキスペリエンスの観点からも動画を取り入れたWEBデザインがどんどん出てくると考えられます。

すでに、背景画像に動画を取り入れたWEBサイトもちらほら見かけるようになりました。これもトレンドのひとつですね。

というように、WEBデザイナーとして今後やっていきたい! と思うなら、優れたWEBデザインはもちろんですが、プラスアルファのスキルを貪欲に身につけていってください。

ツグミ
ツグミ

でも、すごく大変そう… 私にできるかな?

始める前は、おそらくみんなそう不安に感じると思います。

でも、基本的にWEBデザイナーになりたい! と思っている人の素養に、デザインや流行に敏感な感性があるんじゃないかしら。

つまりどういうことかというと、デザイナーの勉強には終わりがないけれど、デザイナーの感性を持ち合わせた人ならば、新しいことへのワクワク感、作ってみたい! 表現したい! という気持ちが先に立ち、「好き」「面白い」と感じながら自然にスキルが身についていきます。

トレンドのキャッチ

WEBデザインのトレンドは海外からやってきます。ファッションと同じですね。

WEBデザインのトレンドを知るために便利なサイトを別記事にまとめていますので、ご参考にしてください。

トップクリエイターになれるスクール3選

WEBクリエイターからみた、おすすめのWEBデザイナー向けスクールです。

テクエキスパートデジハリSTUDIO by LIG東京デザインプレックス研究所
学習期間6ヶ月6~8ヶ月2.5~9ヶ月(夜間)
学習方法通学自習併用通学通学
場所東京(渋谷)東京(上野・池袋)東京(渋谷)
特徴JavaScriptで最先端のデザインを表現できるライティングや写真技術等も学べるトップクリエイターレベル
受講料金598,000円450,000~528,000円617,000円

個人的には東京デザインプレックス研究所か、デジハリSTUDIO by LIGがカリキュラムと受講料のバランスが取れているのと、カリキュラム自体がしっかりしているのでおすすめです。

TECH::EXPERT デザインコース|最先端のWEBデザインスキルが身につく

TECH::EXPERT

Rubyのプログラミングスクールとして有名なTECH::EXPERT(テックエキスパート)。

そのグループのひとつにTECH::CAMPというのがあるんですが、そこのWEBデザインコースでWEBデザインを学ぶことができます。

エンジニア養成スクールのテックエキスパートが作ったWEBデザイナー養成コースだけに、そのカリキュラムはどちらかというとプログラミング要素が多く、JavaScriptをガッツリ学んでトレンドのデザインをしっかりデザインに落とし込むスキルを身につけられます。

WEBデザインスクールとしては、受講時間はぶっちぎりの600時間です。

「WEBデザインなんて、本買ってきてhtmlとCSSを理解すれば作れるよ」というレベルのWEBデザインを作るわけではありません。JavaScriptを深掘りして、一人で企画からデザイン、プログラミング要素が必要な設計、納品までできるようになるカリキュラムです。

テックエキスパートWEBデザイナークラス口コミ・評判は?WEBクリエイターが徹底解説

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG|非エンジニアとしてクリエイタースキルでトップを目指す

デジタルハリウッド

このスクールは、トップクリエイターを数々輩出しているデジハリと、WEB制作会社のLIGがコラボしてできたクリエイター養成スクールです。

テックエキスパートがエンジニア寄りのWEBデザイナー養成校とすると、こちらはクリエイター寄り。つまり、デザインやライティング、魅せる写真技術など、右脳派の感性を最大限に引き出すカリキュラムになっています。

デジハリは全国各地にありますが、制作会社のLIGが運営しているのは池袋と上野校だけです。

by LIGがおすすめなポイントは、スクール修了後にLIGへの入社の門戸が開かれているから。トップクラスの制作会社へ転職できれば、その後のキャリアアップの土台は完璧、というところじゃないでしょうか。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの口コミ・評判は?受講料や解約まで徹底解説

東京デザインプレックス研究所|美大と専門学校の融合的なスクール

WEBデザイナーWEBマスタースマートフォンデザイナー
東京デザインプレックス研究所
通学場所 東京都渋谷区道玄坂2-10-7新大宗ビル2号館9F(渋谷駅徒歩5分)
学習形式通学(定員:10~16名)

  • 半年の短期間でWEBデザイナー/WEBマスターをめざす
  • トップクラスのデザインスキルを身につけられる
  • 広告代理店やプロダクションの分業化に対応した「WEBデザイン強化コース」
内容
めざす職業WEBデザイナー・WEBマスター・スマートフォンサイトデザイナー
料金[入学金]30,000円 [受講料]540,000円 [教材・実習費]47,000円
[合計]617,000円
期間2ヵ月~6ヵ月
対応時間昼間部 10:00-15:45/2.5ヵ月間(週3-4回)
夜間部 19:15-21:45/7ヵ月-9ヵ月間(週2-3回)
土or日/7ヵ月-9ヵ月間(週1-2回)
対応資格WEBクリエイター能力認定試験エキスパート
アドビ認定アソシエイト
転職サポートあり
身につくスキル
Phothop
Illustrator
HTML5
CSS3
JavaScript
jQuery
デザイン理論
PHP
MySQL
Wordpress
制作実習
カラーイメージ表現
フォトイメージ表現
レスポンシブWEBデザイン
スマートフォンサイト制作
[プレックスプログラム]
コンセプトデザイン
ボーダレスデザイン
ソーシャルデザイン
デザインストラテジー
デザインプロセス
プラスデザイン
デザイントレンド
デザインシステム
デザインプレゼンテーション
コミュニケーションデザイン

一押しスクールです。迷ったらココ、というくらいカリキュラムが秀でています。

かなりいろいろなコースがあり、予算や受講期間、カリキュラムの内容などを比べて、あなたにぴったりのコースがかならず見つかると思います。

コースがたくさんあって、比較が面倒、わかりづらい!という人は、費用や身につくスキルを一覧でわかりやすくまとめていますので、ご参考にしてください。↓

東京デザインプレックス研究所のコースはわかりづらい!?各コースを徹底比較

正社員として1年以上働いている方は、教育訓練給付金制度が適用されるコースがたくさんあるので、利用しましょう。

東京デザインプレックス研究所の「教育訓練給付金対象コース」まとめ

タイトルとURLをコピーしました